2011年1月10日

【著者が語る】伝説の人事部長 究極の就活論

クレディコム 小宮謙一 代表取締役

 (10122)

クレディコム 小宮謙一 代表取締役

 働き方は、社会で働く人の数だけあると思う。仕事とは何か。働くことはどういうことか。就職活動を通して、『会社選び』を行うことの本質を、気づき、考えてほしいということもあり、TOKYO FMの番組「伝説の人事部長」はスタートした。

 出演する企業の経営者や人事担当者の皆さんと対談を通してお話ししていくなかで、将来の事業の担い手となる学生の皆さんへの期待の大きさを肌で感じ、また、それぞれの企業の『働くということ』の考え方を伺いながら、「働くって何だろう」「会社と人材って何だろう」「就職活動って何だろう」ということを、自分なりに整理する機会にもなった。

 本書は、就職活動を行う学生を対象となっているが、実際には、既に企業で活躍しているビジネスマン、そして、人事採用の業務にあたる人事部の皆さんにこそ、参考になるのではないかと思う。

 15の企業の、経営者や人事担当者の方々との対談を中心に構成されているが、業種もさまざまで、それらの企業が考える求める人物像や、仕事に対する考え方、企業文化の創出の施策などを、比較しながら読めるのが、大きな特徴だと思う。そうした企業ならではの特色を、私なりに解釈し、 “小宮'S EYE”として各対談の括りとした。

 社会環境の激変に伴い、就活環境の厳しさや、内定率の低下などが社会全体で不安視されてきているが、そこには、若い人に向けての「働くこととは何か」という考え方を含めた、大人たちのメッセージが希薄になっていることも、一因ではないかと考える。

 本書を通して、学生の皆さんには、自身が社会に出て輝くための一助となり、社会人の皆さんには、自らが働くことの意義と向き合う機会作りになることができれば、と心から願っている。
伝説の人事部長 究極の就活論

伝説の人事部長 究極の就活論

小宮謙一著
学研パブリッシング、1300円
5 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

2018年卒採用 「増やす」見込みの企業が3割超 ディスコ調べ

2018年卒採用 「増やす」見込みの企業が3割超 ディスコ調べ

 ディスコ(東京・文京、新留正朗社長)が企業を対象に、採用広報開始から約1カ月経過時点の採用活動の現状を調査した結果、2018年卒学生の採用を「増やす」見込みの会社が3割を超えていることが分かった。
未充足の求人がある事業所が53%、サービス業では71%

未充足の求人がある事業所が53%、サービス業では71%

 未充足の求人がある事業所が53%に上ることが、厚生労働省の2月の労働経済動向調査で分かった。サービス業は7割以上、医療・福祉業や宿泊・飲食サービス業では6割以上となっている。
18年卒学生の65%がインターンシップに参加、平均2.9社

18年卒学生の65%がインターンシップに参加、平均2.9社

 2018年卒学生の就職活動についてマイナビ(東京・千代田、中川信行社長)が行った調査によると、6割以上の学生がインターンシップに参加し、5年前の2倍以上になっていることが分かった。
2018年新卒採用の面接対策 働き方改革に影響を受ける学生の最大の関心事

2018年新卒採用の面接対策 働き方改革に影響を受ける学生の最大の関心事

3月から2018年新卒採用活動が本格的に始まる。企業の「働き方改革」の取り組み、とりわけ長時間労働の問題に学生の関心が高まっており、企業説明会ではこれに関する学生の質問が飛び交う可能性もありそうだ。(文・溝上憲文編集委員)

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部(寄稿担当) 編集部(寄稿担当)

セミナー・イベント

プレスリリース