2018年3月19日

経団連、2020年度入社の新卒採用は4年連続で同じスケジュールを採用

 経団連は、2020年度入社対象の新卒採用について、3月1日以降に広報活動開始、6月1日以降に選考活動開始との指針を決めた。

 (14397)

 3月1日以降に広報活動開始、6月1日以降に選考活動開始というスケジュールは2017年度入社対象から4年連続で同じスケジュールとなる。

 スケジュールの維持について経団連では「就職・採用活動の早期化や、学生の業界研究や企業研究の時間確保の面で課題があるとの指摘もあるが、総じて大きな問題は見られないと判断しており、様々な点を総合的に考慮して、2020年度入社対象についても現行のスケジュールを維持することにした」としている。

 また、正式な採用内定日は卒業・修了年度の10月1日以降とする。

 2021年度以降入社対象については、「引き続き検討を行ない、秋ぐらいまでには一つの方向性を出したい。良い形を模索していきたい」とコメントした。

おすすめの記事

人事実務の重要判例「同一労働同一賃金」長澤運輸事件高裁判決

人事実務の重要判例「同一労働同一賃金」長澤運輸事件高裁判決
最近の労働裁判例の中から、人事実務の参考になる重要な裁判例として、長澤運輸事件の東京高裁判決(東京高等裁判所平成28年11月2日判決)を紹介します。
5 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

上場企業の2018年卒大学生の初任給は21万1039円、初任給の“全学歴引き上げ”約4割

上場企業の2018年卒大学生の初任給は21万1039円、初任給の“全学歴引き上げ”約4割

 労務行政研究所が東証第1部上場企業239社を対象に実施した初任給調査によると、2018年度の大学卒者の初任給は21万1039円となっていることが分かった。2018年度の初任給を「全学歴引き上げ」した企業は39.7%に上った。
大学生の就職率が過去最高の98.0%

大学生の就職率が過去最高の98.0%

 今春卒業した大学生の就職率が過去最高となったことが、厚生労働省と文部科学省の就職内定状況等の共同調査で分かった。
未充足の求人がある事業所が58%、宿泊業、飲食サービス業、医療・福祉では7割超と人手不足続く

未充足の求人がある事業所が58%、宿泊業、飲食サービス業、医療・福祉では7割超と人手不足続く

 未充足の求人がある事業所が58%に上ることが、厚生労働省の2月の労働経済動向調査で分かった。宿泊業・飲食サービス業、医療、福祉業では7割以上となっている。
大学生の就職内定率91.2%、調査開始以来の最高値を記録

大学生の就職内定率91.2%、調査開始以来の最高値を記録

 今春卒業予定の大学生の就職内定率が91.2%となったことが分かった。厚生労働省と文部科学省が就職内定状況等を共同で調査し、2018年2月1日現在の状況を取りまとめた。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース