2016年7月14日

ロバート・ウォルターズ/フィリピンに新オフィス開設 他

採用・育成・組織開発・HRテックの最新サービス情報を紹介する【ロバート・ウォルターズ、ダイジョブ、ECのミカタ、ジェイネクスト】

 (27106)

ロバート・ウォルターズ/フィリピンに新オフィス開設

 人材紹介会社のロバート・ウォルターズ・ジャパン(東京・渋谷、デイビッド・スワン社長)は、英国本社ロバート・ウォルターズがグループの新拠点をフィリピンの首都マニラに開設したと発表した。

 フィリピンでは、会計・金融部門、人事部門、IT部門を中心に中堅からシニアレベルの経験者を対象とした正社員採用を中心に行い、今後サービス対象職種を拡大していく予定だ。

 ロバート・ウォルターズは経済発展を続けるアジア地域における企業の求人活動をサポートするため、これまでも日本をはじめ中国、韓国、香港、台湾、インドネシア、マレーシア、シンガポール、タイ、ベトナムでビジネスを展開してきた。

 今回のフィリピンオフィスの開設でグローバル展開する企業の人事戦略サポートを一段と強化していく。

 ロバート・ウォルターズで副最高経営責任者を務めるジャイルズ・ドーベニー氏は、フィリピンへの進出について「フィリピンは人口1億人以上を抱え、ミドルクラスの労働人口も増えている急成長市場」と位置づけ、「フィリピン市場でもタイやベトナム、マレーシアやインドネシアと同様の成功を収められる」とコメントしている。

ロバート・ウォルターズ・ジャパン「20年の国内実績と世界最大級の日英バイリンガル人材データベースで採用活動をサポートします」 - 人材コンサルティング会社&サービスガイド100選

ロバート・ウォルターズ・ジャパン「20年の国内実績と世界最大級の日英バイリンガル人材データベースで採用活動をサポートします」 - 人材コンサルティング会社&サービスガイド100選
ロバート・ウォルターズ・ジャパンは、バイリンガルのスペシャリスト紹介が強みで、正社員だけではなく派遣・契約にも応じている。国内の外資系最大手の一つとしてマネジメント層から若手まで幅広い層の求人を扱い、各専門チームと連携したコンサルティングによって評価を高めている。コンサルタントと顧客との長期的な関係構築とチームワークを重視した組織運営を徹底しており、人材採用のパートナーとして、継続的に質の高いサービスが期待できる会社である。(日本人材ニュース編集部の評価)

ダイジョブ/グローバル企業の採用・労務・法務のマッチングサービス開始

 バイリンガルのための転職・求人情報サイトを運営するダイジョブ・グローバルリクルーティング(東京・港、篠原裕二代表取締役)は外資系・グローバル企業の人事スペシャリストのための情報サイト「Daijob HRClub」で、人事、総務、経営層の業務を支援するマッチングサービス「グローバルガイド」を開始した。

  「グローバルガイド」は、グローバル人事に関わるユーザーが採用・労務・法務等の各分野において実績のある専門家(法人・個人)を探して、相談や仕事の依頼ができるビジネスマッチングサービス。

 外国人採用時のビザ取得、海外勤務社員の保険、海外現地法人向けに英語や現地語での社内文書作成といった企業のグローバル化、海外進出の過程で必要な業務のサポートを求めている企業人事、総務、経営層と、その分野に精通している専門家との出会いの場となっている。

 専門家の得意分野やプロフィール、これまでの実績などを掲載しており、ユーザーとマッチングが成立した時点で費用が発生する料金システムを採用している。

ECのミカタ/EC業界のメディアプラットフォームが人材紹介事業に参入

 EC業界に特化したメディアプラットフォームを手掛ける ECのミカタ(東京・渋谷、小林亮介社長)が、人材紹介事業を開始する。

  ECのミカタは、2007年からEC通販企業向けの専門誌の発行やEC通販業界特化型のビジネスマッチング事業やウェブメディアの運営を通して多くのEC事業者を支援しており、現在約15000社のウェブ会員登録数を持つ。

 EC通販業界の市場が年々拡大する中、各社人材の確保が急務となり採用の難易度が上がっていることから、求職者と事業者のニーズを細かくヒアリングしたマッチングで適切な人材の紹介を目指す。

 EC のミカタの小林亮介社長は「業界従事者であっても、業界における自社の立ち位置やこれから必要となるスキルや知識を持つ人物像をイメージすることはとても難しい。既存事業で培ってきたノウハウを生かし、求人サイトや新卒採用支援なども拡充して、人材の課題に対し解決策を提案し続けたい」と話している。

ジェイネクスト/エグゼクティブ層に特化した人材紹介を開始

 人材サービス事業を行うジェイネクスト(東京・新宿、黒崎正裕社長)は、エグゼクティブ層に特化した成功報酬型の人材紹介サービス「開発型人材紹介」を開始した。

 新たなプロジェクトやビジネス展開に着手する際のキーマンや構想段階にある戦略的なポジションについて、独自の人材ネットワークを駆使して候補者を探し出して紹介する。

 ジェイネクストは、日本マルチメディアサービスの人材ビジネス事業とアネスト、patina、キャリアスタッフの4社が4月1日に合併して設立された企業で、人材紹介をはじめ、人材派遣、業務委託・請負、採用・就職支援、教育研修などを提供している。

 ジェイネクストの沢田隆人材紹介事業部マネージャーは、「エグゼクティブ採用ではビジネススキルはもとより、新しい職場への順応性やIT・ウェブに対する豊富な知識を条件とする求人が増えています。潜在的な採用ニーズの発掘、的確なサーチを通して企業のエグゼクティブ採用を支援したい」と話しており、今後2年間で100人超の紹介実績を目指す計画だ。
10 件

関連する記事

主要人材コンサルティング会社アンケート「2021年 企業の人材需要と採用の課題」(各社回答1)

主要人材コンサルティング会社アンケート「2021年 企業の人材需要と採用の課題」(各社回答1)

2021年の人材需要と採用の課題を、企業の人材採用を支援する主要コンサルティング会社の事業責任者を対象にアンケート調査で聞いた。【回答社名:ワークス・ジャパン、ロバート・ウォルターズ・ジャパン、リネアコンサルティング、レックスアドバイザーズ、リス】
Daxtra Technologies Japan/履歴書の自動解析サービスを開始 他

Daxtra Technologies Japan/履歴書の自動解析サービスを開始 他

採用・育成・組織開発・HRテックの最新サービス情報を紹介する【Daxtra Technologies Japan、ロバート・ウォルターズ・ジャパン、ライフワークス、manebi】
【バイリンガル人材の採用激化】「攻め」の採用で候補者を発掘

【バイリンガル人材の採用激化】「攻め」の採用で候補者を発掘

外資系企業が必要とするバイリンガル人材の採用競争が一層激しさを増している。従来の採用手法だけでは十分な応募を集めることが難しくなっており、必要な人材を確保するためには潜在的な候補者にもアプローチしていくことが欠かせなくなっている。