2020年6月17日

5月の転職求人数は前年同月比27.7%減、転職希望者数は同9.8%減 パーソルキャリア調べ 

 パーソルキャリアがまとめた「doda転職求人倍率レポート」によると、5月の転職求人数は前月比20.1%減、前年同月比27.7%減、転職希望者数は前月比1.4%増、前年同月比9.8%減だった。

 (27252)

 転職求人倍率は前月比0.55ポイント減、前年同月比0.50ポイント減の2.03倍だった。

 5月の状況についてパーソルキャリアは、「5月末まで緊急事態宣言が延長されたことで、採用活動を中止や延期にする企業が増えたため求人数は前月から減少した。一方で、転職希望者は、今後の会社の先行きに不安を感じている人や、これまでは多忙で転職活動の時間が取れなかった人が転職活動を始めており、微増した」と分析している。

 業種別にみると、求人数の前月比は8業種(その他を含まない)すべてで減少した。前月比で減少幅が最も小さかったのは、「メディカル」(前月比15.4%減)、「金融」(同15.9%減)。

 「メディカル」では、医療機器メーカーや介護サービス関連の企業が新たに求人を出し、積極的に採用活動を続けている。

 前年同月比も同じく8業種すべてで減少した。

【業種別 求人数増加率(前月比)】
メディカル 15.4%減
金融    15.9%減
商社・流通 17.4%減
メーカー  17.7%減
メディア  19.1%減
サービス  19.4%減
IT・通信  20.1%減
小売・外食 39.1%減

その他   28.0%減
 職種別では、求人数の前月比は11職種すべてで減少した。前月比で減少幅が最も小さかったのは、「技術系(メディカル)」(前月比3.4減)、「技術系(建築・土木)」(同12.6%減)。

 「技術系(メディカル)」では、「医薬品メーカー」の製造職や「医療機器メーカー」の技術サポートで新しく募集が始まるなど、引き続き採用活動が行われている。

 前年同月比も同じく11業種すべてで減少した。

【職種別 求人数増加率(前月比)】
技術系(メディカル)3.4%減
技術系(建築・土木)12.6%減
技術系(化学・食品)13.2%減
クリエイティブ系  13.3%減
技術系(IT・通信) 15.0%減
専門職       16.0%減
技術系(電気・機械)20.6%減
企画・管理系    21.6%減
営業系       25.9%減
事務・アシスタント系31.2%減
販売・サービス系  38.4%減


 6月以降の転職市場についてパーソルキャリアでは、「緊急事態宣言が解除されたことで、転職活動や採用活動が徐々に再開していくと思われる。採用を止めていた企業が、緊急事態宣言が解除され、6月に入って同じポジションの募集を再開する動きが出てきている」。

 「一方で、転職希望者の中には、今回の新型コロナウイルスをきっかけに働く環境を変えたいという人もおり、新たに転職を考える人が増える」と予想している。
3 件