2016年12月27日

11月の有効求人倍率1.41倍、2カ月続けて全都道府県で1倍を上回る

 厚生労働省が発表した11月の有効求人倍率(季節調整値)は1.41倍で、前月に比べて0.01ポイント上昇した。3カ月連続の上昇で、1991年7月(1.44倍)以来25年4カ月ぶりの高水準となった。

 (11035)

 新規求人倍率(季節調整値)は2.11倍で、前月と同じ水準。正社員有効求人倍率(季節調整値)は0.90倍で、前月に比べて0.01ポイント上昇した。

 有効求人(季節調整値)は前月に比べ0.1%減で、有効求職者(季節調整値)は0.3%減となった。

 新規求人(原数値)は前年同月比7.7%増。産業別にみると、生活関連サービス業,娯楽業(12.8%増)、 医療,福祉(10.6%増)、教育,学習支援業(9.6%増)、サービス業(9.6%増)などで増加した。

 都道府県別の有効求人倍率(季節調整値)は、就業地別の最高は福井県の1.92倍、最低は北海道の1.05倍、受理地別の最高は東京都の2.03倍、最低は北海道と沖縄県の1.02倍。

おすすめの記事

無期転換に伴う制度設計と就業規則見直しの留意点

無期転換に伴う制度設計と就業規則見直しの留意点
いわゆる有期契約労働者の無期転換申込権については、平成25年4月1日施行の労働契約法改正により、有期労働契約の濫用的な利用を抑制し労働者の雇用の安定を図ることを目的として、労働契約法第18条において定められました。無期転換に伴う制度設計と就業規則見直しの留意点を解説します。
5 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

2月の有効求人倍率1.58倍、前月比は5年超ぶりに減少

2月の有効求人倍率1.58倍、前月比は5年超ぶりに減少

 厚生労働省が発表した2018年2月の有効求人倍率(季節調整値)は1.58倍で、前月比は66カ月ぶりに0.01ポイント減少した。
2018年1月の有効求人倍率1.59倍、前月と同水準の高止まり

2018年1月の有効求人倍率1.59倍、前月と同水準の高止まり

 厚生労働省が発表した2018年1月の有効求人倍率(季節調整値)は1.59倍で、1990年(1.46倍)以降の最高値を記録した前月と同水準となった。
2017年12月の有効求人倍率1.59倍、1990年以降の最高値を更新

2017年12月の有効求人倍率1.59倍、1990年以降の最高値を更新

 厚生労働省が発表した2017年12月の有効求人倍率(季節調整値)は1.59倍で、1990年(1.46倍)以降の最高値更新が続いている。
11月の有効求人倍率1.56倍、1990年以降の最高値を2カ月連続で更新

11月の有効求人倍率1.56倍、1990年以降の最高値を2カ月連続で更新

 厚生労働省が発表した11月の有効求人倍率(季節調整値)は1.56倍で、1990年(1.46倍)以降の最高値を2カ月連続で更新した。
10月の有効求人倍率1.55倍、1990年以降の最高値を更新

10月の有効求人倍率1.55倍、1990年以降の最高値を更新

 厚生労働省が発表した10月の有効求人倍率(季節調整値)は1.55倍で、1990年(1.46倍)以降の最高値を更新した。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース