2018年11月5日

週労働時間60時間以上の雇用者を5%以下に 過労死等防止対策白書

 政府の発表した「過労死等防止対策白書」には、週労働時間60時間以上の雇用者の割合を現状の7.7%から2020年までに5%以下にするなど「過労死等の防止のための対策に関する大綱」の目標が記載された。

 (22920)

 週労働時間が60時間以上の雇用者の割合は、2003年、2004年の12.2%をピークとして緩やかに減少しており、2015年は8.2%、2016年、2017年は2年連続して7.7%だった。

 「過労死等の防止のための対策に関する大綱」(以下、大綱)の目標では、週労働時間60時間以上の雇用者の割合を2020年までに5%以下にするとしている。

 年次有給休暇の取得率は近年微増傾向で、2014年は47.6%、2015年は48.7%、2016年は49.4%と2年連続で増加している。

 大綱の目標では、年次有給休暇取得率を2020年までに70%以上にするとしている。

 終業時刻から次の始業時刻までの間に一定時間以上の休息期間を設ける「勤務間インターバル制度」について、制度を知らない企業割合は37.3%(2017年)に上った。制度を導入している企業は1.4%(2017年)だった。

 大綱の目標では、勤務間インターバル制度について、2020年まで労働者30人以上の企業のうち「制度を知らない」と回答する企業比率を20パーセント未満にし、制度の導入企業割合を10%以上にするとしている。

 メンタルヘルス対策に取り組んでいる事業場の割合は56.6%(2016年)だった。

 事業所規模別にみると、従業員1000人の事業所では100%、500~999人では99.8%と高い。一方、10~29人では48.3%、30~49人では62.5%など、規模が小さい事業所ほど割合が低かった。

 大綱の目標では、メンタルヘルス対策に取り組んでいる事業場の割合を2022年まで80%以上にするとしている。

 他にも、「過労死等の防止のための対策に関する大綱」では、仕事上の不安、悩み、ストレスについて、職場に事業場外資源を含めた相談先がある労働者の割合を2022年まで90%以上にする、加えてストレスチェック結果を集団分析し、その結果を活用した事業場割合を2022年までに60%以上にするなどの目標が掲げられている。

おすすめの記事

労働基準法改正による時間外労働の上限規制

労働基準法改正による時間外労働の上限規制
平成29年9月15日、労働政策審議会は同月8日に厚生労働大臣から諮問された、「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律案要綱」について、概ね妥当と認める旨の答申をしました。当該法律案要綱は、時間外労働の上限規制のほか、同一労働同一賃金など非正規雇用の処遇改善等、企業の経営に大きな影響を与える改正が含まれています。本稿では、改正点のうち、時間外労働の上限規制について説明します 。
5 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

1日の労働時間は平均7時間46分、有給休暇の取得率は5割超

1日の労働時間は平均7時間46分、有給休暇の取得率は5割超

 1日の所定労働時間は、1企業平均7時間46分(前年7時間45分)、労働者1人平均7時間45分(同7時間43分)となっていることが厚生労働省の「就労条件総合調査」で明らかとなった。
1日の労働時間は平均7時間45分、有給休暇の取得率は前年比増となる49.4%

1日の労働時間は平均7時間45分、有給休暇の取得率は前年比増となる49.4%

 1日の所定労働時間は、1企業平均7時間45分(前年7時間45分)、労働者1人平均7時間43分(同7時間45分)となっていることが厚生労働省の「就労条件総合調査」で明らかとなった。
「過重労働解消相談」1日で712件、家族からの相談も199件

「過重労働解消相談」1日で712件、家族からの相談も199件

 厚生労働省が11月6日に実施した「過重労働解消相談ダイヤル」に712件の相談があった。労働者本人だけでなく、労働者の家族からの相談も199件あった。
9月の実質賃金0.4%減、現金給与総額は1.1%増

9月の実質賃金0.4%減、現金給与総額は1.1%増

 物価変動の影響を除いた実質賃金は前年同月と比べ0.4%減となったことが、厚生労働省が発表した9月の勤労統計調査(速報、事業所規模5人以上)で分かった。
8月の実質賃金0.6%減、現金給与総額は0.9%増

8月の実質賃金0.6%減、現金給与総額は0.9%増

 物価変動の影響を除いた実質賃金は前年同月と比べ0.6%減となったことが、厚生労働省が発表した8月の勤労統計調査(速報、事業所規模5人以上)で分かった。
7月の実質賃金0.4%増、現金給与総額は1.5%増

7月の実質賃金0.4%増、現金給与総額は1.5%増

 物価変動の影響を除いた実質賃金は前年同月と比べ0.4%増となったことが、厚生労働省が発表した7月の勤労統計調査(速報、事業所規模5人以上)で分かった。
メンタルヘルス対策に取り組んでいる事業所は5割超、受動喫煙防止対策に取り組んでいる事業所は8割超

メンタルヘルス対策に取り組んでいる事業所は5割超、受動喫煙防止対策に取り組んでいる事業所は8割超

 メンタルヘルス対策に取り組んでいる事業所の割合は58.4%となっていることが、厚生労働省の「労働安全衛生調査」で明らかとなった。前年調査では56.6%で、1.8ポイント増加した。
自社の働き方改革、「有給休暇の取得」と「コミュニケーション促進」で進んでいると評価

自社の働き方改革、「有給休暇の取得」と「コミュニケーション促進」で進んでいると評価

 日本能率協会(東京・港、中村正己会長)が管理者を対象に実施した働き方改革への意識について聞くアンケート調査によると、働き方改革の取り組みにより「有給休暇の取得」、「コミュニケーション促進」が進んでいると回答する管理者が5割に迫っていることが分かった。
労働時間管理と非正規社員の待遇格差を見直す【人事実務のポイント解説】

労働時間管理と非正規社員の待遇格差を見直す【人事実務のポイント解説】

働き方改革がいよいよ法制化され、時間外労働の上限規制や同一労働同一賃金への本格的な対応に迫られる。労働時間管理と非正規社員の待遇格差の見直しにおける人事実務の対応ポイントについて、社会保険労務士の細川芙美氏に解説してもらった。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース