2019年2月5日

社長の平均年齢59.7歳、上場企業では58.9歳 高齢化進む

 社長の平均年齢は59.7歳で、過去最高を更新したことが帝国データバンクの調査で明らかになった。前年と比べ0.2歳プラスとなっており、社長の高齢化が進んでいる。

 (23546)

 帝国データバンクの2019年1月末時点の企業概要データベース「COSMOS2」(約147万社収録)から企業の社長データを抽出して調べたところ、社長の平均年齢は59.7歳となった。このうち、上場企業の社長の平均年齢は58.9歳だった。

 業種別に社長の平均年齢を見ると、最も高かったのは不動産業の61.7歳で、他業種と比べ70代(22.9%)と80歳以上(7.7%)の割合が高い。次いで、製造業の61.1歳、卸売業の60.7歳と続いた。

 一方、他業種と比べ「30代」以下の割合が高いサービス業が58.2歳と最も低くなった。

【業種別 社長の平均年齢】
1位 不動産業 61.7歳
2位 製造業 61.1歳
3位 卸売業 60.7歳
4位 小売業 59.8歳
5位 運輸・通信業 59.5歳
6位 建設業 59.0歳
7位 サービス業 58.2歳

 上場企業の社長平均年齢では、「建設業」が61.5歳で最も高く、7業種の中で唯一30歳未満の企業がある「サービス業」が55.2歳と最も低い。

【業種別 上場企業社長の平均年齢】
1位 建設業 61.5歳
2位 製造業 61.1歳
3位 運輸・通信業 59.9歳
4位 卸売業 59.4歳
5位 不動産業 57.4歳
6位 小売業 56.6歳
7位 サービス業 55.2歳

 年商規模別の平均年齢は「1億円未満」の60.8歳が最も高く、次いで「500億円以上」(60.2歳)が続き、ともに60歳を超えた。

 年代別の分布を見ると、「500億円以上」の半分以上が60代となっている。また、「1億円未満」の70代と80歳以上の割合はほかの年商規模と比べて高く、小規模企業ほど社長の高齢化が顕著となっている。

 都道府県別に見ると、最も平均年齢が高かったのは「岩手県」・「秋田県」(61.7歳)で、全国平均を2歳上回った。このほか「青森県」(61.3歳)、「山形県」(61.0歳)など東北地方が上位を占めた。平均年齢が最も低かったのは「三重県」(58.5歳)で全国平均を1.2歳下回った。

 1990 年と比較して社長の年齢が最も高くなったのは、「秋田県」(7.9歳増)。次いで、「沖縄県」(7.5歳増)、「青森県」(7.4歳増)となった。

【都道府県別 社長の平均年齢 トップ10】
1位 岩手県 61.7歳(90年比6.9歳増)
1位 秋田県 61.7歳(同7.9歳増)
3位 青森県 61.3歳(同7.4歳増)
4位 高知県 61.2歳(同7.1歳増)
5位 島根県 61.1歳(同6.0歳増)
6位 山形県 61.0歳(同5.5歳増)
7位 新潟県 60.8歳(同6.2歳増)
8位 長崎県 60.7歳(同6.7歳増)
9位 長野県 60.6歳(同6.1歳増)
10位 北海道 60.5歳(同6.2歳増)
10位 神奈川県 60.5歳(同7.0歳増)

おすすめの記事

企画業務型裁量労働制の導入要件と意義

企画業務型裁量労働制の導入要件と意義
「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律」の当初の政府案には、企画業務型裁量労働制の対象拡大も含まれていました。ところが、裁量労働制に関する調査データの不備等の問題が顕在化し、平成30年2月末に法案から削除されました。今回、法案削除にまで至ってしまった企画業務型裁量労働制の改正ですが、本稿では、そもそも労働基準法上の企画業務型裁量労働制とはどのような制度なのかについて確認してみます。
5 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

【著者が語る】リーダーの一流、二流、三流

【著者が語る】リーダーの一流、二流、三流

リフレッシュコミュニケーションズ 吉田 幸弘 代表
【著者が語る】次世代リーダーシップ開発

【著者が語る】次世代リーダーシップ開発

マネジメント サービス センター 藤原浩 代表取締役社長
社長の平均年齢59.5歳、上場企業では58.9歳

社長の平均年齢59.5歳、上場企業では58.9歳

 社長の平均年齢が過去最高を更新したことが帝国データバンクの調査で明らかになった。平均年齢は59.5歳で、社長の高齢化が進んでいる。
社長の平均年齢59.3歳、過去最高の更新続く

社長の平均年齢59.3歳、過去最高の更新続く

 社長の平均年齢が過去最高を更新したことが帝国データバンクの調査で明らかになった。平均年齢は59.3歳で、社長の高齢化が進んでいる。
ビジネスリーダーが集まるキャリアプラットフォームの実態 コンコードエグゼクティブグループ 渡辺秀和社長

ビジネスリーダーが集まるキャリアプラットフォームの実態 コンコードエグゼクティブグループ 渡辺秀和社長

東大・京大卒などの名門大出身者やコンサルファーム出身者が、続々と相談に訪れるコンコードエグゼクティブグループ。代表取締役社長CEOの渡辺秀和氏に、事業展開と組織運営の方針などについて話を聞いた。
イノベーションを生み出す人材と組織の条件とは

イノベーションを生み出す人材と組織の条件とは

IoT、ビッグデータ、人工知能(AI)などによって、これまでのビジネスモデルが大きく変わろうとしている。経営戦略の実現のために新たなビジネスモデルをつくりだすイノベーション人材の獲得や組織づくりは、経営トップや人材マネジメントにとって喫緊の課題となっている。イノベーションを生み出す人材と組織づくりの現状を取材した。
働き方改革とリーダー育成で“人財”を獲得し、競争力を高める MSD 太田直樹 取締役執行役員

働き方改革とリーダー育成で“人財”を獲得し、競争力を高める MSD 太田直樹 取締役執行役員

「2020年までに日本で最も優れたヘルスケア企業となることを目指す」というビジョンを掲げるMSD。「優れた人財から選ばれる企業となる」ことを目的として、働き方改革やリーダー育成に注力している。人事部門を統括する太田直樹氏に、人事施策の狙いや取り組み状況などを聞いた。
東芝不正会計事件 改めて問われる企業の組織風土とリーダーの資質

東芝不正会計事件 改めて問われる企業の組織風土とリーダーの資質

再び経営トップの不祥事が発覚した。菊川剛元社長ら経営陣が逮捕された2011年のオリンパスの粉飾決算事件、続く大王製紙事件、そして今回の東芝不正会計事件も含めて企業の人事・組織風土と経営トップの資質が改めて問われている。
活躍するリーダーを採用・育成できない企業の課題

活躍するリーダーを採用・育成できない企業の課題

経営環境の変化でリーダー人材の採用と社内人材の育成を強化する企業が増えている。一方で、「リーダーを採用できない、育成できない」との声も挙がる。今後、何を実践すればリーダーを確保することができるのか、企業の課題を探った。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

◆次世代事業経営ゼミナール(第5期)~ものづくり企業の国内外事業運営の基幹要員の育成【8月開講】

セミナー・イベント一覧