2019年7月19日

アスクル/「ASKUL」が健康経営支援オンラインサービスを開始 他

採用・育成・組織開発・HRテックの注目サービスを取材し、特徴や活用法などを紹介する 【アスクル、鈴与シンワート、イオレ、アックスコンサルティング】

アスクル/「ASKUL」が健康経営支援オンラインサービスを開始【健康経営】

 健康経営推進の施策が充実する一方で、人事担当者の負担増を課題とする企業が目立つ。

 こうした企業を支援するため、事業所向けECサービス「ASKUL」を運営するアスクルは、健康経営サービス事業に参入した。サービスの第一弾として、Mediplat(メドピアグループ)の産業保健支援サービス「first call」を「ASKUL」や中堅・大企業向け一括電子購買サービス「ソロエルアリーナ」の利用企業に提供する。

 「first call」には、産業医面談の日程調整やオンライン面談を実現する「オンライン産業医(R)」、専門医に体調不良等をチャットやテレビ電話で相談できる「オンライン医療相談」、 Webやアプリで実施可能な「ストレスチェック」のサービスがあり、従業員の健康管理をワンストップでサポートできるため、人事担当者の業務負担が軽減される。

 多くの企業が利用し、ブランド力が高い「ASKUL」を通じて提供することで、サービス利用企業の拡大が見込まれる。
 (24071)

ASKUL Webサイト「first call」ページ

鈴与シンワート/給与明細書の電子化で人事業務の時間・コストを削減【電子給与明細】

 業務効率化やペーパーレス化の流れを受けて、これまで紙で運用していた人事業務の見直しを進める企業が増えている。

 人事給与アウトソーシングの鈴与シンワートが提供する「S-PAYCIAL with 電子給与明細」は、給与明細書をパソコン、スマートフォン、フィーチャーフォンから閲覧できるサービス。明細書の発行や配布作業に費やしていた時間・コストの削減、配布ミスや配布もれを防止し、スピーディーに従業員に届けられるといった導入効果が期待できる。

 すでに利用中の人事システムとの連携や操作性の良さなどが導入の決め手になっており、特に未だフィーチャーフォンを利用する従業員が多い企業に対しては、明細書がフィーチャーフォンから閲覧できる機能が欠かせない。

 今年からは従業員アンケート機能を追加するなどサービスの幅を広げており、更なる利用者数の拡大を目指している。
 (24074)

マルチデバイスで給与明細書を閲覧できる

イオレ/求人検索エンジンへの掲載で、応募数の増加を実現【採用管理システム】

 採用活動を行っても、そもそも応募数が少ないという課題を抱える企業も多い。

 イオレは、自社採用サイトの作成ができる採用管理システム「JOBOLE(ジョブオレ)」を提供している。同システムでは、自社採用サイトにも活用できる採用ページを作成できるだけでなく、各種求人系アグリゲーションサイトや求人検索エンジンと連携している。

 また、求人検索エンジンに掲載できるだけでなく、同社のwebマーケティングのノウハウを活かして、媒体選定・配信設計・広告運用・クリエイティブ制作までをワンストップでサポート可能。検索エンジン毎に最適な表示や表示順位が実現できるため、高い応募効果を得ることができる。

 今後は、より応募につながるような魅力あるページづくりのために、採用ページのUIを改善したり、労働人口減少の改善策となる外国人労働者の確保への活用も目指していく予定。
 (24077)

応募数の増加が期待できる

アックスコンサルティング/オンボーディングで人材の定着・教育をサポート【離職防止】

 人材不足が深刻化する中、社員の離職率を下げることが急務だ。

 アックスコンサルティングの「Cloud Onboarding Jungle」は社員のパフォーマンスとエンゲージメントを高めることで、離職率の低減を支援するクラウドサービスだ。オンボーディングと聞くと新入社員向けを想像するが、同社のサービスは既存社員を含めた社員全体のフォローアップがコンセプトだ。

 サーベイによりオンボーディングできていない社員と組織課題を把握できるため、早期に対応することが可能。また、課題にマッチした研修動画を視聴でき、同社提供の100タイトル以上のコンテンツ以外にも自社作成研修もアップすることができる。そして目標管理機能では自身の目標ごとの進捗や行動内容を記すことができ、上司からのフィードバックも都度受けられる。

 今後は人事担当者からのニーズを汲み取り、さらに利便性の高いサービスへと進化させていく予定。
 (24080)

UIはシンプルで使いやすい
12 件

人事向け限定情報を配信中

人事向け限定情報を配信中