2017年9月19日

4割超で正社員不足、全業種で2割以上と人材不足が深刻化

 現在の従業員の過不足状況を聞くと(「該当なし/無回答」を除く)、正社員が「不足」していると回答した企業は45.4%で、企業の4割超が正社員の不足を感じていることが帝国データバンクの調査で分かった。「適性」は45.0%、「過剰」は9.6%だった。

 (13128)

 正社員が不足している企業の割合は6カ月前(2017年1月)から1.5ポイント増加、1年前(2016年7月)から7.5ポイント増加し、過去最高を更新した。

 「不足」していると回答した企業を業種別にみると、ソフト受託開発などの「情報サービス」が69.7%で最も高く、6カ月前から4.1ポイント増、1年前から9.7ポイント増加し、7割近くに達した。

 他にも、人手不足と感じる企業が5割以上となる業種は「建設」(59.5%)や「再生資源卸売」(58.1%)など10業種にのぼった。

 一方、「家具類小売」や「出版・印刷」、「 旅館・ホテル」「繊維・繊維製品・服飾品卸売」「紙類・文具・書籍卸売」は2割台にとどまった。

 人手不足感が最も高い業種と最も低い業種の割合の差は44.7ポイントと、前回調査(46.0ポイント)からは1.3ポイント縮小した。差が縮小したのは、すべての業種で2割以上だったことに加え、7割台の業種がなくなったことも要因となった。

【正社員が不足している業種 トップ5】
1位 情報サービス 69.7%
2位 家電・情報機器小売 61.5%
2位 放送 61.5%
4位 運輸・倉庫 60.9%
5位 建設 59.5%

 規模別にみると、「大企業」(51.8%)では半数を超える企業が「不足」と考えている。また、「中小企業」は43.7%、中小企業のうち「小規模企業」は38.8%が不足していた。
 非正社員が「不足」していると回答した企業(「該当なし/無回答」を除く)は29.4%となった。6カ月前から0.1ポイント減少したものの、1年前からは4.5ポイント増加した。

 「適正」と考えている企業は63.5%で、回答した企業の6割を超えていた。「過剰」と回答した企業は6カ月前から0.3ポイント減少、1年前から2.7ポイント減少し、7.1%となった。

 非正社員について、最も人手が不足していると感じている業種は「飲食店」(78.0%、6カ月前比2.5ポイント減、1年前比1.5ポイント減)だった。また、2位の「電気・ガス・水道・熱供給」(66.7%、同41.7ポイント増、同46.7ポイント増)が6割を超えた。

 非正社員は、上位10業種中7業種が小売・個人向けサービスとなっており、消費者と直接的に接する機会の多い業種で人手不足の割合が高い。

【非正社員が不足している業種 トップ5】
1位 飲食店 78.0%
2位 電気・ガス・水道・熱供給 66.7%
3位 各種商品小売 59.6%
4位 飲食料品小売 56.9%
5位 繊維・繊維製品・服飾品小売 53.8%

 調査は、2017年7月18日~31日、全国2万3767社を対象に実施し、1万93社の有効回答を得た。

おすすめの記事

改正障害者雇用促進法 採用後の合理的配慮の提供義務

改正障害者雇用促進法 採用後の合理的配慮の提供義務
平成28年4月1日、障害者(身体障害、知的障害、精神障害〔発達障害を含む〕。その他の心身の機能の障害があるため、長期にわたり、職業生活に相当の制限を受け、又は職業生活を営むことが著しく困難な者)に対する合理的配慮の提供義務を定めた改正障害者雇用促進法(以下「改正法」といいます。)が施行されました。  合理的配慮の提供義務は、募集・採用時と採用後のそれぞれの段階でその履行が求められますが、今回は、採用後の合理的配慮の提供義務に焦点を絞って検討したいと思います。
6 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

2018年度に正社員の採用予定がある企業6割超の高水準、採用予定のない企業は13年ぶりの低水準

2018年度に正社員の採用予定がある企業6割超の高水準、採用予定のない企業は13年ぶりの低水準

 帝国データバンクの調査によると、2018年度に正社員の採用予定がある企業は4年連続で6割を超えた。一方、採用予定のない企業は8年連続で減少し、13年ぶりの低水準となった。
5割超の企業で正社員不足、調査開始以降最高水準を推移

5割超の企業で正社員不足、調査開始以降最高水準を推移

 現在の従業員の過不足状況を聞くと(「該当なし/無回答」を除く)、正社員が「不足」していると回答した企業は51.1%で、調査開始(2006年5月)以降、最高水準で推移していることが帝国データバンクの調査で分かった。「適性」は41.2%、「過剰」は7.6%だった。
一般労働者の賃金30万4300円、女性の賃金は過去最高

一般労働者の賃金30万4300円、女性の賃金は過去最高

 一般労働者の賃金は30万4300円(年齢42.5歳、勤続12.1年)となっていることが厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」で分かった。男性は33万5500円(年齢43.3歳、勤続13.5年)、女性は24万6100円(年齢41.1歳、勤続9.4年)だった。
2017年度、大企業89.7%、中小企業66.1%で賃上げを実施

2017年度、大企業89.7%、中小企業66.1%で賃上げを実施

 賃金の引上げを実施した大企業の割合は前年度90.1%、今年度89.7%となり、前年に続き多くの企業で賃上げが実施されたことが、経済産業省の「企業の賃上げ動向等に関するフォローアップ調査」で分かった。
2017年度に正社員の採用予定がある企業64.3%、過去10年で最高

2017年度に正社員の採用予定がある企業64.3%、過去10年で最高

 帝国データバンクの調査によると、2017年度に正社員の採用予定がある企業は6割を超え、過去10年で最高となったことが分かった。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース