2016年10月20日

中国に進出している日本企業は1万3934社、前年から678社増加

 中国に進出している企業は1万3934社に上っており、業種別に見ると「製造業」が最多だが、前年の調査と比べると「小売業」での比率が上昇していることが帝国データバンクの調査で分かった。

 (10494)

 中国に進出している企業は1万3934社で、2015年6月の前回調査 (1万3256社)に比べて678社増加した。

 業種別に見ると、最も多かったのは「製造業」で5853社(42.0%)。次いで「卸売業」 4633社(33.2%)、「サービス業」1705社(12.2%)、「小売業」503社(3.6%)と続き、上位4業種で全体の約9割を占めた。前回調査と比べると、「製造業」と「卸売業」の構成比は減少し、「小売業」(前回比0.4ポイント)や「サービス業」(同0.3ポイント)などが上昇した。

 前回から最も構成比が高まった「小売業」では「婦人・子供服小売業」(52社、10.3%)が最も多く、以下「各種商品通信販売業」(33社、6.6%)、「中華料理店、その 他東洋料理店」(28社、5.6%)が続いた。

 成長する中国国内の外食市場を取り込むため飲食店経営業者が多数進出しているほか、「越境EC」などの消費市場を背景に通信販売業者などが上位を占めている。

 年商規模別に見ると、最も多かったのは年商「10億円以上100億円未満」の6058社(43.5%)となり、全体の4割超を占めた。業種別では、中国進出にあたって工場や物流施設、販売施設などの大規模な初期投資や人員管理が求められる「製造業」や「卸売業」など、7業種中5業種で年商「10億円以上100億円未満」の構成比が最も高かった。

 前回調査と比較すると、「製造業」、「卸売業」、「サービス業」の3業種では年商「100 億円以上1000億円未満」の企業が大きく増加した。「運輸・通信業」と「不動産業」では年商「1億円未満」の小規模企業が増加していた。

雇用管理の法律相談「セクハラ発言で出勤停止処分 最高裁が有効と判断」

雇用管理の法律相談「セクハラ発言で出勤停止処分 最高裁が有効と判断」
平成27年2月26日、最高裁で、身体的接触を伴わないセクハラに対する出勤停止という重い懲戒処分を有効とした判決がなされ(L館事件:最高裁HP http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/883/084883_hanrei.pdf)、多くの報道がなされる等注目を集めました。また本事件は、ある行為の懲戒事由該当性や出勤停止処分の相当性につき、大阪地裁、大阪高裁及び最高裁で判断が分かれた点もあり、セクハラに関する対応の難しさも示すものとなりました。
4 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

バイリンガルの転職求人倍率は1.50倍、年度替わりで求職者の活動が活発化 ダイジョブ・グローバルリクルーティング

バイリンガルの転職求人倍率は1.50倍、年度替わりで求職者の活動が活発化 ダイジョブ・グローバルリクルーティング

 2018年2月末時点のグローバル転職求人倍率は、前月より0.06ポイント低い1.50倍となったことが、バイリンガルのための転職・求人情報サイトを運営するダイジョブ・グローバルリクルーティング(東京・港、篠原裕二社長)の集計で分かった。
バイリンガルの転職求人倍率は1.56倍、5ヵ月ぶりに前月を下回る ダイジョブ・グローバルリクルーティング

バイリンガルの転職求人倍率は1.56倍、5ヵ月ぶりに前月を下回る ダイジョブ・グローバルリクルーティング

 2018年1月末時点のバイリンガルの転職希望者1人あたりの求人件数を表すグローバル転職求人倍率は、前月より0.97ポイント低い1.56倍となったことが、バイリンガルのための転職・求人情報サイトを運営するダイジョブ・グローバルリクルーティング(東京・港、篠原裕二社長)の集計で分かった。
日本で働く外国人が過去最多、前年比18.0%増

日本で働く外国人が過去最多、前年比18.0%増

 日本で働く外国人が127万人超と過去最多となったことが、厚生労働省の「外国人雇用状況」の届出状況のとりまとめで分かった。(2017年10月末現在)
【海外出張者と駐在員のリスク管理】2017年の重大ニュース等から学ぶ

【海外出張者と駐在員のリスク管理】2017年の重大ニュース等から学ぶ

2017年も大きな出来事が繰り返し発生した。危機管理のプロであるオオコシセキュリティコンサルタンツの廣瀬シニアコンサルタントに、昨年の注目すべきニュースや出来事から教訓とすべきポイントを挙げ、本年の安全対策にどのように生かして行くかについて寄稿してもらった。
【海外出張者と駐在員のリスク管理】ニューヨーク市 2017年度の犯罪発生件数 70年ぶりに最低レベルを記録

【海外出張者と駐在員のリスク管理】ニューヨーク市 2017年度の犯罪発生件数 70年ぶりに最低レベルを記録

世界中でテロやトラブルが頻発している中、海外出張者と駐在員のリスク管理を今まで以上に徹底していく必要がある。危機管理のプロであるオオコシセキュリティコンサルタンツに、ニューヨーク市の犯罪発生件数について考察を寄稿してもらった。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース