2018年8月29日

女性従業員割合は2割超、女性管理職割合は1割以下となるも過去最高

 従業員に占める女性の割合は平均24.9%、管理職に占める女性の割合は7.2%となったことが帝国データバンクの「女性登用に関する企業の意識調査」で明らかとなった。

 (22426)

 従業員に占める女性の割合は平均24.9%となり、2017年より0.3ポイント上昇した。 「30%以上」と回答した企業は29.7%だった。女性従業員割合が10%に満たない企業は29.3%(「10%未満」23.5%と「0%(男性)」5.8%の合計)だった。

 2017年と比較すると、「30%以上」(2017年29.8%)がほぼ横ばいとなったものの、「20%以上30%未満」が0.4ポイント上昇したほか、「10%以上20%未満」「10%未満」がいずれも低下した。

 管理職(課長相当職以上)に占める女性の割合は平均7.2%と、2017年より0.3ポイント上昇しており、比較可能な2014年以降で最も高くなっている。

 管理職に占める女性の割合が「30%以上」とする企業は6.8%にとどまったものの、前年(6.4%)より0.4ポイント上昇した。管理職の女性割合が「0%(全員男性)」(48.4%)の企業は半数近くに達するものの、緩やかな低下傾向が続いた。

 役員(社長を含む)に占める女性の割合は平均9.7%となり、2017年から0.4ポイント上昇した。「0%(全員男性)」が59.0%と6割近くに達するものの、前年(59.4%)より0. 4ポイント低下している。「10%未満」(14.7%)と合わせると、女性役員が10%に満たない企業は73.7%と前年より0.8ポイント低下した。

 役員に占める女性の割合が「30%以上」の企業は13.0%となった。

 女性管理職の平均割合について上場・未上場別にみると、未上場企業が平均7.2%、上場企業が平均5.1%と、未上場企業が上場企業を2.1ポイント上回った。

 業界別では、「不動産」「小売」「サービス」「金融」で高く、「建設」「運輸・倉庫」「製造」などで低かった。「小売」は前年から1.4ポイント上昇したほか、「農・林・水産」も1.0ポイント上昇した。

【業界別 女性管理職の平均割合】
1位 不動産 13.4%(前年13.1%)
2位 小売 12.8%(同11.4%)
3位 サービス 9.8%(同9.9%)
4位 金融 9.1%(同9.6%)
5位 卸売 7.4%(同7.1%)
6位 農・林・水産 5.9%(同4.9%)
7位 製造 5.6%(同5.3%)
8位 運輸・倉庫 5.1%(同4.6%)
9位 建設 4.7%(同4.8%)

 女性管理職割合が現在と比較して今後どのように変わると考えているかを聞くと、企業の57.5%が「変わらない」とみているものの、24.6%は女性管理職の割合が「増加する」と見込んでいる。

 女性役員については、今後「増加する」と考えている企業は7.5%にとどまった。

 調査は、2018年7月18日~31日、全国の2万3112社を対象に実施し、9979社の有効回答を得た。

おすすめの記事

セクハラ発言で出勤停止処分 最高裁が有効と判断

セクハラ発言で出勤停止処分 最高裁が有効と判断
平成27年2月26日、最高裁で、身体的接触を伴わないセクハラに対する出勤停止という重い懲戒処分を有効とした判決がなされ(L館事件:最高裁HP http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/883/084883_hanrei.pdf)、多くの報道がなされる等注目を集めました。また本事件は、ある行為の懲戒事由該当性や出勤停止処分の相当性につき、大阪地裁、大阪高裁及び最高裁で判断が分かれた点もあり、セクハラに関する対応の難しさも示すものとなりました。
5 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

上場企業のうち女性役員ゼロが6割超、建設業では8割に迫る

上場企業のうち女性役員ゼロが6割超、建設業では8割に迫る

 上場企業2375社のうち女性役員が一人もいない企業は1563社で、全体の65.8%を占めることが東京商工リサーチの「女性役員比率」調査で明らかとなった。前年の1646社(69.3%)から社数は83社減少し、女性の役員登用に向けた動きは緩やかだが進んでいる。
女性の活躍を推進している中小企業は7割超も、課題が多く残るのが現状

女性の活躍を推進している中小企業は7割超も、課題が多く残るのが現状

 全国の中小企業のうち女性の活躍を推進している企業は76.2%と7割を超えることが日本商工会議所の「働き方改革関連施策に関する調査」で分かった。
役職者に占める女性の割合が最も高いのは“高知県”、関東・東海では低い傾向

役職者に占める女性の割合が最も高いのは“高知県”、関東・東海では低い傾向

 課長級以上に占める女性の割合がもっとも高いのは高知県で、2013年から2015年の平均が22.7%に上っていることが、厚生労働省がまとめた「2016年版 働く女性の実情」で明らかとなった。
職場にあると良いと思う制度、1位は「在宅勤務」 ソニー生命調べ

職場にあると良いと思う制度、1位は「在宅勤務」 ソニー生命調べ

 職場にどのような働き方や制度があると良いと思うか聞いたところ、「在宅勤務」と答えた人が最も多いことが、ソニー生命保険(東京・千代田、萩本友男社長)が実施した「女性の活躍に関する意識調査2017」で分かった。
働き方改革が本格始動 2016年に顕在化した人事・労務の6テーマ

働き方改革が本格始動 2016年に顕在化した人事・労務の6テーマ

2016年の人事・労務の特徴を一言でいえば、人材不足の顕在化に対応した採用力強化や定着を促す官民を挙げた「働き方改革」が本格的に始動した年だった。(文・溝上憲文編集委員)
社会全体で男女の地位が“平等”になっていると思う人は2割

社会全体で男女の地位が“平等”になっていると思う人は2割

 社会全体で男女の地位は“平等”になっていると思っている人はわずか21.1%にとどまり、“男性の方が優遇されている”と回答した人は74.2%にも上っていることが、内閣府が実施した「男女共同参画社会に関する世論調査」で分かった。
【女性の中途採用】年収700万円以上のハイキャリア層の採用実績の伸びが著しい

【女性の中途採用】年収700万円以上のハイキャリア層の採用実績の伸びが著しい

パソナ パソナキャリアカンパニー 岩下 純子 人材紹介事業部門 女性活躍推進コンサルティングチーム マネージャー
女性の人材紹介に特化したコンサルティングチームを発足 パソナキャリアカンパニー

女性の人材紹介に特化したコンサルティングチームを発足 パソナキャリアカンパニー

 パソナグループで人材紹介・再就職支援事業を行うパソナキャリアカンパニー(東京・千代田、渡辺尚プレジデント)は、女性の就職支援を専門とする「女性活躍推進コンサルティングチーム」を発足した。
女性社長数は8年で2倍増、女性社長比率は13.0%

女性社長数は8年で2倍増、女性社長比率は13.0%

 全国の女性社長は41万1969人で、調査を開始した2010年の21万人からは2倍増になっていることが東京商工リサーチの調査で明らかとなった。女性社長率は13.0%で、前年比0.5ポイント増だった。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース