2018年3月14日

約4割の人がダイバーシティ推進を“大切”と認識、20代女性は5割超 ランスタッド

 ダイバーシティの推進を大切と捉える人は約4割にのぼっており、特に20代女性にとっては企業を選ぶ際の基準にもなっているということが、総合人材サービスのランスタッド(東京・千代田、猿谷哲社長)が実施した「企業のダイバーシティ(人材の多様性)の推進に関する調査」 で分かった。

 (14386)

 勤務先がダイバーシティ推進に取り組むことを「大切と考える」と答えた割合は39.1%となった。特に20代女性を対象にすると「大切と考える」割合は54.5%と15ポイント以上も高くなった。

 これについてランスタッドは、「近年の売り手市場と働き方改革推進の影響から、企業を選ぶ基準は多様化している。 特にライフイベントにより働き方を変える可能性がある若年層の女性にとって、福利厚生等と合わせて“勤務先のダイバーシティ推進”は重要な要素であることがうかがえる」と指摘した。

 勤務先がダイバーシティ推進に取り組むことについて、「どちらとも言えない」、「わからない」と答えた割合は全体で50.4%、20代女性では35%だった。

 勤務先がダイバーシティ推進に対して「積極的に取り組んでいる」と答えたのは「金融業・ 保険業」が35.9%と、2位「情報通信業」の23.0%に10ポイント以上の差をつけた。 3位は「製造業」だった。

 一方、自由回答形式の「ダイバーシティ推進の取り組みが進んでいる企業のイメージ」では「金融業・保険業」の企業名が挙がらず、実態と働き手の持つ業界のイメージにはギャップがあることも明らかになった。

 勤務先がダイバーシティを推進する理由は、「労働力人口の減少に対応するため」が9.2%だった。業種別でみると「運輸業・郵便業」は、全体と比較して3倍近い25.8%が「労働力人口の減少に対応するため」にダイバーシティを推進していることが分かった。

 これについてランスタッドでは、「運輸業、郵便業での人材不足が深刻化しており、ダイバーシティ推進を“労働力人口減少に対応するため”という回答が他業種と比べ、圧倒的に多かったこともうなずける」としている。

 調査は、2017年11月20日~21日、全国の20歳から69歳までの一般企業に勤務する人(正社員・契約社員)および公務員・団体職員を対象にWebアンケート形式で実施した。

おすすめの記事

セクハラ発言で出勤停止処分 最高裁が有効と判断

セクハラ発言で出勤停止処分 最高裁が有効と判断
平成27年2月26日、最高裁で、身体的接触を伴わないセクハラに対する出勤停止という重い懲戒処分を有効とした判決がなされ(L館事件:最高裁HP http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/883/084883_hanrei.pdf)、多くの報道がなされる等注目を集めました。また本事件は、ある行為の懲戒事由該当性や出勤停止処分の相当性につき、大阪地裁、大阪高裁及び最高裁で判断が分かれた点もあり、セクハラに関する対応の難しさも示すものとなりました。
5 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

働きたい企業1位にパナソニック、2位トヨタ、3位日清食品 ランスタッド調査

働きたい企業1位にパナソニック、2位トヨタ、3位日清食品 ランスタッド調査

 総合人材サービスのランスタッド(東京・千代田、猿谷哲社長)は、勤務先として魅力ある企業を世界共通基準で測る「エンプロイヤーブランド」を調査・表彰するランスタッドアワード2018の調査結果と受賞企業を発表した。ランキング1位はパナソニック、2位はトヨタ自動車、3位は日清食品ホールディングスで、海外企業部門の1位はApple Japanとなった。
日本人の起業意欲は世界最下位 ランスタッド調査

日本人の起業意欲は世界最下位 ランスタッド調査

 総合人材サービス会社ランスタッドが実施した調査によると、日本人の起業したいと思わない人は7割弱となっており起業意欲は世界で最下位を記録したことが明らかになった。
自分が管理する組織の「働き方」に危機感を持っている管理職が44.7% P&G調べ

自分が管理する組織の「働き方」に危機感を持っている管理職が44.7% P&G調べ

 外資系消費財メーカーのP&G(プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン、兵庫・神戸、スタニスラブ・ベセラ社長 )が従業員100人以上の企業で働く管理職1000人を対象に実施した調査によると、自分が管理するチーム・組織の現在の「働き方」に課題や危機感を持っている管理職の割合が44.7%だったことが分かった。部・課長よりも本部長で危機感を持っている人の割合が高い。
働きたい企業1位に日清食品、2位トヨタ、3位 サントリー ランスタッド調査

働きたい企業1位に日清食品、2位トヨタ、3位 サントリー ランスタッド調査

 総合人材サービスのランスタッド(東京・千代田、猿谷哲社長)は、勤務先として魅力ある企業を世界共通基準で測る「エンプロイヤーブランド」を調査・表彰するランスタッドアワード2017の調査結果と受賞企業を発表した。ランキング1位は日清食品ホールディングス、2位はトヨタ自動車、3位はサントリーホールディングスで、海外企業部門の1位はアマゾンジャパンとなった。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース