2017年8月21日

大学生が働きたいのは、仕事と私生活のバランスを自分でコントロールできる組織 リクルートキャリア調べ

 2018年3月卒業予定の大学生が働きたい組織の特徴は、仕事と私生活のバランスを自分でコントロールできることで、8割超の支持を得ていることがリクルートキャリア(東京・千代田、小林大三社長)の調査で分かった。

 (12981)

 大学生が最も働きたい組織として支持している項目(どちらかといえばを含む)は、「仕事と私生活のバランスを自分でコントロールできる」で86.4%となった。次いで、「安定し、確実な事業成長を目指している」が82.7%、「入社直後の給与は低いが、長く働き続けることで後々高い給与をもらえるようになる」が79.2%となった。

【大学生が働きたい組織の特徴 上位5項目】
1位 仕事と私生活のバランスを自分でコントロールできる 86.4%
2位 安定し、確実な事業成長を目指している 82.7%
3位 入社直後の給与は低いが、長く働き続けることで後々高い給与をもらえるようになる 79.2%
4位 コミュニケーションが密で、一体感を求められる 78.2%
5位 歴史や伝統がある企業である 76.4%

 男女文理別でみると、1位はすべての属性で「仕事と私生活のバランスを自分でコントロールできる」となり最も支持を集めた。

 2位は、男性の理系、女性の文系、女性の理系で「安定し、確実な事業成長を目指している」となったが、男性の文系のみが「入社直後の給与は低いが、長く働き続けることで後々高い給与をもらえるようになる」だった。

 女性は、「個人の生活をサポートする制度(休暇制度や各種手当など)を充実させる代わりに、給与は低い」の支持が高かった。

【大学生男性・文系が働きたい組織の特徴 上位5項目】
1位 仕事と私生活のバランスを自分でコントロールできる
2位 入社直後の給与は低いが、長く働き続けることで後々高い給与をもらえるようになる
3位 安定し、確実な事業成長を目指している
4位 コミュニケーションが密で、一体感を求められる
5位 歴史や伝統がある企業である

【大学生男性・理系が働きたい組織の特徴 上位5項目】
1位 仕事と私生活のバランスを自分でコントロールできる
2位 安定し、確実な事業成長を目指している
3位 入社直後の給与は低いが、長く働き続けることで後々高い給与をもらえるようになる
4位 コミュニケーションが密で、一体感を求められる
5位 歴史や伝統がある企業である

【大学生女性・文系が働きたい組織の特徴 上位5項目】
1位 仕事と私生活のバランスを自分でコントロールできる
2位 安定し、確実な事業成長を目指している
3位 個人の生活をサポートする制度(休暇制度や各種手当など)を充実させる代わりに、給与は低い
4位 コミュニケーションが密で、一体感を求められる
5位 入社直後の給与は低いが、長く働き続けることで後々高い給与をもらえるようになる

【大学生女性・理系が働きたい組織の特徴 上位5項目】
1位 仕事と私生活のバランスを自分でコントロールできる
2位 安定し、確実な事業成長を目指している
3位 個人の生活をサポートする制度(休暇制度や各種手当など)を充実させる代わりに、給与は低い
4位 入社直後の給与は低いが、長く働き続けることで後々高い給与をもらえるようになる
5位 コミュニケーションが密で、一体感を求められる

 調査は、2017年5月19日~31日、2018年3月卒業予定の大学生を対象に実施し、5671人の回答を得た。大学生5671人(男性・文系1898人、男性・理系1192人、女性・文系1833人、女性・理系748人)

おすすめの記事

メンタルヘルス不調社員に対する休職命令と自然退職

メンタルヘルス不調社員に対する休職命令と自然退職
「勤怠が乱れている」「勤務態度が不良の社員がいる」「勤務成績が著しく悪い社員がいる」などの悩みは、多かれ少なかれ、どの企業においても抱えていると思います。近年、企業からの相談で増えているのは、このような問題社員に精神的な不調が疑われるというケースです。
5 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

就活ルール廃止で、どうなる日本の就活?

