2018年7月10日

3月時点で進路確定した2018年卒学生は9割半ば、前年上回る

 調査を実施した3月時点で、卒業後の進路が確定した大学生・大学院生はともに9割半ばと前年を上回っていることが、全国求人情報協会が実施した「2018年卒学生の就職活動の実態に関する調査」で明らかとなった。

 (21845)

 卒業後の進路が確定した大学生は96.5%で前年比2.0ポイント増、大学院生は96.8%で前年比0.4ポイント増となった。

 大学生の文理別にみると、文系は95.8%(前年比0.7ポイント増)、理系は98.1%(同4.6ポイント増)。

 地域別にみると、関東は97.2%(前年比5.1ポイント増)、中部は96.1%(同1.9ポイント減)、近畿は95.8%(同1.0ポイント減)、その他は95.4%(同1.0ポイント増)だった。

 大学生の就職確定者の就職先への満足度は、「満足している」と「どちらかといえば満足している」を合計して89.1%となった。

 文理別にみると、文系(88.6%)よりも理系(90.3%)の満足度が高い。

 2017年調査と比べると、理系で満足度が上昇し(2.4ポイント増)、特に私立大学の理系(4.8ポイント増)でその傾向が強い。一方、国公立大学の文系大学生では満足度が低下(5.8ポイント減)している。

 大学院生は、「満足している」が54.6%から39.3%へと大きく減少した。

 大学生について就職予定先の当初の志望状況は、「当初から第1志望(群)だった」が最も多く44.9%となった。属性別にみても、文理別、地域別のいずれも「当初から第1志望(群)だった」が最も高い。

 2017年調査と比べると、「当初はまったく志望していなかった」が減少し、「当初から第1志望(群)だった」の割合が増加している。

 大学生の志望勤務地は、「都市部・首都圏派」が43.5%で最も高く、次いで「こだわらない派」が20.2%、「都市部・非首都圏派」が14.6%、「地方派」が14.3%となった。

 2017年調査と比べると、「都市部・首都圏派」の割合が3.5ポイント増加し、「地方派」の割合が10.6ポイント減少している。

 志望勤務地別の特徴は、都市部・首都圏派は「関東」居住者が多く、全員が「首都圏で就職したい」と回答している。こだわらない派は、居住地の特徴はみられないが、「海外勤務できる企業に就職したい」が4割台半ばと、他のクラスターよりも高い。都市部・非首都圏派は「近畿」、地方派は「中部」の居住者が多かった。

 調査は、2018年3月17日~28日、民間企業・団体への就職活動を在学中に経験した全国の大学4年生・大学院2年生を対象にインターネットで実施し、904人を集計した。

おすすめの記事

ストレスチェック制度化で求められる安全配慮義務

ストレスチェック制度化で求められる安全配慮義務
平成26年6月25日に「労働安全衛生法の一部を改正する法律」が交付され、新たにストレスチェック制度が創設されました。同制度の施行 期日は、平成27年12月1日とされています。そこで、今回はストレスチェック制度の概要、使用者の安全配慮義務との関係で留意すべき点について説明します。
5 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

就活ルール廃止で、どうなる日本の就活?

就活ルール廃止で、どうなる日本の就活?

経団連が発表した「採用選考に関する指針」の廃止。企業だけでなく学生にもどのような影響があるのか解説していく。(文・溝上憲文編集委員)
2020年卒学生の過半数は大手志向 ディスコ調べ

2020年卒学生の過半数は大手志向 ディスコ調べ

 2020年卒学生を対象に就職活動について聞くと、過半数は大手志望であることがディスコ(東京・文京、新留正朗社長)の学生モニター調査で明らかとなった。
2019年卒学生の就職内定率は65.7%、面接解禁月から6割超の高水準 ディスコ

2019年卒学生の就職内定率は65.7%、面接解禁月から6割超の高水準 ディスコ

 2019年卒業予定者の大学生の採用面接が6月1日に正式に解禁され、就職活動が山場を迎えている。2019年卒学生の6月1日現在の内定率は65.7%で、5月1日現在(42.2%)より23.5ポイント上昇していることがディスコ(東京・文京、新留正朗社長)の調査で分かった。
就活中の学生の本音、働き方の理想は“私生活優先”、“チームで仕事”

就活中の学生の本音、働き方の理想は“私生活優先”、“チームで仕事”

 2019年3月卒業予定の大学生にとって、働き方の理想は“私生活優先”、“チームで仕事”であることが、就職情報サービスのディスコ(東京・文京、新留正朗社長)の調査で明らかとなった。
大学生の就職率が過去最高の98.0%

大学生の就職率が過去最高の98.0%

 今春卒業した大学生の就職率が過去最高となったことが、厚生労働省と文部科学省の就職内定状況等の共同調査で分かった。
人気就職先1位は日本航空(JAL)、航空業界・総合商社が根強い人気

人気就職先1位は日本航空(JAL)、航空業界・総合商社が根強い人気

 2019年3月卒業予定の大学生が希望する就職先の人気ランキング1位は日本航空(JAL)であることが、人材サービスのディスコ(東京・文京、新留正朗社長)の調査で分かった。海外の大学で学ぶ日本人留学生が選んだ1位企業はP&Gだった。
2019年卒学生の内定率8.0%、前年越えのハイスピードで進む ディスコ

2019年卒学生の内定率8.0%、前年越えのハイスピードで進む ディスコ

 採用広報が解禁され、多くの学生が就職活動を開始した3月1日時点での内定率は8.0%となっていることが、人材サービスのディスコ(東京・文京、新留正朗社長)の調査で分かった。2月から3.4ポイント上昇しており、前年同期と比べても全体的に動きが早まっている。
2019年卒学生の就活 本選考3割超で「受けた」、内定取得は4.6%と前年超え

2019年卒学生の就活 本選考3割超で「受けた」、内定取得は4.6%と前年超え

 2019年卒学生を対象に、就職活動解禁1カ月前となる2月1日時点の選考の受験状況聞くと、筆記試験や面接など「本選考を受けた」という学生は31.8%で、3割を超えていることが、人材サービスのディスコ(東京・文京、新留正朗社長)の調査で分かった。内定取得は4.6%となっている。
大学生が働きたいのは、仕事と私生活のバランスを自分でコントロールできる組織 リクルートキャリア調べ

大学生が働きたいのは、仕事と私生活のバランスを自分でコントロールできる組織 リクルートキャリア調べ

 2018年3月卒業予定の大学生が働きたい組織の特徴は、仕事と私生活のバランスを自分でコントロールできることで、8割超の支持を得ていることがリクルートキャリア(東京・千代田、小林大三社長)の調査で分かった。
就活に最も影響したニュースワードは「人工知能・AI」で31.6% マイナビ調べ

就活に最も影響したニュースワードは「人工知能・AI」で31.6% マイナビ調べ

 就活に最も影響したニュースワードは「人工知能・AI」となったことが、マイナビ(東京・千代田、中川信行社長)が実施した2018年卒業予定の学生を対象とした調査で分かった。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース