2019年4月25日

3月の求人広告は前年同月比37.2%増、すべてのエリアで30%超の大幅増加

 3月の職種分類別求人広告掲載件数(週平均)は、全体で156万8047件となり、前年同月比37.2%増となったことが、全国求人情報協会のまとめで分かった。

 (23788)

 最も多かったのは「販売(販売)」31万5996件(前年同月比35.4%増)となった。次いで「サービス(給仕)」22万3467件(同29.1%増)、「運搬・清掃・包装等」16万9101件(同80.0%増)などが続いた。

【職種別 求人広告掲載件数 上位5職種】
1位 販売(販売) 31万5996件(前年同月比35.4増、占有率20.2%)
2位 サービス(給仕) 22万3467件(同29.1%増、同14.3%)
3位 運搬・清掃・包装等 16万9101件(同80.0%増、同10.8%)
4位 サービス(調理) 14万9432件(同53.2%増、同9.5%)
5位 サービス(接客) 12万8589件(同44.6%増、同8.2%)

 雇用形態別にみると、全体で143万4525件(前年同月比38.6%増)となっており、「正社員」が26万4763件(同17.0%増)、「アルバイト・パート」が107万2417件(同46.8%増)、「契約社員他」が9万7346件(同24.2%増)となった。

 地域別にみると、全体で144万2976件(前年同月比41.0%増)だった。前年同月比が最も増加したのは、九州・沖縄で39.4%増となった。次いで中四国(38.8%増)となり、すべての地域で30%超の増加となった。

 都道府県別にみると、前年同月比が最も増加したのは福岡県(52.7%増)、次いで岡山県(52.1%増)、増加率が最も低かったのは石川県(26.2%増)だった。

【地域別 求人広告掲載件数】
北海道・東北 9万2921件(前月比35.1%増、占有率6.4%)
関東・甲信越 68万4082件(同35.2%増、同47.4%)
中部・北陸  20万7711件(同35.5%増、同14.4%)
近畿     27万3842件(同36.5%増、同19.0%)
中四国    7万4408件(同38.8%増、同5.2%)
九州・沖縄  11万12件(同39.4%増、同7.6%)

おすすめの記事

企画業務型裁量労働制の導入要件と意義

企画業務型裁量労働制の導入要件と意義
「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律」の当初の政府案には、企画業務型裁量労働制の対象拡大も含まれていました。ところが、裁量労働制に関する調査データの不備等の問題が顕在化し、平成30年2月末に法案から削除されました。今回、法案削除にまで至ってしまった企画業務型裁量労働制の改正ですが、本稿では、そもそも労働基準法上の企画業務型裁量労働制とはどのような制度なのかについて確認してみます。
4 件
セミナー・イベント一覧

◆次世代事業経営ゼミナール(第5期)~ものづくり企業の国内外事業運営の基幹要員の育成【8月開講】

セミナー・イベント一覧