2018年8月3日

育児休業取得率は女性83.2%、男性5.14%

 女性の育児休業取得率は83.2%、男性は5.14%となっていることが、厚生労働省が発表した2017年度雇用均等基本調査で分かった。男性の育児休業取得率は前年比約2ポイントの増加で、過去最高を更新した。

 (22197)

 2015年10月1日から2016年9月30日までの1年間に在職中に出産した女性のうち、2017年10月1日までに育児休業を開始した者(育児休業の申出をしている者を含む)の割合は83.2%と、前回調査(2016年度81.8%)より1.4ポイント上昇した。

 また、同期間内に出産した、制度の対象となる有期契約労働者の育児休業取得率は70.7%で、前回調査(同70.0%)より0.7ポイント上昇した。

 2015年10月1日から2016年9月30日までの1年間に配偶者が出産した男性のうち、2017年10月1日までに育児休業を開始した者(育児休業の申出をしている者を含む)の割合は5.14%と、前回調査(同3.16%)より1.98ポイント上昇した。

 また、同期間において、制度の対象となる有期契約労働者の育児休業取得率は5.69%で、前回調査(同3.42%)より2.27ポイント上昇した。

 育児休業制度の規定がある事業所の割合は、事業所規模5人以上では75.0%(2016年度76.6%)、事業所規模30人以上では93.2%(同95.3%)となっており、2016年度調査より事業所規模5人以上では1.6ポイント、事業所規模30人以上では2.1ポイント低下した。

 産業別にみると、規定がある事業所の割合は、金融業・保険業(98.7%)、複合サービス事業(98.6%) 、電気・ガス・熱供給・水道業(95.4%)、情報通信業(91.1%)、教育・学習支援(90.8%)で高くなっている。

 育児のための所定労働時間の短縮措置等の制度がある事業所の割合は、69.6%となっており、前回調査(2016年度65.6%)に比べ4.0ポイント上昇した。

 産業別にみると、複合サービス事業(98.5%)、金融業・保険業(96.2%)、電気・ガス・熱供給・水道業(92.7%)において、制度がある事業所の割合が高くなっている。

 育児のための所定労働時間の短縮措置等の各種制度の導入状況(複数回答)をみると、「短時間勤務制度」66.4%(2016度60.8%)、「所定外労働の制限」62.5%(同55.9%)、「始業・終業時刻の繰上げ・繰下げ」36.6%(同33.6%)の順で多くなっている。

おすすめの記事

セクハラ発言で出勤停止処分 最高裁が有効と判断

セクハラ発言で出勤停止処分 最高裁が有効と判断
平成27年2月26日、最高裁で、身体的接触を伴わないセクハラに対する出勤停止という重い懲戒処分を有効とした判決がなされ(L館事件:最高裁HP http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/883/084883_hanrei.pdf)、多くの報道がなされる等注目を集めました。また本事件は、ある行為の懲戒事由該当性や出勤停止処分の相当性につき、大阪地裁、大阪高裁及び最高裁で判断が分かれた点もあり、セクハラに関する対応の難しさも示すものとなりました。
5 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

10月の実質賃金0.1%減、現金給与総額は1.5%増

10月の実質賃金0.1%減、現金給与総額は1.5%増

 物価変動の影響を除いた実質賃金は前年同月と比べ0.1%減となったことが、厚生労働省が発表した10月の勤労統計調査(速報、事業所規模5人以上)で分かった。
9月の実質賃金0.4%減、現金給与総額は1.1%増

9月の実質賃金0.4%減、現金給与総額は1.1%増

 物価変動の影響を除いた実質賃金は前年同月と比べ0.4%減となったことが、厚生労働省が発表した9月の勤労統計調査(速報、事業所規模5人以上)で分かった。
週労働時間60時間以上の雇用者を5%以下に 過労死等防止対策白書

週労働時間60時間以上の雇用者を5%以下に 過労死等防止対策白書

 政府の発表した「過労死等防止対策白書」には、週労働時間60時間以上の雇用者の割合を現状の7.7%から2020年までに5%以下にするなど「過労死等の防止のための対策に関する大綱」の目標が記載された。
1日の労働時間は平均7時間46分、有給休暇の取得率は5割超

1日の労働時間は平均7時間46分、有給休暇の取得率は5割超

 1日の所定労働時間は、1企業平均7時間46分(前年7時間45分)、労働者1人平均7時間45分(同7時間43分)となっていることが厚生労働省の「就労条件総合調査」で明らかとなった。
8月の実質賃金0.6%減、現金給与総額は0.9%増

8月の実質賃金0.6%減、現金給与総額は0.9%増

 物価変動の影響を除いた実質賃金は前年同月と比べ0.6%減となったことが、厚生労働省が発表した8月の勤労統計調査(速報、事業所規模5人以上)で分かった。
7月の実質賃金0.4%増、現金給与総額は1.5%増

7月の実質賃金0.4%増、現金給与総額は1.5%増

 物価変動の影響を除いた実質賃金は前年同月と比べ0.4%増となったことが、厚生労働省が発表した7月の勤労統計調査(速報、事業所規模5人以上)で分かった。
労働時間管理と非正規社員の待遇格差を見直す【人事実務のポイント解説】

労働時間管理と非正規社員の待遇格差を見直す【人事実務のポイント解説】

働き方改革がいよいよ法制化され、時間外労働の上限規制や同一労働同一賃金への本格的な対応に迫られる。労働時間管理と非正規社員の待遇格差の見直しにおける人事実務の対応ポイントについて、社会保険労務士の細川芙美氏に解説してもらった。
6月の実質賃金2.8%増、現金給与総額は3.6%増

6月の実質賃金2.8%増、現金給与総額は3.6%増

 物価変動の影響を除いた実質賃金は前年同月と比べ2.8%増となったことが、厚生労働省が発表した6月の勤労統計調査(速報、事業所規模5人以上)で分かった。
5月の実質賃金1.3%増、現金給与総額は2.1%増

5月の実質賃金1.3%増、現金給与総額は2.1%増

 物価変動の影響を除いた実質賃金は前年同月と比べ1.3%増となったことが、厚生労働省が発表した5月の勤労統計調査(速報、事業所規模5人以上)で分かった。
妊娠・出産を機に仕事をやめたのは“子育てをしながら仕事を続けるのは大変だったから”

妊娠・出産を機に仕事をやめたのは“子育てをしながら仕事を続けるのは大変だったから”

 妊娠・出産を機に仕事をやめた理由のトップは「子育てをしながら仕事を続けるのは大変だったから」となったことが、明治安田生活福祉研究所の実施した「出産・子育てに関する調査」で明らかとなった。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース