2017年2月8日

女性活躍推進 7割以上の企業が「短時間勤務」の効果を実感

 日本生産性本部の「コア人材としての女性社員育成に関する調査」によると、女性の活躍推進の取り組みとして、7割以上の企業が「出産・育児・介護のための短時間勤務制度」の効果を感じていることが分かった。

 (11491)

 人事担当責任者やダイバーシティ推進責任者に対して、女性の活躍推進の取り組みの中で効果があった(出つつある)内容を聞いたところ、「出産・育児・介護のための短時間勤務制度」(75.4%)が最も多かった。

 その他では「非正社員から正社員への転換・登用」(60.2%)、「法定以上の出産・育児・介護のための休暇制度」(52.3%)、「ハラスメント対策のための研修実施」(51.6%)、「女性社員への教育・研修参加機会の拡大」(50.8%)が半数を超えた。

 女性の管理職登用に関する内容はまだ効果があった(出つつある)ものは少なかったが、「管理職候補者のリストアップ、積極的登用」(39.8%)、「管理職候補を対象とした意識喚起のための研修」(35.1%)が3割を超えた。

 女性の活躍が「業績向上の要因の一つとなっている」(20.3%)、「業績向上へのつながりは
みられないが、組織が活性化するなど変化がある」(28.3%)と回答した企業が共に前年から増加している。

 女性社員の活躍を推進する上での課題は「女性社員の意識」とする企業が80.9%と最も多く、「育児等家庭的負担に配慮」(55.2%)、「管理職の理解・関心が薄い」(53.1%)が続いた。「男性社員の理解・関心が薄い」(45.8%)も半数近くに上った。

 女性社員が管理職以上のポストにつくことへの期待は、「役員クラスまで期待されている」(31.5%)、「部長クラスまでは期待されている」(18.9%)、「課長クラスまでは期待されている」(28.5%)となった。

 女性社員の活躍推進を経営方針または経営計画などで「明文化している」企業は33.2%で、前年の23.0%から増加した。「明文化していないが検討課題となっている」企業は38.5%となった。

 女性活躍推進法で提出した行動計画の進捗については、300人以上の企業では「予定通りに進んでいる」(41.5%)、「一部は予定通りに進んでいる」(48.0%)で約9割を占めた。一方、300人未満の企業(努力義務)では「対象となっていないため、提出していない」が約6割(58.8%)だった。

 調査は2016年8~9月に、533社の人事担当責任者またはダイバーシティ推進責任者から回答を得た。

おすすめの記事

セクハラ発言で出勤停止処分 最高裁が有効と判断

セクハラ発言で出勤停止処分 最高裁が有効と判断
平成27年2月26日、最高裁で、身体的接触を伴わないセクハラに対する出勤停止という重い懲戒処分を有効とした判決がなされ(L館事件:最高裁HP http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/883/084883_hanrei.pdf )、多くの報道がなされる等注目を集めました。また本事件は、ある行為の懲戒事由該当性や出勤停止処分の相当性につき、大阪地裁、大阪高裁及び最高裁で判断が分かれた点もあり、セクハラに関する対応の難しさも示すものとなりました。
5 件

関連する記事

2019年重要テーマ 分野別サービス紹介

2019年重要テーマ 分野別サービス紹介

2019年は働き方改革の本格的始動をはじめ、企業のグローバル化や売り手市場における採用活動、さらには社員へのメンタルケアや研修・評価管理の充実など、人事担当者が取り組むべき課題は山積みだ。これらの課題解決を支援する、今後さらに注目されるサービスを提供している企業に対し、取材を行った。
女性の活躍を推進している中小企業は7割超も、課題が多く残るのが現状

女性の活躍を推進している中小企業は7割超も、課題が多く残るのが現状

 全国の中小企業のうち女性の活躍を推進している企業は76.2%と7割を超えることが日本商工会議所の「働き方改革関連施策に関する調査」で分かった。
職場にあると良いと思う制度、1位は「在宅勤務」 ソニー生命調べ

職場にあると良いと思う制度、1位は「在宅勤務」 ソニー生命調べ

 職場にどのような働き方や制度があると良いと思うか聞いたところ、「在宅勤務」と答えた人が最も多いことが、ソニー生命保険(東京・千代田、萩本友男社長)が実施した「女性の活躍に関する意識調査2017」で分かった。
働き方改革が本格始動 2016年に顕在化した人事・労務の6テーマ

働き方改革が本格始動 2016年に顕在化した人事・労務の6テーマ

2016年の人事・労務の特徴を一言でいえば、人材不足の顕在化に対応した採用力強化や定着を促す官民を挙げた「働き方改革」が本格的に始動した年だった。(文・溝上憲文編集委員)
人事専門家に聞いた 2017年 人事の最重要テーマは次世代リーダーの育成

人事専門家に聞いた 2017年 人事の最重要テーマは次世代リーダーの育成

ビジネスのグローバル化や少子高齢化による労働力人口の減少など、経営環境の変化に対して従来型の人事では対応が難しくなっている。「2017年の人事の重要テーマ」を、企業の採用、育成・研修、組織力強化などを支援する専門家50人に対してアンケート調査で聞いた。
働き方改革は進むか 女性の活躍推進に厳しい現実の壁

働き方改革は進むか 女性の活躍推進に厳しい現実の壁

4月から女性活躍推進法が施行される。女性の就業を継続し、いかに活躍する仕組みを作っていくか。働き方改革はどこまで進むだろうか。
上場企業のうち女性役員ゼロは6割超、女性役員比率は4.2%と1割以下

上場企業のうち女性役員ゼロは6割超、女性役員比率は4.2%と1割以下

 上場企業3490社のうち女性役員が一人もいない企業は2223社で、全体の63.6%を占めることが東京商工リサーチの「女性役員比率」調査で明らかとなった。女性役員比率の最高は、小売業の6.2%。
働き方改革元年 人事担当者の緊急5テーマ

働き方改革元年 人事担当者の緊急5テーマ

働き方改革関連法が4月以降に順次施行され、2019年は「働き方改革元年」とも言うべき年になる。労務リスクを回避するための様々な対応が迫られる中、人事担当者が取り組むべき5つのテーマを解説する。(文・溝上憲文編集委員)
働き方改革で拡大する採用力格差

働き方改革で拡大する採用力格差

少子高齢化による労働力人口の減少で人材不足が慢性化する中、企業は働き方改革による生産性向上を迫られている。2019年の人材需要と採用の課題を、企業の人材採用を支援する主要人材コンサルティング会社のトップ・事業責任者に聞いた。

この記事のキーワード

セミナー・イベント一覧

◆次世代事業経営ゼミナール(第5期)~ものづくり企業の国内外事業運営の基幹要員の育成【8月開講】

セミナー・イベント一覧