2016年6月10日

「同一労働同一賃金」に反対 経営者の5割超

 政府が検討している「同一労働同一賃金」について半数の経営者が反対していることが、大田弘子・元経済財政政策担当大臣を座長とする有識者会議「経済成長フォーラム」の経営者アンケートで明らかになった。

 (895)

 アンケート結果によると、政府が検討している「同一労働同一賃金」について「反対」とする回答が53.7%となった。

 一方、解雇無効の際、金銭解決の選択肢を労働者に明示的に付与する政策には「賛成」とする回答は8割弱(75.2%)に上った。
 
 人手不足が「深刻化している感じている」とする回答は74.0%で、2年前の調査(77.2%)とほぼ同じ水準。製造業の66.1%に対し、サービス業が77.1%と高い水準となっている。

 今年度の賃上げで最も多かったのは「一時金引き上げだけ実施」(30.2%)。「ベースアップも一時金引き上げの両方実施」した企業が25.3%となる一方、「ベースアップも一時金引き上げの両方実施しない」は21.6%となった。

 5割(51.2%)の企業は、自社の成長目標の達成見通しが半年前と「変わらない」と回答し、「良くなっている」とする企業は2割(20.1%)。昨年度に比べ設備投資を「増やす(増やした)」企業が5割(53.3%)を超えている。

 「経済成長フォーラム」は大田氏、高橋進日本総合研究所理事長、冨山和彦経営共創基盤代表を中心に「経済成長をどう実現するか」という課題に対して提言を行っている。調査は4月12日から28日に上場企業などの経営者を対象に実施し、170人から回答を得た。
2 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

2017年の実質賃金は2年ぶり減少、12月の実質賃金0.5%減

2017年の実質賃金は2年ぶり減少、12月の実質賃金0.5%減

 厚生労働省が発表した毎月勤労統計調査(速報、事業所規模5人以上)によると、2017年の実質賃金は減少していることが分かった。5年ぶりに増加した昨年から一転して0.2%減となっている。
ベースアップ予定の上場企業は33.6%、昨年の実績は46.9%

ベースアップ予定の上場企業は33.6%、昨年の実績は46.9%

 労務行政研究所が東証上場企業を対象に実施した「賃上げ等に関するアンケート調査」によると、上場企業の33.6%がベースアップを予定しており、3年ぶりに増加傾向となっていることが分かった。
大手企業の2017年の年末一時金83万625円、5年連続前年比が増加

大手企業の2017年の年末一時金83万625円、5年連続前年比が増加

 従業員1000人以上の大手企業において、2017年の年末一時金の平均妥協額は83万625円であることが、厚生労働省の集計で分かった。2016年と比べ16円増となっており、対前年比は5年連続でプラスとなっている。
11月の実質賃金0.1%増、現金給与総額は0.9%増

11月の実質賃金0.1%増、現金給与総額は0.9%増

 物価変動の影響を除いた実質賃金は前年同月と比べ0.1%増となったことが、厚生労働省が発表した17年11月の勤労統計調査(速報、事業所規模5人以上)で分かった。
2017年の平均年収418万円、金融系がトップ

2017年の平均年収418万円、金融系がトップ

 2017年の正社員平均年収は418万円で、職種別・業種別ランキングではともに金融分野の仕事が1位となっていることが、パーソルキャリア(東京・千代田、峯尾太郎社長)の調査で分かった。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース