2016年10月28日

9月の有効求人倍率1.38倍、正社員有効求人倍率0.88倍

 厚生労働省が発表した9月の有効求人倍率(季節調整値)は1.38倍で、前月に比べて0.01ポイント上昇した。

 (10608)

 新規求人倍率(季節調整値)は2.09倍で、前月に比べて0.07ポイント上昇。正社員有効求人倍率(季節調整値)は0.88倍で、前月と同じ水準。

 有効求人(季節調整値)は前月に比べ0.4%増で、有効求職者(季節調整値)は0.6%減となった。

 新規求人(原数値)は前年同月比9.1%増。産業別にみると、宿泊業・飲食サービス業(17.1%増)、生活関連サービス業・娯楽業(11.5%増)、教育・学習支援業(10.9%増)、建設業(10.2%増)、医療・福祉(10.2%増)などで増加した。

 都道府県別の有効求人倍率(季節調整値)の最高は東京都の2.03倍、最低は沖縄県の0.96倍。
3 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

求人数は34カ月ぶりに減少、転職希望者数は増加 パーソルキャリア調べ

求人数は34カ月ぶりに減少、転職希望者数は増加 パーソルキャリア調べ

 人材サービスのパーソルキャリア(東京・千代田、峯尾太郎社長)がまとめた「DODA 転職求人倍率レポート」によると、9月の転職求人数は前月比2.0%減、転職希望者数は同1.1%増となっている。求人数は33カ月間過去最高値が続いていたが、9月は微減となった。
8月の有効求人倍率1.52倍、すべての産業で新規求人が増加

8月の有効求人倍率1.52倍、すべての産業で新規求人が増加

 厚生労働省が発表した8月の有効求人倍率(季節調整値)は1.52倍で、前月と同水準となった。
7割の事業所で中途採用を実施、「医療、福祉」では9割と人手不足続く

7割の事業所で中途採用を実施、「医療、福祉」では9割と人手不足続く

 2017年4~6月に中途採用を実施した事業所は全体の70%で、前年同期を5ポイント上回ったことが、厚生労働省の8月の労働経済動向調査で分かった。
従業員10人未満の会社に勤務する従業員の3割以上はOJTの経験なし

従業員10人未満の会社に勤務する従業員の3割以上はOJTの経験なし

  従業員10人未満の会社に勤務する従業員の3割以上がOJTの経験がないと回答していることが労働政策研究・研修機構の「人材育成と野力開発の現状と課題に関する調査」で分かった。OFF-JTを受講した従業員は全体の1割台にとどまった。
4割超で正社員不足、全業種で2割以上と人材不足が深刻化

4割超で正社員不足、全業種で2割以上と人材不足が深刻化

 現在の従業員の過不足状況を聞くと(「該当なし/無回答」を除く)、正社員が「不足」していると回答した企業は45.4%で、企業の4割超が正社員の不足を感じていることが帝国データバンクの調査で分かった。「適性」は45.0%、「過剰」は9.6%だった。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース