2011年1月10日

【著者が語る】伝説の人事部長 究極の就活論

クレディコム 小宮謙一 代表取締役

 (10122)

クレディコム 小宮謙一 代表取締役

 働き方は、社会で働く人の数だけあると思う。仕事とは何か。働くことはどういうことか。就職活動を通して、『会社選び』を行うことの本質を、気づき、考えてほしいということもあり、TOKYO FMの番組「伝説の人事部長」はスタートした。

 出演する企業の経営者や人事担当者の皆さんと対談を通してお話ししていくなかで、将来の事業の担い手となる学生の皆さんへの期待の大きさを肌で感じ、また、それぞれの企業の『働くということ』の考え方を伺いながら、「働くって何だろう」「会社と人材って何だろう」「就職活動って何だろう」ということを、自分なりに整理する機会にもなった。

 本書は、就職活動を行う学生を対象となっているが、実際には、既に企業で活躍しているビジネスマン、そして、人事採用の業務にあたる人事部の皆さんにこそ、参考になるのではないかと思う。

 15の企業の、経営者や人事担当者の方々との対談を中心に構成されているが、業種もさまざまで、それらの企業が考える求める人物像や、仕事に対する考え方、企業文化の創出の施策などを、比較しながら読めるのが、大きな特徴だと思う。そうした企業ならではの特色を、私なりに解釈し、 “小宮'S EYE”として各対談の括りとした。

 社会環境の激変に伴い、就活環境の厳しさや、内定率の低下などが社会全体で不安視されてきているが、そこには、若い人に向けての「働くこととは何か」という考え方を含めた、大人たちのメッセージが希薄になっていることも、一因ではないかと考える。

 本書を通して、学生の皆さんには、自身が社会に出て輝くための一助となり、社会人の皆さんには、自らが働くことの意義と向き合う機会作りになることができれば、と心から願っている。
伝説の人事部長 究極の就活論

伝説の人事部長 究極の就活論

小宮謙一著
学研パブリッシング、1300円
5 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

上場企業の2017年卒大学生の初任給は21万868円、“据え置き”率は2年連続上昇

上場企業の2017年卒大学生の初任給は21万868円、“据え置き”率は2年連続上昇

 労務行政研究所が東証第1部上場企業228社を対象に実施した初任給調査によると、2017年度の大学卒者の初任給は21万868円で、初任給を前年度と同額に「据え置き」した企業は前年度より4.1ポイント上昇の70.2%となり、据え置き率が2年連続で上昇したことが分かった。
2018年3月卒の大卒求人倍率は前年並みの1.78倍、従業員規模別の倍率差は拡大

2018年3月卒の大卒求人倍率は前年並みの1.78倍、従業員規模別の倍率差は拡大

 リクルートホールディングス(東京・千代田、峰岸真澄社長)の研究機関、リクルートワークス研究所が実施した調査によると、2018年3月卒業予定の大卒求人倍率は前年とほぼ同水準となる1.78倍だったが、従業員規模や業種間で倍率差が拡大していることが分かった。
2018年卒採用 「増やす」見込みの企業が3割超 ディスコ調べ

2018年卒採用 「増やす」見込みの企業が3割超 ディスコ調べ

 ディスコ(東京・文京、新留正朗社長)が企業を対象に、採用広報開始から約1カ月経過時点の採用活動の現状を調査した結果、2018年卒学生の採用を「増やす」見込みの会社が3割を超えていることが分かった。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部(寄稿担当) 編集部(寄稿担当)

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース