2018年6月13日

2018年の転職人気企業トップは前年同様「トヨタ自動車」

 人材サービスのパーソルキャリア(東京・千代田、峯尾太郎社長)が実施した「DODA転職人気企業ランキング 2018」によると、2018年の転職人気企業ランキングは1位「トヨタ自動車」(4679ポイント)、2位「グーグル」(4200ポイント)、3位「ソニー」(1690ポイント)という結果となった。

 (21707)

 4位「全日本空輸(ANA)」(1514ポイント)までの4社の順位は前年と変化はなかったが、1位と2位の2社は圧倒的な支持を集め、3位以下の企業に倍以上のポイント差をつけた。

 トヨタ自動車は、EVなど新エネルギー車の販売拡大や、車のIT化、自動化などの技術革新を牽引している。「技術力が高く、品質が安定しているから」「世界のトヨタだから」「名実ともに日本を代表する企業だから」といった、世界的な技術力とブランド力を高く評価する投票理由が目立った。

 2位のグーグルには「社員の個性、自主性を大事にしている」「イノベーションに満ちあふれた企業だから」といった投票理由が寄せられ、中でも「自由」「楽しい」「最先端」の3つのキーワードが数多く見られた。

 ランキング上位30社の中で、前年から順位を10位以上アップした急上昇企業は、7位「ソフトバンク」(前年比+12位)、13位「リクルートホールディングス」(+14位)、15位「任天堂」(+18位)、19位「東日本電信電話(NTT東日本)」(+22位)の4社だった。

【転職人気企業ランキング トップ10】
1位 トヨタ自動車 4679ポイント
2位 グーグル 4200ポイント
3位 ソニー 1690ポイント
4位 全日本空輸(ANA) 1514ポイント
5位 楽天 1264ポイント
6位 パナソニック 1006ポイント
7位 ソフトバンク 958ポイント
8位 Apple Japan 936ポイント
9位 日本航空(JAL) 869ポイント
10位 ヤフー 785ポイント

 男女別にみると、男性は昨年同様、1位トヨタ自動車、2位グーグル、3位ソニーとなった。女性のトップ2は昨年同様、1位グーグル、2位トヨタ自動車だったが、3位は楽天だった。

【男性 転職人気企業ランキング トップ5】
1位 トヨタ自動車
2位 グーグル
3位 ソニー
4位 全日本空輸(ANA)
5位 ソフトバンク

【女性 転職人気企業ランキング トップ5】
1位 グーグル
2位 トヨタ自動車
3位 楽天
4位 全日本空輸(ANA)
5位 日本航空(JAL)

 調査は、2018年2月14日~19日、22~59歳のホワイトカラー系の職種の正社員の男女を対象に実施し、5975人の回答を得た。

おすすめの記事

試用期間で適性見極め解雇するためには~試用期間中の解雇、試用目的の有期契約の重要判例

試用期間で適性見極め解雇するためには~試用期間中の解雇、試用目的の有期契約の重要判例
多くの会社では、新卒採用か、中途採用かを問わず、正社員の採用に当たり、就業規則の規定に基づいて、一定の試用期間が設けられることがあります。今回は試用期間中の解雇、試用目的の有期契約の重要判例について解説します。
5 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

求人数は前年比5.9%増、求人倍率は前年比0.1ポイント減となる2.36倍

求人数は前年比5.9%増、求人倍率は前年比0.1ポイント減となる2.36倍

 人材サービスのパーソルキャリア(東京・千代田、峯尾太郎社長)がまとめた「DODA 転職求人倍率レポート」によると、11月の転職求人数は前年同月比5.9%増、転職希望者数は同10.5%増となった。
2018年正社員36万人の平均年収414万円 パーソルキャリア調べ

2018年正社員36万人の平均年収414万円 パーソルキャリア調べ

 2018年のビジネスパーソンの平均年収は414万円となっていることが、人材サービスのパーソルキャリア(東京・千代田、峯尾太郎社長)がまとめた「平均年収ランキング2018」で明らかとなった。平均年収が最も高い職種は「弁護士」で829万円だった。
求人数は前年比6.7%増、調査開始以来の最高値を更新

求人数は前年比6.7%増、調査開始以来の最高値を更新

 人材サービスのパーソルキャリア(東京・千代田、峯尾太郎社長)がまとめた「DODA 転職求人倍率レポート」によると、10月の転職求人数は前年同月比6.7%増、転職希望者数は同14.1%増となった。求人数は調査開始(2008年1月)以来の最高値を2カ月ぶりに更新した。
求人数は前年比8.4%増となるも、求人倍率は0.01ポイント減の2.35倍に高止まり

求人数は前年比8.4%増となるも、求人倍率は0.01ポイント減の2.35倍に高止まり

 人材サービスのパーソルキャリア(東京・千代田、峯尾太郎社長)がまとめた「DODA 転職求人倍率レポート」によると、9月の転職求人数は前年同月比8.4%増、転職希望者数は同8.9%増となった。
求人数は最高値を更新、求人倍率は前月比0.22ポイント増の2.47倍

求人数は最高値を更新、求人倍率は前月比0.22ポイント増の2.47倍

 人材サービスのパーソルキャリア(東京・千代田、峯尾太郎社長)がまとめた「DODA 転職求人倍率レポート」によると、8月の転職求人数は前年同月比8.4%増、転職希望者数は同7.0%増となった。求人数は調査開始(2008年1月)以来の最高値を2カ月ぶりに更新した。
求人数は高止まりの一方、転職希望者数は大幅に増加

求人数は高止まりの一方、転職希望者数は大幅に増加

 人材サービスのパーソルキャリア(東京・千代田、峯尾太郎社長)がまとめた「DODA 転職求人倍率レポート」によると、7月の転職求人数は前年同月比7.7%増、転職希望者数は同10.6%増となった。
要注意!給与の不満から考える転職活動

要注意!給与の不満から考える転職活動

転職市場は引き続き活況であり、これを機に自身の転職について考える人も多いだろう。その中で「現状より給与アップ」は転職理由ベスト3に入る。しかし転職によって給与は上がるのか、現在の転職市場の状況を踏まえながら解説していく。
求人数は2カ月連続で最高値を更新、転職希望者数は関西で一時的に減少

求人数は2カ月連続で最高値を更新、転職希望者数は関西で一時的に減少

 人材サービスのパーソルキャリア(東京・千代田、峯尾太郎社長)がまとめた「DODA 転職求人倍率レポート」によると、6月の転職求人数、転職希望者数共に前年同月比9.6%増となった。求人数は調査開始(2008年1月)以来の最高値を2カ月連続で更新した。
2018年下半期の転職市場も求人数増加で活況の見込み パーソルキャリア

2018年下半期の転職市場も求人数増加で活況の見込み パーソルキャリア

 人材サービスのパーソルキャリア(東京・千代田、峯尾太郎社長)がまとめた「転職市場予測2018下半期」によると、2018年下半期(7月~12月)の転職市場全体における求人数は増加する見込みで、企業の採用意欲も旺盛な状況が続くとみている。
今年度の中途採用が本格化し、求人数は2カ月ぶりに最高値を更新

今年度の中途採用が本格化し、求人数は2カ月ぶりに最高値を更新

 人材サービスのパーソルキャリア(東京・千代田、峯尾太郎社長)がまとめた「DODA 転職求人倍率レポート」によると、5月の転職求人数は前年同月比11.2%増、転職希望者数は同14.2%増となった。求人数は調査開始(2008年1月)以来の最高値を2カ月ぶりに更新した。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース