2018年7月10日

【営業職の中途採用】エージェント利用の広がりで、業界・商材未経験者も応募可能な求人が増加

ヴォケイション・コンサルティング 中西 浩太 代表取締役

 (21856)

 以前に比べ、業界や商材の経験者でなくても応募が可能な求人が増加しています。特に不動産、人材、コンサルティングなどの業界ではこうした求人が多く見られます。この傾向は労働力人口の減少で人材確保が難しくなっていることに加え、採用手法としてエージェントの利用が多くの企業に広がってきたことも理由です。

 エージェントが求職者の経験だけでなく、職務適性や人物面まで見極めて紹介してくれるため、経験者だけに限定せずに応募を受け付けた方が、採用の可能性が高まるというメリットに求人企業は気付いています。

 また、優れた営業職であれば、業界・商材に関係なく成果を上げられるので、経験にこだわるよりも「地頭の良さ」「行動力」といった営業職に不可欠な資質を備えている人材を採用したいという企業が増えています。

 一方、高度なスキルや経験を持つ人材であれば年齢に関係なく採用する企業が増えているのも最近の動向です。

 売上高に直結する営業職はあらゆる会社で必要とされていますが、仕事に対する日本人のマインド変化は大きく、結果責任を負う営業職を希望する人は減少しています。そのため、営業職として成長を志向する求職者には数多くの選択肢があり、キャリアアップのチャンスは広がっています。

 優秀な人材を奪い合う状況にある中で採用を成功させるポイントの1つ目は、良いエージェントと付き合うことです。情報を共有し、分からない点は積極的にアドバイスを受けることで採用の成功確率を大幅に高められます。

 2つ目は、求職者に対して自社で働くことの魅力をしっかりと示すことです。そのためには「エッジ」を立てることが欠かせません。魅力がはっきりしない企業に入社したいという方は少ないと思います。採用担当者の中には「自社には訴求できるような魅力がない」と言われる方もいますが、企業規模、売上高、サービス内容といった側面だけでなく、将来の姿を伝えることでもしっかり「エッジ」を立てることは可能です。

おすすめの記事

人事実務の最新重要判例「歩合給から残業代を控除する賃金規則の有効性」国際自動車事件最高裁判決

人事実務の最新重要判例「歩合給から残業代を控除する賃金規則の有効性」国際自動車事件最高裁判決
最近の労働裁判例の中から、人事実務の参考となる裁判例として、国際自動車事件の最高裁判決(最高裁判所第三小法廷判決平成29年2月28日判決)を紹介します。
5 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

【営業職の中途採用】業界未経験やポテンシャル重視など、採用条件の緩和が一段と進行

【営業職の中途採用】業界未経験やポテンシャル重視など、採用条件の緩和が一段と進行

マイナビ 小作 正幸 紹介事業本部 ゼネラル領域統括本部長
【営業職の中途採用】専門性を求めて業界経験を積んでいる人材に採用ニーズがより集中

【営業職の中途採用】専門性を求めて業界経験を積んでいる人材に採用ニーズがより集中

セールスキャリアエージェント 斎藤 信人 代表取締役社長

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部(レポート担当) 編集部(レポート担当)

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース