2018年8月1日

【製造分野の中途採用】変革を推進するエンジニアの「異業種採用」「Over40's採用」が常態化

リクルートキャリア 藤井 薫 リクナビNEXT編集長

 (21798)

 デジタル・トランスフォーメーションの加速を背景に、全業界でタレント人材の獲得競争が過熱しています。当社の転職支援サービス「リクルートエージェント」の2018年4月末時点の転職求人倍率は1.78倍。

 中でも、AI、IoT、半導体、自動運転など、デジタル時代のビジネス変革を推進する“超製造業”でのITエンジニアやEMC(電気・機械・化学)エンジニアの転職市場では、業界をまたぐ「異業種採用」や年齢の壁を超える「Over40’s採用」も常態化しつつあります。

 例えば、電機メーカーのAI研究者が、自動運転技術の開発を加速させる自動車業界に転じるなど「異業種採用」が増加。実際、「リクルートエージェント」におけるITエンジニアの異業種転職の推移は、2009年-2017年比較で2.68倍になっています。

 さらに、40代以上のタレント人材を採用する「Over40’s採用」の増加も顕著です。実際、「リクルートエージェント」におけるEMCエンジニアの40歳以上の転職決定者は、2009年-2017年比較で4.33倍。今や「35歳の壁」は消えつつあります。

 採用成功を実現する企業には一つの共通項があります。それは現場リーダーの採用参加です。人材確保は企業の競争力の源泉であるにもかかわらず、これまでの多くの企業では採用は現場から切り離され、人事の実務担当者だけに委ねられてきました。しかし、採用成功を実現する企業では、例えば、転職潜在層を集めた業界イベントにも現場リーダーが参加し、開発の醍醐味や仕事の進め方などを語っています。

 当社が実施した「転職活動者に聞く転職中に企業に求めること」のアンケートでも、「配属される職場の情報~職場長との会話の場・具体的な仕事内容の開示」がトップに踊り出ます。

 業務の細分化、高度化により、同じ業種や職種でも求められる成果や仕事の進め方が異なる昨今。職場長との具体的なミッションの摺り合わせを求める“就職場”フィッティングの傾向が、今後ますます重要になってくると思われます。

リクルートエージェント「業界最大のデータベースを駆使し、企業の人材戦略を支援します」 - 人材コンサルティング会社&サービスガイド100選

リクルートエージェント「業界最大のデータベースを駆使し、企業の人材戦略を支援します」 - 人材コンサルティング会社&サービスガイド100選
佐藤 学 執行役員 エージェント事業本部 本部長

リクルートキャリア RPO「“採用の充足”を実現するために、リクルートのノウハウを投入して採用の最適化を支援します」 - 人材コンサルティング会社&サービスガイド100選

リクルートキャリア RPO「“採用の充足”を実現するために、リクルートのノウハウを投入して採用の最適化を支援します」 - 人材コンサルティング会社&サービスガイド100選
妹尾 雄太 RPO事業部 部長

おすすめの記事

人事実務の最新重要判例「同一労働同一賃金で最高裁が初判断」ハマキョウレックス事件・長沢運輸事件

人事実務の最新重要判例「同一労働同一賃金で最高裁が初判断」ハマキョウレックス事件・長沢運輸事件
最近の労働裁判例の中から、人事実務の参考になる重要な裁判例として、ハマキョウレックス事件及び長沢運輸事件の最高裁判決(最高裁判所第二小法廷平成30年6月1日判決)を紹介します。
7 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

リクルート、米オンライン求人サービス会社を1300億円で買収

リクルート、米オンライン求人サービス会社を1300億円で買収

リクルートホールディングス(東京・千代田、峰岸真澄社長)は、求人企業の口コミや給与情報を求職者に提供するオンライン求人サービスを行う米Glassdoor(グラスドア)の発行済全株式を、12億ドル(約1300億円)で取得することを決定した。
リクルートキャリアとHRテック領域における事業提携を締結 カオナビ

リクルートキャリアとHRテック領域における事業提携を締結 カオナビ

 クラウド人材管理ツール「カオナビ」を提供するカオナビ(東京・港、柳橋仁機社長)が、リクルートキャリア(東京・千代田、小林大三社長)と、HRテック領域における事業提携を締結した。
【製造/自動車分野の中途採用】ITや電機など業界をまたいだエンジニアの求人ニーズが増加

【製造/自動車分野の中途採用】ITや電機など業界をまたいだエンジニアの求人ニーズが増加

ビジネスキャリア マネジメント 瀧田 淳雄  シニアコンサルタント
転職求人倍率1.79倍、転職求人数と転職希望者数はともに増加

転職求人倍率1.79倍、転職求人数と転職希望者数はともに増加

 リクルートキャリア(東京・千代田、柳川昌紀社長)が運営する転職支援サービス「リクルートエージェント」の2016年8月の転職求人倍率は1.79倍で前月と比べ増減はなかったが、求人数、転職希望者数はともに増加しており、過去最高を記録していることが分かった。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部(レポート担当) 編集部(レポート担当)

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース