2018年7月31日

6月の有効求人倍率1.62倍、前月比0.02ポイント上昇

 厚生労働省が発表した2018年6月の有効求人倍率(季節調整値)は1.62倍で、1974年(1.64倍)以降の最高値を更新した。

 (22173)

新規求人倍率(季節調整値)は2.47倍で、前月を0.13ポイント上回った。正社員有効求人倍率(季節調整値)は1.13倍で、前月を0.03ポイント上回った。

 有効求人(季節調整値)は前月に比べ0.6%増、有効求職者(季節調整値)は前月比0.6%減となった。

 新規求人(原数値)は前年同月比0.2%増。産業別にみると、建設業(4.0 %増)、医療・福祉(3.8%増)、製造業(3.5%増)、運輸業・郵便業(2.0%増)、教育・学習支援業(0.5%増)の5産業で増加した。

 減少したのは、情報通信業(11.2%減)、宿泊業・飲食サービス業(3.2%減)、学術研究・専門・技術サービス業(2.9%減)、卸売業・小売業(2.5%減)などだった。

 都道府県別の有効求人倍率(季節調整値)は、就業地別の最高は福井県の2.26倍、最低は北海道の1.21倍、受理地別の最高は東京都の2.16倍、最低は沖縄県の1.13倍。

おすすめの記事

企画業務型裁量労働制の導入要件と意義

企画業務型裁量労働制の導入要件と意義
「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律案」は、労働基準法(以下「労基法」といいます)、労働安全衛生法、労働契約法など8つの法案の改正からなる一括法案であり、労基法については、時間外労働の上限規制や、特定高度専門業務・成果型労働制(高度プロフェッショナル制度)の創設等が掲げられています。 本稿では、そもそも労働基準法上の企画業務型裁量労働制とはどのような制度なのかについて確認していきます。
5 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

8月の有効求人倍率1.63倍、前月と同水準

8月の有効求人倍率1.63倍、前月と同水準

 厚生労働省が発表した2018年8月の有効求人倍率(季節調整値)は1.63倍で、前月から変動なしの高水準となった。
7月の有効求人倍率1.63倍、前月比0.01ポイント上昇

7月の有効求人倍率1.63倍、前月比0.01ポイント上昇

 厚生労働省が発表した2018年7月の有効求人倍率(季節調整値)は1.63倍で、前月比0.01ポイントの上昇となった。
5月の有効求人倍率1.60倍、最高値を更新

5月の有効求人倍率1.60倍、最高値を更新

 厚生労働省が発表した2018年5月の有効求人倍率(季節調整値)は1.60倍で、1990年(1.46倍)以降の最高値を更新した。
4月の有効求人倍率1.59倍、前月と同水準の高止まり

4月の有効求人倍率1.59倍、前月と同水準の高止まり

 厚生労働省が発表した2018年4月の有効求人倍率(季節調整値)は1.59倍で、前月と同水準となった。
3月の有効求人倍率1.59倍、前月比は2カ月ぶりに増加

3月の有効求人倍率1.59倍、前月比は2カ月ぶりに増加

 厚生労働省が発表した2018年3月の有効求人倍率(季節調整値)は1.59倍で、前月比は0.01ポイント増加した。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース