2017年7月20日

新入社員のTOEIC平均スコア485点

 日本でTOEICプログラムを実施・運営する、国際ビジネスコミュニケーション協会の発表によると、今年の新入社員のTOEICテスト平均スコアが485点だったことが分かった。

 (12842)

 4月1日~5月31日に、団体特別受験制度を利用して新入社員にTOEICテストを実施した企業数は770社、受験者数は3万5540人で、前年に比べ企業数・受験者数はやや減少した。

 受験者の平均スコアは485点。文系・理系別では文系529点、理系459点となっている。
 
 企業数、受験者数、平均スコアの過去3年間の推移を見ると、2015年776社・3万4085人・494点、2016年787社・3万5950人・497点、2017年770社・3万5540人・485点となっている。
 
 業種別に見ると、平均スコアが最も高いのは公共団体の737点。次いで、鉱業665点、マスメディア623点、商社558点、窯業554点、金融546点、不動産545点と続く。
 
 新入社員と一般社員の平均スコアを比較すると、29業種中17業種で新入社員が一般社員を上回った。新入社員が一般社員を上回ったのは、鉱業、建設、繊維・紙、化学、窯業、鉄鋼、非鉄金属、機械、電機、車両、商社、小売業、金融、不動産、マスメディア、政府機関、公共団体。

 特に新入社員の平均スコアが高い公共団体(新入社員737点、一般社員557点)、鉱業(同665点、同563点)、窯業(同554点、同490点)などは新入社員が一般社員を大きく上回っている。

 また、内定者(2018年度新入社員)に対してTOEICテストを実施した企業は340社、受験者数は1万2540人。平均スコアは539点だった。

おすすめの記事

ストレスチェック制度化で求められる安全配慮義務

ストレスチェック制度化で求められる安全配慮義務
平成26年6月25日に「労働安全衛生法の一部を改正する法律」が交付され、新たにストレスチェック制度が創設されました。同制度の施行 期日は、平成27年12月1日とされています。そこで、今回はストレスチェック制度の概要、使用者の安全配慮義務との関係で留意すべき点について説明します。
5 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

2017年新入社員の働く目的は、「楽しい生活をしたい」が4割超の過去最高

2017年新入社員の働く目的は、「楽しい生活をしたい」が4割超の過去最高

 2017年の新入社員に働く目的を聞くと、「楽しい生活をしたい」が42.6%と過去最高を更新したことが、日本生産性本部の調査で分かった。
2017年の新入社員で第一志望に入社した人が8割弱、2000年代で最高

2017年の新入社員で第一志望に入社した人が8割弱、2000年代で最高

 2017年の新入社員の中で第一志望の会社に入社した人が79.5%となり、2000年代で最高値を記録したことが日本生産性本部の調査で分かった。
16年春入社の新入社員「条件の良い会社があればさっさと移る」55%、入社半年で倍増

16年春入社の新入社員「条件の良い会社があればさっさと移る」55%、入社半年で倍増

 日本生産性本部が2016年春の入社から半年が過ぎた新入社員を対象に実施した調査によると、「条件の良い会社があればさっさと移るほうが得」と考える人が5割を超え、過去最高を記録したことが分かった。
「残業が少なく自分の時間を持てる職場」を望む新入社員が初めて7割超える、女性は8割以上

「残業が少なく自分の時間を持てる職場」を望む新入社員が初めて7割超える、女性は8割以上

 「残業が少なく自分の時間を持てる職場」を望む新入社員が前年から大幅に増加して初めて7割超えたことが、日本生産性本部の調査で分かった。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース