2018年5月10日

【経営幹部の中途採用】E-mobility、Industry4.0の進展に伴う経営幹部やエンジニアの採用が活発

キーンバウム ジャパン 鈴木 悦司 代表取締役社長

 (20363)

 技術イノベーションが産業構造を変えつつある分野ではその変化と同時進行して人材の移動、採用が活発となっています。現時点での特徴的な分野としてE-mobility、Industry 4.0の進展があげられるでしょう。

 E-mobilityでは日本メーカーが比較的優位な素材、部品、設備メーカーが海外へ進出、それらの素材、部品を応用したアプリケーションをJOEMsに売り込む海外メーカーの動きがあります。この動きに伴い、外資系企業では経営幹部、エンジニアの採用が活発になっています。一方、日系企業では「英語で仕事ができる」人材が特に中小企業で求められています。

 このような人の動きはIndustry 4.0周辺でも起こっており、今後は自動運転技術周辺で同様の動きが起こると思われます。比較的優位な日本のセンサー、モーションコントロールに関わる企業の海外進出、アルゴリズム、ソフトで優位な欧米企業の日本進出が活発化すると思われ、これらの動きに関連して経営幹部、エンジニアの採用が活発になることが予想されます。

 当社は外資系企業との関係が深いというバイアスがあるとはいえ、外国人エンジニア、海外駐在を経験したシニアマネジメントからの相談を多く受けます。外国人エンジニアではやはり日本語の習熟度がボトルネックになりセールスエンジニア、アプリケーションエンジニアなど日本の顧客との接点が多い職務では不利となります。

 日本人経営幹部の採用では英語が操れるだけではなく、いかに英語を媒体としてコンテンツを伝達できるかが採用の成否の鍵となります。なぜなら、多くの場合、マネジメントは本社、日本支社、顧客との結節点の役割が最も重要な職務の一つだからです。

 今や、外国人技術者抜きには技術は語れません。また、(多くの産業で)国内市場でこれまでのような成長を期待できない現状では、海外への展開は不可避となります。グローバリゼーションの中、それに対応できる企業文化の変革、人事制度の整備が優秀な人材の採用の鍵ではないでしょうか。

キーンバウム ジャパン「企業の海外進出やグローバル事業の強化を人材サーチで支援します」 - 人材コンサルティング会社&サービスガイド100選

キーンバウム ジャパン「企業の海外進出やグローバル事業の強化を人材サーチで支援します」 - 人材コンサルティング会社&サービスガイド100選
キーンバウム ジャパンは、欧州系のエグゼクティブ・サーチ会社で、ドイツ企業と日本企業を中心としたコンサルティングで実績を積んでいる。ドイツ・日本はもちろん、上海・タイ・シンガポールなど18カ国で事業を展開しており、欧米、中国、東南アジア、そして日本において活躍できるグローバル人材の発掘を得意としている。グローバルネットワークによる大規模な候補者データベースを構築して独自の候補者リサーチを行っており、経験豊富な人材を見つけ出すことができる。(日本人材ニュース編集部の評価)
3 件

関連する記事

主要人材コンサルティング会社アンケート「2020年 企業の人材需要と採用の課題」(各社回答3)

主要人材コンサルティング会社アンケート「2020年 企業の人材需要と採用の課題」(各社回答3)

2020年の人材需要と採用の課題を、企業の人材採用を支援する主要コンサルティング会社の事業責任者を対象にアンケート調査で聞いた。【回答社名:Apex、キーンバウム ジャパン、エリメントHRC、ロバート・ウォルターズ・ジャパン、パーソルキャリア】