2017年9月19日

ストライプインターナショナルとパーソルテンプスタッフがサービス利用における業務提携を開始 パーソルホールディングス

 アパレルメーカーのストライプインターナショナル(岡山・岡山、石川康晴社長)と、総合人材サービスのパーソルグループで人材派遣・アウトソーシング事業を手掛けるパーソルテンプスタッフ(東京・渋谷、和田孝雄社長)は、ストライプインターナショナルが運営するファッションレンタルアプリ「mechakari(メチャカリ)」のサービス利用における業務提携を開始した。

 (13157)

 パーソルテンプスタッフに登録する派遣スタッフの約9割を女性が占めており、ファッションへの興味・関心が高い20代~30代も多く登録している。

 通常、派遣スタッフは契約ごとに就業先が変わるが、就業先によって服装規定や職場の雰囲気が異なるため、洋服の買い替えが必要となることも少なくない。派遣スタッフの間でも、職場に合わせた服装を考えるのが難しいという声や、就業先が変わる度に洋服を買い替えるのは経済的な負担になるといった声が挙がっていた。
 ストライプインターナショナルとパーソルテンプスタッフは、ファッションレンタルアプリ「mechakari(メチャカリ)」のサービス利用における業務提携を開始。

 「mechakari」は、ストライプインターナショナルが展開するレディスブランドearth music&ecology(アース ミュージック&エコロジー)等のファッションアイテムを定額で何度でも借りることができるサービスで、アプリ上で随時更新されるコーディネートパターンを参照しながら、職場に合った服装を選ぶこともできる。

 パーソルテンプスタッフに登録する派遣スタッフは初月のみ、月額費用が無料(※別途返却手数料:1回380円(税別))や最大4点まで可能となる特典が用意される。
3 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

パーソル、オーストラリア最大級の人材派遣会社を買収へ

パーソル、オーストラリア最大級の人材派遣会社を買収へ

パーソルホールディングス(東京・渋谷、水田正道社長)は、オーストラリア最大級の人材派遣・メンテナンス会社のProgrammed Maintenance Services(プログラムド社)を約691億円で買収すると発表した。
労働者派遣事業の2015年度売上高は5兆6790億円、2年続けて増加もピークの7割

労働者派遣事業の2015年度売上高は5兆6790億円、2年続けて増加もピークの7割

 労働者派遣事業の2015年度の売上高は5兆6790億円で、2年続けて増加したことが、厚生労働省が労働者派遣事業を行う7万7956事業所が提出した事業報告を集計した結果で分かった。
人材派遣 3年連続で増加、紹介予定派遣は2年連続で減少

人材派遣 3年連続で増加、紹介予定派遣は2年連続で減少

 人材派遣の実稼動者数が3年連続で増加したことが、日本人材派遣協会の労働者派遣事業統計調査で分かった。
人材派遣の増加が継続、紹介予定派遣は5四半期連続で減少

人材派遣の増加が継続、紹介予定派遣は5四半期連続で減少

 人材派遣が13四半期連続で増加したことが、日本人材派遣協会の労働者派遣事業統計調査で分かった。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部(人材サービス担当) 編集部(人材サービス担当)

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース