2018年4月18日

バイリンガルの転職求人倍率は1.50倍、年度替わりで求職者の活動が活発化 ダイジョブ・グローバルリクルーティング

 2018年2月末時点のグローバル転職求人倍率は、前月より0.06ポイント低い1.50倍となったことが、バイリンガルのための転職・求人情報サイトを運営するダイジョブ・グローバルリクルーティング(東京・港、篠原裕二社長)の集計で分かった。

 (17440)

 2018年2月のグローバル転職求人倍率は、年度替わりの転職を見据えて求職者の活動が活発化したことにより、前月より0.06ポイント低い1.50倍となった。

 グローバル転職求人倍率を業種別に見ると、トップ3は「製造業」、「金融業、保険業」、「農林水産・鉱業」となった。

 製造業は、機械メーカーや産業機器・重電・設備メーカーでの求人が増加したものの、求職者数が前月比78.8%と減少したことにより、グローバル転職求人倍率が上昇した。

 求人数は「製造業」、「卸売業、小売業」、「宿泊業、飲食サービス業」、「建設業、不動産業,物品賃貸業」、「電気・ガス・熱供給・水道業」、「運輸業、郵便業」、「学術研究、専門・技術サービス業、教育、学習支援業」の7業種で増加した。

【業種別 グローバル転職求人倍率 上位5業種】
1位 製造業 3.69倍(前月比1.06ポイント増)
2位 金融業、保険業 3.00倍(同0.14ポイント減)
3位 農林水産・鉱業 2.77倍(同4.56ポイント減)
4位 情報通信業 2.75倍(同0.17ポイント増)
5位 電気・ガス・熱供給・水道業 2.63倍(同3.37ポイント減)

 職種別に見ると、トップ3は「電機(電気/電子/半導体)技術系」、「財務/会計」、「総務/人事/法務」となった。また、「事務系」は、求人数が前月比60.3%増、求職者数が前月比55.6%増といずれも大きく伸びており、職種として動きが特に活発になっている。

 求人数は、22職種のうち「IT技術系」、「メディカル/医薬/バイオ/素材/食品」、「総務/人事/法務」、「コンサルティング」、「クリエイティブ(広告/出版/放送/映像関連/その他)」を除く17職種で横ばいあるいは増加となった。

【職種別 グローバル転職求人倍率 上位5職種】
1位 電機(電気/電子/半導体)技術系 9.38倍(前月比4.59ポイント増)
2位 財務/会計 8.54倍(同2.01ポイント増)
3位 総務/人事/法務 5.82倍(同1.10ポイント増)
4位 機械(自動車/プラント/精密機器)技術系 3.92倍(同2.11ポイント増)
5位 IT技術系 3.47倍(同0.54ポイント増)

おすすめの記事

人事実務の重要判例「退職金減額」山梨県民信用組合事件

人事実務の重要判例「退職金減額」山梨県民信用組合事件
最近の労働裁判例の中から、人事実務の参考になる重要な裁判例として、山梨県民信用組合事件の最高裁判決(最高裁判所第二小法廷平成28年2月19日判決)を紹介します。
5 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

バイリンガルの転職求人倍率は1.56倍、5ヵ月ぶりに前月を下回る ダイジョブ・グローバルリクルーティング

バイリンガルの転職求人倍率は1.56倍、5ヵ月ぶりに前月を下回る ダイジョブ・グローバルリクルーティング

 2018年1月末時点のバイリンガルの転職希望者1人あたりの求人件数を表すグローバル転職求人倍率は、前月より0.97ポイント低い1.56倍となったことが、バイリンガルのための転職・求人情報サイトを運営するダイジョブ・グローバルリクルーティング(東京・港、篠原裕二社長)の集計で分かった。
【バイリンガルの中途採用】複数国のマネジメントができるマルチリンガル人材に高い需要

【バイリンガルの中途採用】複数国のマネジメントができるマルチリンガル人材に高い需要

インテリジェンス・グローバル・サーチ ナイーム・イクバル マネジング・ダイレクター
求人数は7カ月ぶりに前月比減少、転職希望者数は異例の増加

求人数は7カ月ぶりに前月比減少、転職希望者数は異例の増加

 人材サービスのパーソルキャリア(東京・千代田、峯尾太郎社長)がまとめた「DODA 転職求人倍率レポート」によると、4月の転職求人数は前年同月比10.5%増、転職希望者数は同20.1%増となった。
グローバル人材になるために最も必要な能力は「コミュニケーションスキル」 ロバート・ウォルターズ調査

グローバル人材になるために最も必要な能力は「コミュニケーションスキル」 ロバート・ウォルターズ調査

 グローバル人材になるために最も必要な基礎能力は“コミュニケーションスキル”であることが、外資系人材紹介会社のロバート・ウォルターズ・ジャパン(東京・渋谷、デイビッド・スワン社長)の実施したアンケート意識調査で明らかとなった。
3月の有効求人倍率1.59倍、前月比は2カ月ぶりに増加

3月の有効求人倍率1.59倍、前月比は2カ月ぶりに増加

 厚生労働省が発表した2018年3月の有効求人倍率(季節調整値)は1.59倍で、前月比は0.01ポイント増加した。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース