2013年6月14日

部下の育成に悩む課長が増加、4割弱がメンタル不安の部下を持つ

 部下の育成に悩み、メンタルヘルスのケアにも目を配る――このような課長の姿が、業能率大学が従業員数100人以上の上場企業で働く課長を対象に実施した調査で浮き彫りになった。

 (8706)

 調査結果によると、現在悩みを抱えている課長は約9割(88.8%)。内容で最も多かったのは、「部下がなかなか育たない」(41.8%)で、2年前の前回調査(29.7%)から12.1ポイント増加した。

 前回調査では、「業務業が多すぎて余裕が無い」(前回33.6%、今回37.3%)、「部下の人事評価が難しい」(同32.9%、同21.7%)、「部下がなかなか育たない」(同29.7%、同41.8%)の順に多かったが、今回は「部下がなかなか育たない」がトップとなった。

 また、メンタルヘルスに不安を持つ部下がいる課長が4割弱(37.7%)となっている。
 
 今後のキャリア(最終的になりたい役職)については、「部長」(同36.0%、同38.5%)と「課長(現状維持)」(同33.2%、同33.0%)で、全体の7割を占めた。

 「経営者」(前回5.8%、今回2.8%)や「役員」(同15.4%、同12.2%)を目指す課長は減少し、「プレーヤーに戻る」(同9.6%、同13.5%)との回答が増加している。

 調査は、従業員数100人以上の上場企業で働く課長600人(男性583人/女性17人)から回答を得た。
2 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

メンタルヘルス対策に取り組んでいる事業所は5割超、小規模事業所で遅れ

メンタルヘルス対策に取り組んでいる事業所は5割超、小規模事業所で遅れ

 メンタルヘルス対策に取り組んでいる事業所の割合は56.6%となっていることが、厚生労働省の「労働安全衛生調査」で明らかとなった。
相談件数2年連続で1万件を超える、最大の悩みは「職場の問題」

相談件数2年連続で1万件を超える、最大の悩みは「職場の問題」

 全国に相談室と無料の電話相談を開設する日本産業カウンセラー協会の集計によると、2016年度の相談件数は2年連続で1万件を超え、最大の悩みは「職場の問題」であることが明らかとなった。
「過重労働解消相談」1日で712件、家族からの相談も199件

「過重労働解消相談」1日で712件、家族からの相談も199件

 厚生労働省が11月6日に実施した「過重労働解消相談ダイヤル」に712件の相談があった。労働者本人だけでなく、労働者の家族からの相談も199件あった。
ビジネスパーソンの職場の悩みの約4割は人間関係

ビジネスパーソンの職場の悩みの約4割は人間関係

 ビジネスパーソンの職場の悩みはもっぱら人間関係であることが「働く人の電話相談室」を開設した日本産業カウンセラー協会の集計で分かった。人間関係に悩んでいる人は約4割にも上った。
メンタルヘルスの不調で休業者が多いのは“情報通信業”

メンタルヘルスの不調で休業者が多いのは“情報通信業”

 過去1年間にメンタルヘルス不調で連続1カ月以上休業した労働者の割合を産業別に見ると「情報通信業」が1.3%と最も高くなっていることが、厚生労働省が実施した調査で分かった。メンタルヘルス不調で退職した労働者は、「情報通信業」、「宿泊業・飲食サービス業」、「医療・福祉」が0.4%と最も高かった。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース