2013年10月10日

【著者が語る】会計士・税理士の転職マニュアル

VRPパートナーズ 大谷幸宏 代表

 (9979)

VRPパートナーズ 大谷幸宏 代表

 “転職は目的ではなく、キャリアプランを実現するための手段である”転職を考えたことのある方なら一度は言われた経験があるのではないだろうか。私は16年にわたり会計専門職の転職支援を行ってきた立場から、公認会計士や税理士といった士業こそ、この言葉を重く受け止めるべきであると考える。

 キャリアプランの実現は転職によって得られるものであろうか。残念ながら必ずしもそうとは限らない。私自身、人材紹介業界に16年間携わり、今まで2万人を超える転職希望者のキャリアチェンジに接してきた。

 転職希望者の中には、キャリアアップに成功した方だけではなく、転職のタイミングを逸し苦労する方や、転職先の選択に失敗し、転職回数を重ねている方の相談も受けてきた。そうした残念な結果になる方の共通点として、「情報不足」「周りに相談しない」「瞬間的な感情に流さる」等。

 つまり、過去の転職に戦略性がなかったということが挙げられる。これでは知識と経験が評価される会計業界において、理想的なキャリアプランを実現することなどできない。

 この数十年で日本の雇用環境は大きく変化し、個人と組織の関係性も見直されている。終身雇用は過去の言葉となり、日本の大企業が雇用調整を行う時代である。

 また会計業界においては公認会計士の試験制度も変更になり会計士人口が増える中、雇用環境も変化しており、いまや資格を取得したからといって安泰という時代ではなくなっている。

 私は「会計人コース」という公認会計士や税理士を目指す方々向けの情報誌で、1年間の転職市場の動向やキャリアアドバイスの連載企画を経て、ありがたいことに読者からの一般的な転職とは異なる公認会計士や税理士などの専門業界における転職ハウツー本を期待する声を受け、本書の出版化に至った。

 本書では数多くの実体験に基づき、成功事例だけではなく、失敗しない転職の仕方、転職活動のタイミングやキャリア形成についてのアドバイス、さらに転職にまつわるエピソードなども記載している。本書が会計専門職の方々のキャリアプラン実現にあたり、その一助になれば幸いである。
会計士・税理士の転職マニュアル

会計士・税理士の転職マニュアル

大谷幸宏著
中央経済社、2400円+税
5 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

管理部門・士業に特化した人材紹介会社MS-Japanがマザーズ上場へ

管理部門・士業に特化した人材紹介会社MS-Japanがマザーズ上場へ

管理部門、会計士・税理士・弁護士などの士業に特化した人材紹介会社では最大手のMS-Japan(有本隆浩社長、東京・千代田)の東京証券取引所マザーズ市場への新規上場が承認された。上場は12月15日を予定している。
2017年上半期の転職成功者の平均年齢32.1歳、前年から若返り傾向 パーソルキャリア調べ

2017年上半期の転職成功者の平均年齢32.1歳、前年から若返り傾向 パーソルキャリア調べ

 2017年上半期の転職者の平均年齢は32.1歳だったことが総合人材サービスのパーソルキャリア(東京・千代田、峯尾太郎社長)の調査で分かった。
20代が転職したい会社のトップはトヨタ自動車

20代が転職したい会社のトップはトヨタ自動車

 20代が選ぶ転職したい会社の1位はトヨタ自動車、2位はグーグル、3位はソニーとなっていることが、総合人材サービスのインテリジェンス(東京・千代田、峯尾太郎社長)の調査で分かった。
“給与に不満”、“残業が多い”など働き方の改善のために転職を考える人が増加

“給与に不満”、“残業が多い”など働き方の改善のために転職を考える人が増加

 待遇や環境の改善のために転職を考える人の割合が上昇していることが、総合人材サービスのインテリジェンス(東京・千代田、峯尾太郎社長)の調査で分かった。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部(寄稿担当) 編集部(寄稿担当)

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース