2014年10月10日

西友 内山明香 採用グループマネジャー パート社員の正社員登用に注力、新卒は3分の1が海外経験者

世界第2位の小売チェーン・ウォルマートグループの一員である西友。パート社員から正社員への登用をはじめ、女性の活躍を促す施策に積極的に取り組み、採用にも好影響を及ぼしている。同社採用責任者の内山明香氏に、採用の状況やダイバーシティ推進の取り組みなどを聞いた。

 (7032)

内山明香 採用グループマネジャー

人材採用にはどのような方針で取り組んでいますか。

 当社は世界27カ国に1万店舗以上を展開し、約43兆円を売り上げるウォルマートグループの一員です。ウォルマートグループは「すべての人を尊重する」「お客様のために尽くす」「常に最高を目指す」「倫理観をもって行動する」という「4つの信条」を大切にしています。
 採用、育成、評価、昇進・昇格、配属などすべての人事施策は、この信条に基づいて行われています。そのキーワードは“Diversity&Inclusion”、つまり「多様性を尊重し、受け容れる」ということです。
 採用においては、広く門戸を開放し、多彩な属性の中からポテンシャルの高い人材の確保に努めています。「4つの信条」からなるウォルマートのカルチャーにフィットしていることが最重要です。そして、グローバルな環境の中で活躍できる人材であることが求められます。
 例えば、商品の買い付けをグローバルに行っていますので、商品部のバイヤーは出張ベースで、あるいは海外拠点に駐在してこうした業務を行っています。
 また、逆に海外から日本に人材を受け入れるといったことも活発です。海外拠点とのテレビ会議も頻繁で、レポートラインとなる上司が外国人であったり、かなり国際的な職場の雰囲気があります。

“Diversity&Inclusion”の特徴的な内容を教えてください。

 ウォルマート日本法人のウォルマート・ジャパンには、16カ国の国籍の社員が在籍しています。
 西友としての最もシンボリックな取り組みには、パート社員の正社員登用制度が挙げられるでしょう。2004年に導入し、06年から登用が開始されて以降、今年4月までに336人がパートから正社員に登用されました。
 また、女性上級管理職と各ファンクションからのボランティアで構成される「女性リーダーカウンシル」という組織をつくり、統括役である議長には女性執行役員が就任しています。アソシエイト(従業員)とのコミュニケーションや経営陣への提言を通じて、ダイバーシティ活動を推進しています。
 女性役員の活躍はアソシエイトのロールモデルにもなっています。
 ちなみに、ウォルマートグループで働く従業員は、パートからトップまで等しく「アソシエイト」と呼んでいます。この言葉もダイバーシティの象徴ではないかと思います。

具体的な採用の進め方についてですが、新卒採用はどのように行っていますか。

39 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

“働き方改革”の取り組みを通じて企業の魅力を高める サトーホールディングス 江上 茂樹 執行役員 最高人財責任者

“働き方改革”の取り組みを通じて企業の魅力を高める サトーホールディングス 江上 茂樹 執行役員 最高人財責任者

ハードウェア製品の開発、製造、販売を行うサトーホールディングスは、“健康経営”や“働き方改革”への取り組みを通じて働きやすい会社づくりだけでなく、生産性向上を目指している。人事部門を統括する江上茂樹氏に、人事施策の取り組み状況などを聞いた。
自分が管理する組織の「働き方」に危機感を持っている管理職が44.7% P&G調べ

自分が管理する組織の「働き方」に危機感を持っている管理職が44.7% P&G調べ

 外資系消費財メーカーのP&G(プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン、兵庫・神戸、スタニスラブ・ベセラ社長 )が従業員100人以上の企業で働く管理職1000人を対象に実施した調査によると、自分が管理するチーム・組織の現在の「働き方」に課題や危機感を持っている管理職の割合が44.7%だったことが分かった。部・課長よりも本部長で危機感を持っている人の割合が高い。
テルモ 「がん就労支援ルール」で、がん治療と仕事の両立を支援

テルモ 「がん就労支援ルール」で、がん治療と仕事の両立を支援

 医療機器や医薬品を手掛けるテルモ(東京・渋谷、新宅祐太郎社長)は、がん闘病中の社員の多様な働き方を支援する「がん就労支援ルール」を新設した。
社員の「目指すべき姿」を明確に伝える採用メッセージを発信 JK ホールディングス 大塩茂樹  人材開発課長 

社員の「目指すべき姿」を明確に伝える採用メッセージを発信 JK ホールディングス 大塩茂樹 人材開発課長 

万人受けする採用メッセージから、社員が「目指すべき姿」を明確に掲げて求める人物像を伝えるメッセージに切り替えて採用効率を大幅に高めることに成功したJKホールディングス。採用の変革をリードしてきた人材開発課長の大塩茂樹氏に取り組み内容などを聞いた。
ダイバーシティ最前線 動き始めたLGBTへの取り組み

ダイバーシティ最前線 動き始めたLGBTへの取り組み

LGBTと呼ばれる性的少数者に対するダイバーシティの推進が官民で始まっている。大手企業を中心に社内規定を見直す動きも相次いでいるが、性的少数者が働きやすい環境を整備するために重要なのが、LGBTに対する偏見をなくし、職場の理解と啓発を促す活動だ。企業の取り組みを取材した。(文・溝上憲文編集委員)

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部(インタビュー担当) 編集部(インタビュー担当)

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース