2017年10月16日

【新卒採用】インターンシップを含めた早期母集団形成に時間を取られている

ジョブウェブ 新治 嘉章 代表取締役社長

 (13420)

 「前年と比べて、内定承諾率や選考の承諾率は向上しましたか」。18年卒採用の最大の課題は内定承諾率も含めた選考の移行率の向上だと考えています。そして、「その課題に向けて何か解決策は予定されていますか」。これに対して考えられていないことが19年卒採用ですでに起きている課題ではと考えています。

 解決策を考えられていない原因の多くは、「インターンシップを含めた早期母集団形成に時間を取られていること」です。前年の辞退率を考えると、一定の母集団数が必要。しかし、早期活動の競争も激化しているため前年よりも難易度が増し、母集団数の改善に時間が取られています。このサイクルから抜け出すには、採用活動のKPIを母集団人数ではなく、採用ターゲットの出現率に置き、施策の効率性を高めてはいかがでしょうか。

 売り手市場化で、選考中の学生一人一人と向き合うことの重要性が高まる中、ターゲットではない学生との接触は避けたいはずです。採用ターゲットの出現率を高めるには、ターゲットがどのようなニーズを抱いているか。そして、そのニーズに自社は何が応えられるか。このニーズと自社が応えられることの合わさることが施策となります。

 当社でもインターンシップに変わる施策に取り組んでいますが、社内の研修や勉強会に学生枠を設けても良いかもしれないですし、動画などのウェブコンテンツで常に見れる状態の方が学生は助かるかもしれません。

 採用ターゲットのニーズが想像つかない場合は、ターゲットがどのような学生生活を過ごしているかを整理します。学生生活は何に取り組んできたか、どんな人との接点が多そうかなどです。ターゲットの学生生活が想像つかない場合は、ターゲットの抽象度が高いか、逆に求める要素が多すぎて人物が想像つかない状況かもしれません。

 採用ターゲットのニーズに応え続ける採用活動ができていれば、必然的に承諾率や移行率が高まっていくはずです。自社の採用ターゲットはどのようなニーズを抱いていそうでしょうか。
3 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

18年卒学生の65%がインターンシップに参加、平均2.9社

18年卒学生の65%がインターンシップに参加、平均2.9社

 2018年卒学生の就職活動についてマイナビ(東京・千代田、中川信行社長)が行った調査によると、6割以上の学生がインターンシップに参加し、5年前の2倍以上になっていることが分かった。
社員の「目指すべき姿」を明確に伝える採用メッセージを発信 JK ホールディングス 大塩茂樹  人材開発課長 

社員の「目指すべき姿」を明確に伝える採用メッセージを発信 JK ホールディングス 大塩茂樹 人材開発課長 

万人受けする採用メッセージから、社員が「目指すべき姿」を明確に掲げて求める人物像を伝えるメッセージに切り替えて採用効率を大幅に高めることに成功したJKホールディングス。採用の変革をリードしてきた人材開発課長の大塩茂樹氏に取り組み内容などを聞いた。
10月1日現在の大学生の就職内定率75.2%、調査開始以来の最高値を更新

10月1日現在の大学生の就職内定率75.2%、調査開始以来の最高値を更新

 来春卒業予定の大学生の就職内定率が75.2%となったことが分かった。厚生労働省と文部科学省が就職内定状況等を共同で調査し、10月1日現在の状況を取りまとめた。
【新卒採用】新卒紹介やダイレクト・リクルーティングなど、採用手法の多様化進む

【新卒採用】新卒紹介やダイレクト・リクルーティングなど、採用手法の多様化進む

ベネッセi-キャリア 村嶋 孝夫 新卒事業本部 新卒ソリューション事業部 キャリアアドバイザー課 課長

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部(レポート担当) 編集部(レポート担当)

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース