2017年10月11日

働き方改革 各社サービス紹介

働き方改革実行に向けた新しいサービスが次々と発表されている。今回は人事担当者にとって特に役立つサービスを提供している企業を厳選し、サービス内容についての取材を行った。

 (13302)

【人材育成】インソース/現場の状況を分析して、働き方改革の本質にコミット

 働き方改革では長時間労働の是正に重きが置かれがちだが、それだけでなく、限られた時間の中でいかに生産性を向上させるかが重要だ。

 インソースの「働き方改革達成支援コンサルティング」は、生産性向上につなげるためのアセスメント、現場調査、コンサルティング、研修などの一貫した支援が特徴だ。

 まずは社員の働き方やチームのムダな状況の把握など、現代の項目でアセスメントを行った上で、現場調査で仕事の流れや時間の使い方を分析する。これらに基づいたコンサルティングでは、生産性をあげるための「かんばん方式」など同社の独自メソッドを使って仕組み・意識づくりを支援し、研修やIT活用等で現場支援へとつなげていく。

 詳細な分析を通して、現場における生産性向上の妨げを明確にすることにより、実務に繋がる高い効果を見込んでおり、実施前と比べて業務時間や人手の20%減を目指しているという。

 生産性向上を目指すためにはまず、現場の管理職の意識を大きく変えていく必要があり、舟橋孝之同社社長は、「マネジャーには部下がいきいきと働けるチームづくりが求められ、仕事の進め方の見直しとともに、メンタルケアやフォローもこれまで以上に重要です」と話している。

【人材育成】インテグラス/マンツーマンのコーチングで企業の課題を直接解決

 組織全体の生産性向上を目指す上での課題として、社内コミュニケーションの低下やマネジメント力の不足を課題とする企業は多い。

 インテグラスは組織の変革や課題解決を行うためのコンサルティングや研修を請け負い、組織を変えることで企業全体を改善し生産性を向上させる支援を行っているが、社員の相互理解を深めるための研修ニーズが増えているという。職場に多様な雇用形態の社員が増えていることも相互理解が難しくなっている理由の一つだ。

 また、マネジメント研修では実務で扱う内容を取り入れて研修で得た知識をすぐに実行して改善につなげられるようにしている。

 最近特に注目されているのが、マネジャー以上の社員にマンツーマンでコーチをつける研修だ。対面でコーチングをすることで業務上の課題への直接解決を促すことができる。研修終了後の満足度も高く、大手商社などの大手企業を中心に導入されている。
ワンツーマンコーチングの全体像

ワンツーマンコーチングの全体像

【勤怠管理】e-就業ASP/勤怠管理データを、企業の健康経営促進に活用

 働く社員が心身共に健康で長く働けるように、企業は健康経営を進めていくことが求められている。

 ニッポンダイナミックシステムズが提供する「e-就業ASP」は10年来提供してきた勤怠管理機能だけでなく、昨年2月から新たに健康経営に役立てられるデータ活用機能「就業実績ピックアップ機能」を追加した。

 この機能を活用すれば、勤怠管理で記録したデータを集計し、社員の有給取得状況、残業過多や休みがちな社員などをピックアップし表示することができ、人事部門や管理職はデータに基づいて職場環境の改善や社員の心身ケアを進めていくことができる。

 現在200を超える企業が導入している。導入前、導入後も労務管理に強い同社担当者が直接訪問し、丁寧に対応するなどのサポートを充実させ、導入企業の満足度を高めている。また英語表記も可能なため、外資系企業の導入も多い。

 今後は「就業実績ピックアップ機能を強化し、最近注目されている勤務間インターバル制度にも柔軟に対応できるようにし、さらに企業の健康経営推進に貢献していきたい」(同社SB事業グループ営業担当)とし、勤怠管理情報と健康経営を今まで以上に連携できるようにする。

【勤怠管理】WiMS/SaaS/業務内容と時間を可視化し、生産性向上を促進

 勤怠管理には、出退勤の記録に留まらず、得られたデータを生産性向上に役立てることが求められる。

 ソリューション・アンド・テクノロジーの「WiMS/SaaS(ウィムスサース)」はERPを活かし人事・経理・総務のデジタルイノベーションを可能とするツールで、11月からは働き方改革を後押しする機能が追加される。

 一つは、社員の1日の業務内容と要した時間を可視化して業務計画と勤務実績が管理できる「予実績管理」機能で、一人一人のセルフマネジメントが促進される。

 もう一つは、経営者向けに提供されるダッシュボード機能だ。これまで人事担当者が取りまとめ報告していたデータ類を、グラフ等の視覚性に優れた分析結果で自動提示される。

 飯野泰史同社クラウドソリューション統括部統括部長は、「勤怠と人事評価の統合マネジメントやAIの活用の開発を進めている」と話している。
予実管理機能で社員の状況を可視化

予実管理機能で社員の状況を可視化

【組織診断】Employee Tech/社員の感情を分析し、離職率減少に寄与

 人材採用が難しい中で、高い離職率の改善は人事の喫緊の課題となっている。

 Emotion Techは、社員の感情解析を行い離職率の改善に寄与する組織分析システム「Employee Tech」の提供を8月から開始した。

 社員の自社推奨度を独自の方法で測り、分析結果から今後改善すべきポイントを的確に把握することができるシステムで、データ解析と分析ノウハウは特許を取得している。
 最大のポイントは分析結果が示されるだけでなく、担当のデータアナリストから詳細な分析レポートが提出される点で、「組織改善のための施策ごとに得られる効果が数値で示されるため、優先すべき施策が明確になる」(今西良光同社CEO)。

 また現場責任者が職場や社員ごとの状況をシステム上で確認できるため、すぐに必要な対応をとることで離職防止につなげられる。高い離職率に悩む企業が特に多いサービス業などでの利用が広がりそうだ。
レポートでは施策の優先度が明示される

レポートでは施策の優先度が明示される

37 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

働き方改革法制化 分野別サービス紹介

働き方改革法制化 分野別サービス紹介

働き方改革が法制化し、いよいよ人事担当者は本格的に時間外労働の上限規制などに取り組まなければならない。そこで、働き方改革に役立つサービスを提供している企業を厳選し、サービス内容についての取材を行った。
残業規制、高プロ、同一労働同一賃金に人事はどう対応するか

残業規制、高プロ、同一労働同一賃金に人事はどう対応するか

長らく議論されてきた「働き方改革関連法案」がようやく成立した。来年4月に本格的に施行されるため、人事担当者は早急に対応に着手する必要がある。今回の法制化の大きな柱である時間外労働の上限規制、高度プロフェッショナル制度、同一労働同一賃金の内容と注意点について解説する。(文・溝上憲文編集委員)
約7割の企業で副業禁止の現状、来たるべき副業・複業時代には「コミュニケーション能力」が必要

約7割の企業で副業禁止の現状、来たるべき副業・複業時代には「コミュニケーション能力」が必要

 管理職を対象にした調査によると、約7割の企業で副業・複業が禁止されていることが、人材サービスのアデコ(東京・港、川崎健一郎社長)が実施した「副業・複業に関する調査」で明らかとなった。禁止の理由は、長時間労働に対する懸念と情報漏洩のリスクという声が多くあがった。
クラウドワークの光と影

クラウドワークの光と影

クラウドワークは時間と場所を選ばず働けるため、近年注目されており同時に急増している。一方で待遇はどうだろうか。クラウドワークの現状について語る。
労務リスクを回避する 3つの取組テーマ

労務リスクを回避する 3つの取組テーマ

働き方改革を実行する上で、無期転換ルール、同一労働同一賃金、時間外労働の上限規制への対応は避けては通れない。「働き方改革関連法案」はまだ国会審議前だが、今から対応すべきことを中心に解説していく。(文・溝上憲文編集委員)

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース