2016年10月18日

社員紹介採用サービス「マイリファー」が採用支援システムと連携を開始

 インテリジェンス(東京・千代田、峯尾太郎社長)が提供するリファーラルリクルーティング(社員紹介採用)サービス「MyRefer(マイリファー)」は、 求人作成から応募管理などの業務を一元管理できるシステム“ATS(Applicant Tracking System)”との連携を開始した。

 (10479)

 ATS(Applicant Tracking System)とは、採用での求人票の作成、応募対応、選考進捗管理、選考後フォロー等の業務を一元管理できるシステム。国内で、大手企業を中心に導入され、採用担当者に活用されている。

 「マイリファー」は、人事担当者や社員に負担をかけず、社員紹介による採用を導入・促進することのできるリファーラルリクルーティングプラットフォーム。導入した企業の人事は、リクルーターになって欲しい社員にウェブ上のマイページを配布する。社員はフェイスブックやラインなどのSNSを通じ、自分の知人に自社の求人を紹介する。

 求人に興味を持った知人は「マイリファー」を通じて応募し、企業の面接を受けて入社に至るシステムになっている。社員は利用頻度が高いSNSを介してリクルーター活動を行えるため、社員の工数を削減できるのが特徴だ。

 海外のリファーラルリクルーティングツールはATSと連携できるケースがほとんどだが、これまで日本ではリファーラルリクルーティングツールとATSの連携ができず、二重管理が発生してしまう問題があった。

 そこで「マイリファー」は、採用活動の効率化と自社採用力の最大化を目指し、HRソリューションズ(東京・中央、武井繁社長)の「リクログ(Reclog)」との提携を皮切りに、国内主要ATSとの連携強化を図っていく計画だ。

インテリジェンス 「専門性の高いコンサルティングを追求し、クライアントの事業成長を共に目指します」 - 人材コンサルティング会社ガイド100選

インテリジェンス 「専門性の高いコンサルティングを追求し、クライアントの事業成長を共に目指します」 - 人材コンサルティング会社ガイド100選

中途採用で内定取り消しができる条件とは

中途採用で内定取り消しができる条件とは
新卒者の場合には、慣行上、入社前年の10月1日に一斉に採用内定が行われ、それから半年もの間、「採用内定」という関係に置かれるというケースが一般的なため、実際上、採用内定取り消しの有効性などをめぐって紛争が表面化することも多いところですが、近年では雇用の流動化に伴い、中途採用者の採用内定取り消しをめぐる紛争も増えてきています。
5 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

ノバレーゼ 高橋麻菜美 人材開発部長 求める人物像を社員が共有し、リファラルリクルーティングを導入

ノバレーゼ 高橋麻菜美 人材開発部長 求める人物像を社員が共有し、リファラルリクルーティングを導入

2000年の設立からわずか6年で東証一部上場を果たしたノバレーゼ。ウエディングプロデュースやレストラン運営を手がけ、さらなる事業拡大を目指して成長意欲の高い人材の獲得が急務だ。同社人事本部人材開発部長の高橋麻菜美氏に、人材採用の状況や取り組みなどについて聞いた。
転職求人数20%増、28カ月連続で最高値更新 インテリジェンス調べ

転職求人数20%増、28カ月連続で最高値更新 インテリジェンス調べ

 人材サービスのインテリジェンス(東京・千代田、峯尾太郎社長)がまとめた「DODA 転職求人倍率レポート」によると、3月の転職求人数は前年同月比21.2%増と28カ月連続で調査開始(2008年1月)以来の最高値を更新した。転職希望者数は同31.4%増だった。
転職求人数20%増、転職希望者数32%増 インテリジェンス調べ

転職求人数20%増、転職希望者数32%増 インテリジェンス調べ

 人材サービスのインテリジェンス(東京・千代田、峯尾太郎社長)がまとめた「DODA 転職求人倍率レポート」によると、2月の転職求人数は前年同月比20.6%増で27カ月連続で調査開始(2008年1月)以来の最高値を更新した。転職希望者数は同31.8%増だった。
総合人材サービスの「テンプスタッフ」と「インテリジェンス」が社名変更 インテリジェンスの新社名は「パーソルキャリア」

総合人材サービスの「テンプスタッフ」と「インテリジェンス」が社名変更 インテリジェンスの新社名は「パーソルキャリア」

 総合人材サービスのテンプホールディングス(東京・渋谷、水田正道社長)は、7月1日から傘下のテンプスタッフ、インテリジェンス、インテリジェンスビジネスソリューションズの3社の商号を変更することを決定した。主要子会社の社名変更でグループブランドの認知度向上を目指す。
【バイリンガルの採用】複数国のマネジメントができるマルチリンガル人材に高い需要

【バイリンガルの採用】複数国のマネジメントができるマルチリンガル人材に高い需要

インテリジェンス・グローバル・サーチ ナイーム・イクバル マネジング・ダイレクター

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部(人材サービス担当) 編集部(人材サービス担当)

セミナー・イベント

プレスリリース