2018年5月31日

【製薬・医療機器分野の中途採用】高度な専門性を求める傾向が鮮明で、求職者もスペシャリスト志向が強まる

リアルライフサイエンス 山條 春子 製薬・医療機器部門マネージャー 

 (21654)

 製薬業界では、新しい治療薬の開発がブームを迎えており、日系・外資系企業を問わず、メディカル・アフェアーズやメディカル・サイエンス・リエゾンなどの業務への需要が増加しています。専門領域の強化を目的としたメディカル・ドクターの求人が非常に多く、「博士号を持つドクター」などの採用条件も目立ちます。

 次に多い求人は、製品の安全性に関わる品質保証などの専門職です。各社がコンプライアンスの取り組みを強化していることが背景です。

 MRは、大型採用を行う企業もあり、求人数は以前と同じ水準を維持していますが、プライマリー領域の求人はほとんどなく、がん、免疫、バイオ製剤といった専門領域を担当できる経験者のニーズが高いです。開発職ではCROからの紹介依頼が多くあります。

 このようにいずれの職種においても高度な専門性を求める傾向が鮮明になっているため、求職者はゼネラリストよりもスペシャリスト志向が強まっています。また、M&Aや事業再編を契機に早期退職者が転職市場に出てきますが、専門性の有無が再就職できるかを左右しています。

 一方、医療機器業界では、営業職では業界未経験の営業経験者が採用されることもあります。マーケティング職では専門領域の経験が重視され、その領域で「新製品ローンチの経験があるか」などが条件となることがあります。

 専門性を持つ人材には複数の企業からオファーが出る状況です。また、ニッチな分野では転職市場では候補者が見つからないため、サーチによって人材を探し出さなければなりません。

 採用を成功させている企業は、数多くのエージェントと付き合うのではなく、専門性の高いエージェントに絞って関係の強化を図っています。例えば、直接面談や電話ミーティングを2週間に1回程度実施したり、エージェント向け説明会では人事担当だけでなくハイヤリングマネジャーが説明するなど、エージェントを採用成功のためのビジネスパートナーと位置づけて情報の共有を行っています。

エススリー・ジャパン「激しい競争を勝ち抜く企業へと成長するために、採用のパートナーとして貢献します」 - 人材コンサルティング会社&サービスガイド100選

エススリー・ジャパン「激しい競争を勝ち抜く企業へと成長するために、採用のパートナーとして貢献します」 - 人材コンサルティング会社&サービスガイド100選
ハブグッド・グラント 代表取締役
4 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

職業紹介事業の手数料収入3876億円、4年連続で過去最高を更新

職業紹介事業の手数料収入3876億円、4年連続で過去最高を更新

 2016年度の職業紹介事業の手数料収入は約3876億円となり、4年連続で過去最高を更新したことが、厚生労働省が発表した「職業紹介事業報告書」集計結果で分かった。
強みのサーチ力を活かし業界初の100年企業を目指す ケンブリッジ・リサーチ研究所 荒木田誠社長

強みのサーチ力を活かし業界初の100年企業を目指す ケンブリッジ・リサーチ研究所 荒木田誠社長

日本で最も歴史のある人材紹介会社のケンブリッジ・リサーチ研究所は、コンサルティング業界に強い人材紹介会社であるアクシスコンサルティングのグループ会社となり、荒木田誠氏が社長に就任した。「Cambridge100-業界初の100年企業になる」を標榜する同社の新たな経営戦略について聞いた。
ANA品質の「人財」を提供し、企業の生産性向上を支援する ANAビジネスソリューション 矢澤潤子社長

ANA品質の「人財」を提供し、企業の生産性向上を支援する ANAビジネスソリューション 矢澤潤子社長

ANAビジネスソリューションは、人材派遣・紹介、教育・研修事業などを行っており、ANAグループのOB・OGなどの豊富な実務経験を持つ「人財」をスピーディーに提供できることが強みだ。付加価値の高いサービスによって多くの企業の生産性向上を支援し、信頼を得ている同社の矢澤潤子社長にサービスの特長や最近の状況などを聞いた。
主要人材会社の決算出そろう 人材サービス市場は拡大傾向

主要人材会社の決算出そろう 人材サービス市場は拡大傾向

 上場人材各社の通期決算が出そろった。有効求人倍率(季節調整値)が1990年以降で最高値を記録し、また完全失業率も2.8%と低水準となったことから、人手不足を背景とした多くの需要が寄せられ、人材サービスに関連する市場は全体として拡大傾向で推移している。
キャリアデザインセンター中間決算、売上高14%増 人材紹介とIT派遣が拡大

キャリアデザインセンター中間決算、売上高14%増 人材紹介とIT派遣が拡大

 人材サービスのキャリアデザインセンター(東京・港、多田弘實社長兼会長)は2017年9月期第2四半期の決算説明会を開催した。人材紹介とIT派遣の売上高が前年同期比20%を超える伸びとなり、女性対象の求人サイトも好調で増収増益となった。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部(レポート担当) 編集部(レポート担当)

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース