2017年2月7日

実質賃金 5年ぶりに増加

 厚生労働省が発表した毎月勤労統計調査(速報、事業所規模5人以上)によると、2016年の実質賃金が5年ぶりに増加したことが分かった。

 (11528)

 16年の1人当たり月平均の現金給与総額は前年比0.5%増の31万5372円で、3年続けて増加した。物価変動を考慮した実質ベースでは前年比0.7%増で5年ぶりの増加となった。

 業種別に見ると、不動産・物品賃貸業36万7901円(前年比4.8%増)、複合サービス事業38万5492円(同2.5%増)、卸売業,小売業27万2383円(前年比1.8%増)などが増加した。

 一方、減少したのは金融業,保険業46万5562円(同1.4%減)、生活関連サービス等20万3553円(同1.0%減)、運輸業,郵便業34万230円(同0.1%減)の3業種のみだった。

 現金給与額のうち、所定内給与は24万267円(前年比0.2%増)、所定外給与は1万9468円(同0.6%減)、特別に支払われた給与は5万5637円(同2.0%増)。

 16年の1人当たり月平均の所定外労働時間は10.8時間(前年比1.6%減)で、製造業は15.7時間(同1.8%減)だった。

 同時に発表された16年12月の1人当たりの現金給与総額は、前年同月比0.1%増の54万4823円。物価変動を考慮した実質ベースでは前年同月比0.4%減で、1年ぶりのマイナスとなった。

 現金給与総額のうち、所定内給与は24万487円(前年同月比0.5%増)、所定外給与は2万9円(同1.9%減)、特別に支払われた給与は28万4327円(同0.1%減)。

 12月の1人当たりの所定外労働時間は11.1時間(前年同月比2.7%減)、製造業は16.7時間(同0.6%増)だった。

おすすめの記事

定額残業代制度によるトラブルを防ぐためには

定額残業代制度によるトラブルを防ぐためには
近年、若者を使い捨てにする「ブラック企業」が社会的問題になり、時間外労働に対する割増賃金や労働時間管理などに対する労働基準監督署の監督指導が強化されています。残業代を定額で支払うような制度の留意点について解説します。
5 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

実質賃金0.2%減、11カ月ぶりの減少 11月勤労統計

実質賃金0.2%減、11カ月ぶりの減少 11月勤労統計

 物価変動の影響を除いた実質賃金が前年同月比0.2%減となったことが、厚生労働省が発表した16年11月の勤労統計調査(速報、事業所規模5人以上)で分かった。
2月の現金給与総額0.4%増、実質賃金は横ばい

2月の現金給与総額0.4%増、実質賃金は横ばい

 2月の現金給与総額が前年同月比0.4%増となったことが、厚生労働省が発表した毎月勤労統計調査(速報、事業所規模5人以上)で分かった。実質賃金は前年同月と同水準だった。
現金給与0.5%増の27万274円、実質賃金は前年比横ばい 1月勤労統計

現金給与0.5%増の27万274円、実質賃金は前年比横ばい 1月勤労統計

 1月の平均現金給与総額は前年同月比0.5%増の27万274円で、実質賃金は前年同月と同水準となったことが、厚生労働省が発表した1月の勤労統計調査(速報、事業所規模5人以上)で分かった。
実質賃金横ばい、残業時間の減少続く 10月勤労統計

実質賃金横ばい、残業時間の減少続く 10月勤労統計

 物価変動の影響を除いた実質賃金が前年同月比で増減なしとなったことが、厚生労働省が発表した10月の勤労統計調査(速報、事業所規模5人以上)で分かった。
労働時間管理の労使の最新動向 改正労基法4月施行への対応 割増賃金率50%のみが多数、代替休暇制度は非現実的

労働時間管理の労使の最新動向 改正労基法4月施行への対応 割増賃金率50%のみが多数、代替休暇制度は非現実的

改正労基法が4月1日に施行された。法的義務である1カ月60時間を超える時間外労働に対する割増賃金率50%以外は対応しない企業も多いようだ。 不況で残業時間は大きく減少しているが、さらなる労務費の削減やワークライフバランスの観点からも業務の効率化に取り組む企業が増えている。 自社の現状や課題を踏まえた実務対応が求められる中、今回の改正に対する労使の対応を取材した。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

セミナー・イベント

プレスリリース