2015年10月30日

【技術の人材派遣動向】建設業界は引き続き売り手市場、BIMオペレーターの求人増加

ヒューマンリソシア 高橋 哲雄 コンストラクション営業本部 本部長

 (3456)

 建設業界は、人手不足を背景に採用を増やしており、引き続き売り手市場となっています。これは、全国での防災・減災対策工事の増加に加え、東京五輪に向けたインフラ整備や都市部の大規模再開発などの需要が見込まれているためです。
 当社が得意とするCADオペレーターにおいても建築・土木・設備など全般的に需要が拡大しており、8月の派遣スタッフ募集時の平均時給は7カ月連続で前年同期比プラスとなっています。
 実務経験の豊富なCADオペレーターに対するニーズは、今後も増加する見込みです。その一方で、人材確保を優先し、「多少なりとも実務経験があれば」というニーズも増加しており、経験年数の浅い派遣スタッフにも活躍の場が広がっており、まさに売り手市場の状況です。
 最近では、職業訓練校や専門スクールを卒業した実務未経験者であっても、採用の検討対象となる機会も増えてきており、建設関連各社の人材確保に対する積極的な姿勢が見受けられます。当社としてもこうした企業の積極姿勢に応えるべく、人材の確保・育成に動いています。
 また、最近の需要動向として注目をしているのが、BIM(Building Information Modeling)の求人増加です。BIMはグローバル建設市場ではスタンダードな存在ですが、ここにきて国内大手ゼネコンを中心に急速に普及が進んでいます。

 建設各社では、自社社員への育成を進めながら、一方で不足するBIMオペレーターの新規採用を進めています。しかし、市場に経験者がほとんどいない上、本格的にオペレーター育成に取り組む教育機関もまだまだ少ないことから、人材の確保が進んでいない状況です。
 当社では、今後さらにBIMを使える人材の需要が高まると予想し、代表的なBIMソフトの「ArchiCAD」「RevitArchitecture」「GLOOBE」といったBIMオペレーターの育成をはじめています。

ヒューマンリソシア「グループの総合力で専門人材を育成し、企業の人材確保・活用の最適化を支援します」 - 人材コンサルティング会社ガイド100選

ヒューマンリソシア「グループの総合力で専門人材を育成し、企業の人材確保・活用の最適化を支援します」 - 人材コンサルティング会社ガイド100選
御旅屋 貢 代表取締役
8 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

労働者派遣事業の2016年度売上高は6兆5798億円、3年連続で増加

労働者派遣事業の2016年度売上高は6兆5798億円、3年連続で増加

 労働者派遣事業の2016年度の売上高は6兆5798億円で、3年連続で増加したことが、厚生労働省が労働者派遣事業を行う7万754事業所が提出した事業報告を集計した結果で分かった。
ANA品質の「人財」を提供し、企業の生産性向上を支援する ANAビジネスソリューション 矢澤潤子社長

ANA品質の「人財」を提供し、企業の生産性向上を支援する ANAビジネスソリューション 矢澤潤子社長

ANAビジネスソリューションは、人材派遣・紹介、教育・研修事業などを行っており、ANAグループのOB・OGなどの豊富な実務経験を持つ「人財」をスピーディーに提供できることが強みだ。付加価値の高いサービスによって多くの企業の生産性向上を支援し、信頼を得ている同社の矢澤潤子社長にサービスの特長や最近の状況などを聞いた。
ストライプインターナショナルとパーソルテンプスタッフがサービス利用における業務提携を開始 パーソルホールディングス

ストライプインターナショナルとパーソルテンプスタッフがサービス利用における業務提携を開始 パーソルホールディングス

 アパレルメーカーのストライプインターナショナル(岡山・岡山、石川康晴社長)と、総合人材サービスのパーソルグループで人材派遣・アウトソーシング事業を手掛けるパーソルテンプスタッフ(東京・渋谷、和田孝雄社長)は、ストライプインターナショナルが運営するファッションレンタルアプリ「mechakari(メチャカリ)」のサービス利用における業務提携を開始した。
パーソル、オーストラリア最大級の人材派遣会社を買収へ

パーソル、オーストラリア最大級の人材派遣会社を買収へ

パーソルホールディングス(東京・渋谷、水田正道社長)は、オーストラリア最大級の人材派遣・メンテナンス会社のProgrammed Maintenance Services(プログラムド社)を約691億円で買収すると発表した。
労働者派遣事業の2015年度売上高は5兆6790億円、2年続けて増加もピークの7割

労働者派遣事業の2015年度売上高は5兆6790億円、2年続けて増加もピークの7割

 労働者派遣事業の2015年度の売上高は5兆6790億円で、2年続けて増加したことが、厚生労働省が労働者派遣事業を行う7万7956事業所が提出した事業報告を集計した結果で分かった。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部(レポート担当) 編集部(レポート担当)

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース