2017年10月16日

【新卒採用】インターンシップを含めた早期母集団形成に時間を取られている

ジョブウェブ 新治 嘉章 代表取締役社長

 (13420)

 「前年と比べて、内定承諾率や選考の承諾率は向上しましたか」。18年卒採用の最大の課題は内定承諾率も含めた選考の移行率の向上だと考えています。そして、「その課題に向けて何か解決策は予定されていますか」。これに対して考えられていないことが19年卒採用ですでに起きている課題ではと考えています。

 解決策を考えられていない原因の多くは、「インターンシップを含めた早期母集団形成に時間を取られていること」です。前年の辞退率を考えると、一定の母集団数が必要。しかし、早期活動の競争も激化しているため前年よりも難易度が増し、母集団数の改善に時間が取られています。このサイクルから抜け出すには、採用活動のKPIを母集団人数ではなく、採用ターゲットの出現率に置き、施策の効率性を高めてはいかがでしょうか。

 売り手市場化で、選考中の学生一人一人と向き合うことの重要性が高まる中、ターゲットではない学生との接触は避けたいはずです。採用ターゲットの出現率を高めるには、ターゲットがどのようなニーズを抱いているか。そして、そのニーズに自社は何が応えられるか。このニーズと自社が応えられることの合わさることが施策となります。

 当社でもインターンシップに変わる施策に取り組んでいますが、社内の研修や勉強会に学生枠を設けても良いかもしれないですし、動画などのウェブコンテンツで常に見れる状態の方が学生は助かるかもしれません。

 採用ターゲットのニーズが想像つかない場合は、ターゲットがどのような学生生活を過ごしているかを整理します。学生生活は何に取り組んできたか、どんな人との接点が多そうかなどです。ターゲットの学生生活が想像つかない場合は、ターゲットの抽象度が高いか、逆に求める要素が多すぎて人物が想像つかない状況かもしれません。

 採用ターゲットのニーズに応え続ける採用活動ができていれば、必然的に承諾率や移行率が高まっていくはずです。自社の採用ターゲットはどのようなニーズを抱いていそうでしょうか。
3 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

【新卒採用】採用ターゲットの学生に限定したインターンシップや説明会が増加

【新卒採用】採用ターゲットの学生に限定したインターンシップや説明会が増加

アクセスヒューマネクスト 冨澤 一憲 代表取締役社長
大学生の就職内定率87.9%と同時期で過去最高、関東では90%超

大学生の就職内定率87.9%と同時期で過去最高、関東では90%超

 今春卒業予定の大学生の就職内定率が87.9%となったことが分かった。厚生労働省と文部科学省が就職内定状況等を共同で調査し、2018年12月1日現在の状況を取りまとめた。
大卒初任給20万6700円、すべての学歴で前年超

大卒初任給20万6700円、すべての学歴で前年超

 2018年の大卒初任給は前年比0.3%増となる20万6700円で、すべての学歴で前年を上回ったことが厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」で分かった。
10月1日現在の大学生の就職内定率77.0%、3年連続で調査開始以来の最高値を更新

10月1日現在の大学生の就職内定率77.0%、3年連続で調査開始以来の最高値を更新

 来春卒業予定の大学生の就職内定率が77.0%となったことが分かった。厚生労働省と文部科学省が就職内定状況等を共同で調査し、10月1日現在の状況を取りまとめた。
2019年卒学生の採用充足率8割台、採用活動は前年より厳しかった企業が4割超

2019年卒学生の採用充足率8割台、採用活動は前年より厳しかった企業が4割超

 2019年卒学生の「採用充足率」(内定者数/募集人数)は前年を1.4ポイント上回る84.4%となっており、企業にとって厳しい状況が続いていることが、マイナビ(東京・千代田、中川信行社長)の「2019年卒マイナビ企業新卒内定状況調査」で明らかとなった。
2020年卒学生の過半数は大手志向 ディスコ調べ

2020年卒学生の過半数は大手志向 ディスコ調べ

 2020年卒学生を対象に就職活動について聞くと、過半数は大手志望であることがディスコ(東京・文京、新留正朗社長)の学生モニター調査で明らかとなった。
LINEと連携できる新卒採用管理システム「Reworks Cloud」で学生の返信率向上、選考参加者数1.5倍を実現

LINEと連携できる新卒採用管理システム「Reworks Cloud」で学生の返信率向上、選考参加者数1.5倍を実現

新卒採用で会社説明会に予約していないエントリー学生に対して、メールや電話で予約を促す業務に忙殺される採用担当者は多い。しかし、メールを見ず、電話にも出ないという学生が急増。そこで、リアライブ社が提供する、学生の主要な連絡手段である「LINE」と連携した新卒採用管理システム「Reworks Cloud」に注目したい。
2019年の新卒採用は“予定数の確保が難しい”が3社に1社 マイナビ調べ

2019年の新卒採用は“予定数の確保が難しい”が3社に1社 マイナビ調べ

 2019年卒学生の採用について3社に1社が「採用予定数の確保は難しい」と回答していることが、マイナビ(東京・千代田、中川信行社長)の実施した「2019年卒マイナビ企業採用活動調査」で明らかとなった。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部(レポート担当) 編集部(レポート担当)
セミナー・イベント一覧

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース