2018年12月24日

人材採用、社員研修や働き方改革を支援する企業が新規上場

2018年は、人材採用、社員研修や働き方改革を支援する人材サービス関連企業の新規上場が相次いだ【SERIOホールディングス、日総工産、ヒューマン・アソシエイツ・ホールディングス、チームスピリット、CRGホールディングス、アクセスグループ・ホールディングス、アルー、ツクイスタッフ、ポート、テノ.ホールディングス】

 (24655)

 特に医療、介護、保育などの人材不足が深刻な分野で事業を拡大し、上場を達成した企業が目立った。また、働き方改革に伴う勤怠管理の強化、ストレスチェックの義務化、社員の能力開発の充実など、企業人事の課題解決を支援する企業も上場している。

 今年の主な新規上場企業は次の通り(社名、事業内容、売上高、上場日)

◆SERIOホールディングス、既婚女性の人材派遣、50億円、3月2日

◆日総工産、製造派遣・請負、592億円、3月16日

◆ヒューマン・アソシエイツ・ホールディングス、人材紹介・メンタルヘルスケア、19億円、4月10日

◆チームスピリット、勤怠管理・経費精算・工数管理システム、12億円、8月22日

◆CRGホールディングスコールセンター、介護・看護の人材派遣、206億円、10月10日

◆アクセスグループ・ホールディングス、新卒・若年者・外国人留学生の採用支援、45億円、11月6日

◆アルー、社員研修、19億円、12月11日

◆ツクイスタッフ、介護・医療の人材派遣、77億円、12月17日

◆ポート、就職・転職サイト、19億円、12月21日

◆テノ.ホールディングス、保育士派遣、66億円、12月21日
2 件

人事向け限定情報を配信中

人事向け限定情報を配信中