就活ルール廃止で、どうなる日本の就活?

経団連が発表した「採用選考に関する指針」の廃止。企業だけでなく学生にもどのような影響があるのか解説していく。(文・溝上憲文編集委員)
2020年卒学生の過半数は大手志向 ディスコ調べ

2020年卒学生の過半数は大手志向 ディスコ調べ

 2020年卒学生を対象に就職活動について聞くと、過半数は大手志望であることがディスコ(東京・文京、新留正朗社長)の学生モニター調査で明らかとなった。
日本企業の9割超で「イノベーション」が主要な経営課題 マーサージャパン

日本企業の9割超で「イノベーション」が主要な経営課題 マーサージャパン

 92%の日本企業がイノベーションを今年の主要な経営課題とし、88%の日本企業が組織の再設計を計画していることが、マーサージャパンの「2018年グローバル人材動向調査」で明らかとなった。
3月時点で進路確定した2018年卒学生は9割半ば、前年上回る

3月時点で進路確定した2018年卒学生は9割半ば、前年上回る

 調査を実施した3月時点で、卒業後の進路が確定した大学生・大学院生はともに9割半ばと前年を上回っていることが、全国求人情報協会が実施した「2018年卒学生の就職活動の実態に関する調査」で明らかとなった。
2019年卒学生の就職内定率は65.7%、面接解禁月から6割超の高水準 ディスコ

2019年卒学生の就職内定率は65.7%、面接解禁月から6割超の高水準 ディスコ

 2019年卒業予定者の大学生の採用面接が6月1日に正式に解禁され、就職活動が山場を迎えている。2019年卒学生の6月1日現在の内定率は65.7%で、5月1日現在(42.2%)より23.5ポイント上昇していることがディスコ(東京・文京、新留正朗社長)の調査で分かった。
就活中の学生の本音、働き方の理想は“私生活優先”、“チームで仕事”

就活中の学生の本音、働き方の理想は“私生活優先”、“チームで仕事”

 2019年3月卒業予定の大学生にとって、働き方の理想は“私生活優先”、“チームで仕事”であることが、就職情報サービスのディスコ(東京・文京、新留正朗社長)の調査で明らかとなった。
大学生の就職率が過去最高の98.0%

大学生の就職率が過去最高の98.0%

 今春卒業した大学生の就職率が過去最高となったことが、厚生労働省と文部科学省の就職内定状況等の共同調査で分かった。
人気就職先1位は日本航空(JAL)、航空業界・総合商社が根強い人気

人気就職先1位は日本航空(JAL)、航空業界・総合商社が根強い人気

 2019年3月卒業予定の大学生が希望する就職先の人気ランキング1位は日本航空(JAL)であることが、人材サービスのディスコ(東京・文京、新留正朗社長)の調査で分かった。海外の大学で学ぶ日本人留学生が選んだ1位企業はP&Gだった。
2019年卒学生の内定率8.0%、前年越えのハイスピードで進む ディスコ

2019年卒学生の内定率8.0%、前年越えのハイスピードで進む ディスコ

 採用広報が解禁され、多くの学生が就職活動を開始した3月1日時点での内定率は8.0%となっていることが、人材サービスのディスコ(東京・文京、新留正朗社長)の調査で分かった。2月から3.4ポイント上昇しており、前年同期と比べても全体的に動きが早まっている。
2019年卒学生の就活 本選考3割超で「受けた」、内定取得は4.6%と前年超え

2019年卒学生の就活 本選考3割超で「受けた」、内定取得は4.6%と前年超え

 2019年卒学生を対象に、就職活動解禁1カ月前となる2月1日時点の選考の受験状況聞くと、筆記試験や面接など「本選考を受けた」という学生は31.8%で、3割を超えていることが、人材サービスのディスコ(東京・文京、新留正朗社長)の調査で分かった。内定取得は4.6%となっている。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース