2016年10月28日

9月の有効求人倍率1.38倍、正社員有効求人倍率0.88倍

 厚生労働省が発表した9月の有効求人倍率(季節調整値)は1.38倍で、前月に比べて0.01ポイント上昇した。

 (10608)

 新規求人倍率(季節調整値)は2.09倍で、前月に比べて0.07ポイント上昇。正社員有効求人倍率(季節調整値)は0.88倍で、前月と同じ水準。

 有効求人(季節調整値)は前月に比べ0.4%増で、有効求職者(季節調整値)は0.6%減となった。

 新規求人(原数値)は前年同月比9.1%増。産業別にみると、宿泊業・飲食サービス業(17.1%増)、生活関連サービス業・娯楽業(11.5%増)、教育・学習支援業(10.9%増)、建設業(10.2%増)、医療・福祉(10.2%増)などで増加した。

 都道府県別の有効求人倍率(季節調整値)の最高は東京都の2.03倍、最低は沖縄県の0.96倍。
3 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

バイリンガルの転職求人倍率は1.50倍、年度替わりで求職者の活動が活発化 ダイジョブ・グローバルリクルーティング

バイリンガルの転職求人倍率は1.50倍、年度替わりで求職者の活動が活発化 ダイジョブ・グローバルリクルーティング

 2018年2月末時点のグローバル転職求人倍率は、前月より0.06ポイント低い1.50倍となったことが、バイリンガルのための転職・求人情報サイトを運営するダイジョブ・グローバルリクルーティング(東京・港、篠原裕二社長)の集計で分かった。
求人数は6カ月連続で最高値を更新、地方都市での転職も活況

求人数は6カ月連続で最高値を更新、地方都市での転職も活況

 人材サービスのパーソルキャリア(東京・千代田、峯尾太郎社長)がまとめた「DODA 転職求人倍率レポート」によると、3月の転職求人数は前年同月比11.7%増、転職希望者数は同16.3%増となった。求人数は調査開始(2008年1月)以来の最高値を6カ月連続で更新し続けている。
2月の有効求人倍率1.58倍、前月比は5年超ぶりに減少

2月の有効求人倍率1.58倍、前月比は5年超ぶりに減少

 厚生労働省が発表した2018年2月の有効求人倍率(季節調整値)は1.58倍で、前月比は66カ月ぶりに0.01ポイント減少した。
2018年度に正社員の採用予定がある企業6割超の高水準、採用予定のない企業は13年ぶりの低水準

2018年度に正社員の採用予定がある企業6割超の高水準、採用予定のない企業は13年ぶりの低水準

 帝国データバンクの調査によると、2018年度に正社員の採用予定がある企業は4年連続で6割を超えた。一方、採用予定のない企業は8年連続で減少し、13年ぶりの低水準となった。
求人数は5カ月連続で最高値を更新、売り手市場続く

求人数は5カ月連続で最高値を更新、売り手市場続く

 人材サービスのパーソルキャリア(東京・千代田、峯尾太郎社長)がまとめた「DODA 転職求人倍率レポート」によると、2月の転職求人数は前年同月比13.6%増、転職希望者数は同6.8%増となった。求人数は調査開始(2008年1月)以来の最高値を5カ月連続で更新し続けている。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース