2017年4月27日

マンパワーグループ、産休・育休者の総合支援サービス「はぐきゃり」提供開始

マンパワーグループ(神奈川・横浜、池田 匡弥社長)は、株式会社ここるく(東京・目黒、山下 真実社長)と業務提携の上、産前・産後休業、育児休業取得社員の総合支援サービス「はぐきゃり」を法人向けに提供開始した。

 (12037)

 国立社会保障・人口問題研究所が2015年に実施した「出生動向基本調査(結婚と出産に関する全国調査)」によると、第1子出産前後の就業継続率が2010~14年は53.1%へ上昇したものの、いまだ過半数の人が出産退職しているという結果となった。

 こうした課題を解消するためにマンパワーグループは、「ママのお出かけプラットフォーム“ここるく”」の運営会社ここるくと業務提携し、産休・育休取得社員のスムーズな職場復帰を支援する。

 産休・育休や復職準備研修、仕事復帰へのモチベーション維持を目的としたワークショップの開催などをはじめ、産休前、復帰直前・直後だけでなく育休中も職場復帰に向けてのフォローアップを“Face to Face”で実施することで就業継続に関する不安を取り除くサービスを提供していく。

おすすめの記事

メンタルヘルス不調社員に対する休職命令と自然退職

メンタルヘルス不調社員に対する休職命令と自然退職
「勤怠が乱れている」「勤務態度が不良の社員がいる」「勤務成績が著しく悪い社員がいる」などの悩みは、多かれ少なかれ、どの企業においても抱えていると思います。近年、企業からの相談で増えているのは、このような問題社員に精神的な不調が疑われるというケースです。
5 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

適材適所が実現している人は1割未満、上司についての適合度は5.9%と最低

適材適所が実現している人は1割未満、上司についての適合度は5.9%と最低

 自分にとっての適材適所の実現状況を会社、職場、仕事、上司それぞれについて聞くと、「とても合っている」との回答は1割にも満たなかったことが、企業の人材育成を支援するリクルートマネジメントソリューションズ(東京・品川、藤島敬太郎社長)の調査で分かった。
2017年 人事動向の振り返り

2017年 人事動向の振り返り

2017年は良い意味でも悪い意味でも人事部が振り回された1年だったのかもしれない。本記事で2017年の人事まわりの動きを振り返る。(文・溝上憲文編集委員)

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部(人材サービス担当) 編集部(人材サービス担当)

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース