2018年12月6日

2018年正社員36万人の平均年収414万円 パーソルキャリア調べ

 2018年のビジネスパーソンの平均年収は414万円となっていることが、人材サービスのパーソルキャリア(東京・千代田、峯尾太郎社長)がまとめた「平均年収ランキング2018」で明らかとなった。平均年収が最も高い職種は「弁護士」で829万円だった。

 (23101)

 職種別にみると、全166職種のうち平均年収ランキング1位は「弁護士」(829万円)、2位は「投資銀行業務」(825万円)、3位は「運用(ファンドマネジャー/ディーラー)」(803万円)という結果となり、「専門職」、「金融系専門職」系の仕事がトップ10のうち7つを占めた。

【職種別 平均年収ランキング トップ10】
1位 弁護士 829万円
2位 投資銀行業務 825万円
3位 運用(ファンドマネジャー/ディーラー) 803万円
4位 MR 709万円
5位 業務改革コンサルタント(BPR) 681万円
6位 アナリスト 680万円
7位 戦略/経営コンサルタント 666万円
8位 プロジェクトマネジャー 659万円
9位 内部監査 658万円
10位 会計専門職/会計士 649万円

 業種別にみると、全96業種のトップ10のうち9つが「金融」系、「メディカル」系、「メーカー」系となった。

 1位は昨年に続き「金融」系の「投信/投資顧問」で839万円。昨年から98万円の大幅アップとなり、今回の調査では最大の上昇額だった。また、「投信/投資顧問」は、1000万円以上の割合が最も高かった。

 2位は「医薬品メーカー」(611万円)、3位は「たばこ」(584万円)と続いた。

 トップ50のうち、昨年と比較して順位を上げたのは、「香料メーカー」が36位→25位、「紙/パルプメーカー」が56位→48位で、いずれも約20万円の年収アップとなった。

【業種別 平均年収ランキング トップ10】
1位 投資/投資顧問 839万円
2位 医薬品メーカー 611万円
3位 たばこ 584万円
4位 診断薬/臨床検査機器/臨床検査試薬メーカー 570万円
5位 財務/会計アドバイザリー(FAS) 561万円
6位 信託銀行 561万円
7位 医療機器メーカー 554万円
8位 トイレタリー 552万円
9位 家電/モバイル/ネットワーク機器/プリンタメーカー 539万円
10位 総合電気メーカー 536万円

 調査は、2017年9月~2018年8月末までの間に、dodaエージェントサービスに登録した20~65歳のホワイトカラー系職種の男女正社員を対象に実施し、約36万件の有効回答を得た。

※平均年収とは、手取りではなく支給額とした

おすすめの記事

競業他社への転職と人事の実務対応

競業他社への転職と人事の実務対応
近似、雇用の流動化や経験豊富な管理職の中途採用のニーズの高まりなどから転職者数が増加する傾向にある中で、労働者が競業する企業に転職してトラブルになるケースも見受けられます。本稿では、競業他社への転職に関して、転職労働者を雇用していた企業(以下「転職前企業」といいます。)及び転職労働者を雇い入れる企業(以下「転職先企業」といいます。)それぞれの立場における対応を説明します 。
5 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

2017年の平均年収418万円、金融系がトップ

2017年の平均年収418万円、金融系がトップ

 2017年の正社員平均年収は418万円で、職種別・業種別ランキングではともに金融分野の仕事が1位となっていることが、パーソルキャリア(東京・千代田、峯尾太郎社長)の調査で分かった。
求人数は前年比6.7%増、調査開始以来の最高値を更新

求人数は前年比6.7%増、調査開始以来の最高値を更新

 人材サービスのパーソルキャリア(東京・千代田、峯尾太郎社長)がまとめた「DODA 転職求人倍率レポート」によると、10月の転職求人数は前年同月比6.7%増、転職希望者数は同14.1%増となった。求人数は調査開始(2008年1月)以来の最高値を2カ月ぶりに更新した。
求人数は前年比8.4%増となるも、求人倍率は0.01ポイント減の2.35倍に高止まり

求人数は前年比8.4%増となるも、求人倍率は0.01ポイント減の2.35倍に高止まり

 人材サービスのパーソルキャリア(東京・千代田、峯尾太郎社長)がまとめた「DODA 転職求人倍率レポート」によると、9月の転職求人数は前年同月比8.4%増、転職希望者数は同8.9%増となった。
非正規よりも正社員の採用で人材確保へ、未充足求人は5産業で6割超え

非正規よりも正社員の採用で人材確保へ、未充足求人は5産業で6割超え

 人手不足に対して非正規よりも正社員の採用で人材を確保しようと考えている企業が多いことが、厚生労働省の8月の労働経済動向調査で分かった。
求人数は最高値を更新、求人倍率は前月比0.22ポイント増の2.47倍

求人数は最高値を更新、求人倍率は前月比0.22ポイント増の2.47倍

 人材サービスのパーソルキャリア(東京・千代田、峯尾太郎社長)がまとめた「DODA 転職求人倍率レポート」によると、8月の転職求人数は前年同月比8.4%増、転職希望者数は同7.0%増となった。求人数は調査開始(2008年1月)以来の最高値を2カ月ぶりに更新した。
求人数は高止まりの一方、転職希望者数は大幅に増加

求人数は高止まりの一方、転職希望者数は大幅に増加

 人材サービスのパーソルキャリア(東京・千代田、峯尾太郎社長)がまとめた「DODA 転職求人倍率レポート」によると、7月の転職求人数は前年同月比7.7%増、転職希望者数は同10.6%増となった。
求人数は2カ月連続で最高値を更新、転職希望者数は関西で一時的に減少

求人数は2カ月連続で最高値を更新、転職希望者数は関西で一時的に減少

 人材サービスのパーソルキャリア(東京・千代田、峯尾太郎社長)がまとめた「DODA 転職求人倍率レポート」によると、6月の転職求人数、転職希望者数共に前年同月比9.6%増となった。求人数は調査開始(2008年1月)以来の最高値を2カ月連続で更新した。
2018年の転職人気企業トップは前年同様「トヨタ自動車」

2018年の転職人気企業トップは前年同様「トヨタ自動車」

 人材サービスのパーソルキャリア(東京・千代田、峯尾太郎社長)が実施した「DODA転職人気企業ランキング 2018」によると、2018年の転職人気企業ランキングは1位「トヨタ自動車」(4679ポイント)、2位「グーグル」(4200ポイント)、3位「ソニー」(1690ポイント)という結果となった。
今年度の中途採用が本格化し、求人数は2カ月ぶりに最高値を更新

今年度の中途採用が本格化し、求人数は2カ月ぶりに最高値を更新

 人材サービスのパーソルキャリア(東京・千代田、峯尾太郎社長)がまとめた「DODA 転職求人倍率レポート」によると、5月の転職求人数は前年同月比11.2%増、転職希望者数は同14.2%増となった。求人数は調査開始(2008年1月)以来の最高値を2カ月ぶりに更新した。
求人数は7カ月ぶりに前月比減少、転職希望者数は異例の増加

求人数は7カ月ぶりに前月比減少、転職希望者数は異例の増加

 人材サービスのパーソルキャリア(東京・千代田、峯尾太郎社長)がまとめた「DODA 転職求人倍率レポート」によると、4月の転職求人数は前年同月比10.5%増、転職希望者数は同20.1%増となった。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース