2017年3月3日

1月の完全失業率3.0%に改善、正規雇用65万人増

 総務省が発表した労働力調査(速報)によると、1月の完全失業率(季節調整値)は前月から0.1ポイント低下して3.0%だった。

 (11684)

 男女別の完全失業率は、男性が3.1%で前月比0.3ポイント低下、女性が2.7%で前月と同水準となった。

 完全失業者数は197万人(前年同月比14万人減)。完全失業者のうち「定年又は雇用契約の満了」は21万人(同増減なし)、「勤め先や事業の都合」は33万人(同11万人減)、「自己都合」は86万人(同2万人増)だった。

 就業者数は6470万人(前年同月比46万人増)で、就業者数のうち、雇用者数は5793万人(同59万人増)。

 正規雇用は3407万人(同65万人増)、非正規雇用は2047万人(同3万人増)となった。

 非正規雇用の内訳は、パート1012万人(同11万人増)、アルバイト436万人(同15万人増)、派遣社員124万人(同11万人減)、契約社員284万人(同8万人減)、嘱託113万人(同2万人減)、その他78万人(同2万人減)。

 就業者数の前年同月比を産業別に見ると、建設業(27万人増)、卸売業・小売業(21万人増)、医療・福祉(17万人増)、教育・学習支援業(11万人増)などが増加し、製造業(31万人減)、運輸業・郵便業(11万人減)、農業・林業(9万人減)などが減少した。

おすすめの記事

労働者派遣法改正 事業所・個人単位で期間制限

労働者派遣法改正 事業所・個人単位で期間制限
労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の保護等に関する法律が改正され、平成27年9月30日に施行されました。また、平成24年に改正され未施行であった部分も平成27年10月1日から施行されています。そこで、本稿では、今回施行された主な改正点について解説します。
5 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

12月の完全失業率3.1%、2016年は正規雇用が51万人増

12月の完全失業率3.1%、2016年は正規雇用が51万人増

 総務省が発表した労働力調査(速報)によると、2016年12月の完全失業率(季節調整値)は前月と同率の3.1%だった。
11月の完全失業率3.1%、正規雇用56万人増

11月の完全失業率3.1%、正規雇用56万人増

 総務省が発表した労働力調査(速報)によると、11月の完全失業率(季節調整値)は前月に比べ0.1ポイント上昇の3.1%だった。
10月の完全失業率3.0%、正規雇用74万人増

10月の完全失業率3.0%、正規雇用74万人増

 総務省が発表した労働力調査(速報)によると、10月の完全失業率(季節調整値)は前月と同率の3.0%だった。
9月の完全失業率3.0%、正規雇用48万人増

9月の完全失業率3.0%、正規雇用48万人増

 総務省が発表した労働力調査(速報)によると、9月の完全失業率(季節調整値)は前月から0.1ポイント改善して、3.0%となった。
「結婚後も働きたい」女性の65%は「出産後も働きたい」

「結婚後も働きたい」女性の65%は「出産後も働きたい」

 「結婚後も働きたい」女性のうち65%は「出産後も働きたい」と考えていることが厚生労働省の「21世紀成年者縦断調査」で分かった。非正規雇用で結婚意欲のある男性は5割を下回っている。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

セミナー・イベント

プレスリリース