2019年12月20日

リスクモンスター/eラーニングで管理職の課題解決スキルの向上を支援 他

人事部門の生産性を高めるためには、パートナーとなる人材会社選びやサービスの有効活用が欠かせない。注目サービスの特徴や活用法などを紹介する 【リスクモンスター、レアジョブ、キャプラン、リーガルテック】

リスクモンスター/eラーニングで管理職の課題解決スキルの向上を支援【管理職向けeラーニング】

 長時間労働是正やダイバーシティ推進、多様な社員をマネジメントする管理職の育成ニーズは高い。

 リスクモンスターは、法人向けに「働き方改革シリーズ」など、トータル15コースのeラーニングサービスの提供を開始。「働き方改革」、「職場のケア」、「管理者必修」、「中間管理職のためのチームマネジメント」、「論理構築」の5シリーズに分かれており、個人・組織の両面からとらえた管理職の育成をサポートする。

 コースは、管理職に必要なマネジメントの基礎知識を総合的に学べるものから、近年企業が抱えるグローバル化や多様性などの課題について正しい知識と対応方法を習得できるものまで揃えており、受講者はテストや理解度チェックによって、自身の理解度を確認しながら学びを深めていくことができる。

 そのため、これらのプログラムを総合的に学習することにより、企業の状況に応じた課題解決スキルの高い管理職の早期育成が可能となる。
働き方改革をeラーニング学ぶ

働き方改革をeラーニング学ぶ

リスクモンスター「400コース以上のeラーニングと公開研修を組み合わせ、ニーズに合わせた実践力を養います」 - 人材コンサルティング会社&サービスガイド100選

リスクモンスター「400コース以上のeラーニングと公開研修を組み合わせ、ニーズに合わせた実践力を養います」 - 人材コンサルティング会社&サービスガイド100選
リスクモンスターは、与信管理サービスを提供する上場企業として、1万以上の法人会員を持つ。研修コンテンツは、eラーニングサービスで20年の実績があるグループ会社のサイバックスが作成しており、幅広いラインアップとアニメーション、映像等を活用した飽きのこない内容が評価されている。2200社以上の導入実績があり、eラーニング、公開研修、受講管理システムをワンストップで提供できる点も選ばれる理由だろう。(日本人材ニュース編集部の評価)

レアジョブ、キャプラン/オンライン英会話と対面研修でグローバルリーダーを育成【グローバルリーダー育成研修】

 近年、ビジネスの海外事業展開やダイバーシティ経営が進むなか、その中核を担うグローバルリーダーのスキル向上が企業発展の大きな鍵となっており、各企業においてリーダーの人材育成が喫緊の課題だ。

 そのため、レアジョブとキャプランは業務提携を行い、グローバルリーダー育成研修プログラムの共同提案と開発を開始した。同プログラムでは、レアジョブの特色であるオンラインによる時間・場所を選ばない英会話サービスと、キャプランの特色である対面研修とを組み合わせることで、2社の強みを活かして継続的に受講者を支援していく。研修期間は最大6カ月で、自社に合わせて個別にカスタマイズが可能。

 中長期的には、アセスメントから研修プログラムまでをデータ化し、双方で蓄積・解析することで研修効果を測定し、個々人に最も適した研修プログラムの提供を予定しており、企業の次世代グローバルリーダーの育成に貢献していく。
レアジョブ英会話サービスサイト

レアジョブ英会話サービスサイト

レアジョブ「講師6000人・4000教材の圧倒的な対応力で、実践的なビジネス英語力を確実に向上させます」 - 人材コンサルティング会社&サービスガイド100選

レアジョブ「講師6000人・4000教材の圧倒的な対応力で、実践的なビジネス英語力を確実に向上させます」 - 人材コンサルティング会社&サービスガイド100選
レアジョブは誰もが英語を話せるようになることを目指したオンライン英会話事業を展開する上場企業。大企業や高い品質へのニーズに対応できるように講師や教材の数・レベルを高め続けることで、法人向けサービスの導入企業を着実に増やしてきた。短期間で英会話力を確実にレベルアップさせることを約束する「スマートメソッドコース」は、学習の「機会」を提供するだけではなく「成果」にコミットし、学習効果の見える化を実現する注目サービスだ。(日本人材ニュース編集部の評価)

リーガルテック/機密情報共有クラウドで人事の個人情報を保護【人事情報共有プラットフォーム】

 良い人材を確保するためには人材会社との情報共有が欠かせず、そのためには安全に個人情報を共有できるプラットフォームが必要だ。

 リーガルテックの「AOSデータルーム 人事管理」は、人事デューデリや人材採用を行う際に個人情報を含む人事情報を共有するプラットフォーム。同社の機密情報共有クラウドサービス「AOSデータルーム」を人事に特化させたもので、人事情報を共有する際に個人情報が保護された状態でデータを安全に共有することが可能。

 OCR機能も標準搭載されており、紙ファイルも自動的にテキストデータに変換できるため、クラウド上での情報共有が可能となりコスト削減にもつながる。

 導入済みの企業からは、ダウンロードの制限やログを見ることで共有した書類の扱いも確認できるため、人事の個人情報を安全に共有できるうえに業務が効率化されたと好評だ。
「AOSデータルーム 人事管理」の6つの特徴

「AOSデータルーム 人事管理」の6つの特徴

11 件

関連する記事

レアジョブ/英語スピーキング力測定システムを開発 他

レアジョブ/英語スピーキング力測定システムを開発 他

採用・育成・組織開発・HRテックの最新サービス情報を紹介する【レアジョブ、みらいワークス、パーソルテンプスタッフ、マイナビグローバル】
SIGNATE/データサイエンス学生のオンラインインターン 他

SIGNATE/データサイエンス学生のオンラインインターン 他

採用・育成・組織開発・HRテックの最新サービス情報を紹介する【SIGNATE、ライフワークス、リスクモンスター、ピーシーアシスト、パーソルイノベーション】