2015年8月20日

ロバート・ウォルターズ・ジャパン デイビッド・スワン社長 コンサルタントの専門性を高め、バイリンガルの人材紹介で成長

外資系人材紹介会社ロバート・ウォルターズ・ジャパンが設立15周年を迎えた。日本の中途採用市場で存在感を増している同社のこれまでの歩みや人材紹介サービスの強みなどについて、デイビッド・スワン社長に聞いた。

 (887)

デイビッド・スワン 代表取締役社長

【プロフィル】
2002年、ロバート・ウォルターズ・ジャパン入社。03年、金融部門のディレクターに就任。6年間部門を統括し、リーダーシップにより同部門は主要事業になるまでに成長。09年、日本支社の代表取締役に社長に就任。10年、韓国支社を立ち上げ、代表取締役社長に就任。1971年、オーストラリア・シドニー生まれ。キャンベラ大学商学士会計学学士号、オーストラリア公認会計士資格CPAを取得。ロバート・ウォルターズ入社前は、財務会計分野において数年の勤務を経験。94年に初来日後、約20年間、日本に在住している。

日本でビジネスを成長させることができた理由を教えてください。

 現在もCEOであるロバート・ウォルターズがロンドンで創業してから30周年、日本オフィス設立から15周年を迎え大変嬉しく思います。

 世界24カ国に展開し、日本では東京と大阪のオフィスにおいて、専門分野に特化した30チームのコンサルタントがバイリンガルのスペシャリストを紹介しています。
日本での売り上げは、リーマン・ショック直後の2009年を除いて毎年10%を超える伸びとなっており、グループ全体で最も高い成長を遂げています。

 日本における人材紹介で実績を上げることができている理由は、サービス品質の高さにあると考えています。
 一人一人のコンサルタントの質が最大の強みであるとともに、チームで成果を上げるという文化があるため、クライアントが必要とする人材を探し出して紹介できる力につながっていると思います。

 また、会社全体としてもブランド認知のためのPR、ラグビー日本代表や国立新美術館へのスポンサーシップ、CSR活動などにも力を注ぎ、事業開発に取り組んでいます。

リーマン・ショックで日本から撤退した外資系人材会社もありました。

 最も重要だったのはスピードでした。私たちも社員を減らさなければならない状況でしたが、できるだけ少ない削減に抑えるように努め、社員たちにもフェアな態度で十分に説明し理解を求めました。

 その結果、いち早く業績を回復させることができ、退職した社員の何人かは戻ってきてくれました。
 さらに、それまでは金融分野の人材紹介が中心でしたが、より幅広い分野を対象とすることにしました。

 業種・職種ごとの専門性を高めるために、コンサルタントの採用基準を上げて知識・経験を備えた人材を採用し、リクルートメントや専門分野のトレーニングに力を入れました。

クライアントにどのような人材を紹介していますか。

 日本での15年の歴史で培ってきたバイリンガル人材のデータベースから紹介します。データベースには、コンサルタントが面談し、職務経歴や語学力を確認して自信を持って紹介できる人材だけを登録しています。
 日本オフィスの売り上げの85%を占める外資系企業の多くとは世界中のオフィスで接点がありますので、ビジネスニーズを深く理解した上で日本での事業活動を強力にサポートしています。
 また近年は、グローバルに展開する日系企業に対して、M&Aのスペシャリストや海外拠点と効率的な連携ができる経験者などの紹介実績が増えています。
 また、バイリンガルに対してロバート・ウォルターズのブランドが浸透していますので、ヘッドハンティングも有効です。複数人の採用、正社員だけでなく派遣・契約などのソリューションも提供しています。

「日本での15年の歴史で培ってきたバイリンガル人材のデータベースから紹介します」

 (7023)

日本における今後の事業展開を教えてください。

 日本の人材市場は成長の機会が大きく、エキサイティングな気持ちで取り組んでいます。ラグビーW杯、東京五輪を控え、経済情勢もポジティブに推移すると見ています。

 多くの企業においてバイリンガルのスペシャリストを採用する必要性が高まっていますので、コンサルタントを増員し、人材採用に一層貢献していきたいと考えています。

ロバート・ウォルターズ・ジャパン株式会社

 (7024)

東京都渋谷区渋谷3-12-18 渋谷南東急ビル14F
TEL:03-4570-1500
大阪府大阪市北区豊崎3-19-3 ピアスタワー15F
TEL:06-4560-3100
URL:http://www.robertwalters.co.jp

ロバート・ウォルターズ・ジャパンの関連記事

ロバート・ウォルターズ・ジャパン「世界最大級の日英バイリンガル人材データベースで採用活動をサポートします」 - 人材コンサルティング会社&サービスガイド100選

ロバート・ウォルターズ・ジャパン「世界最大級の日英バイリンガル人材データベースで採用活動をサポートします」 - 人材コンサルティング会社&サービスガイド100選
ロバート・ウォルターズ・ジャパンは、バイリンガルのスペシャリスト紹介が強みで、正社員だけではなく派遣・契約にも応じている。国内の外資系最大手の一つとしてマネジメント層から若手まで幅広い層の求人を扱い、各専門チームと連携したコンサルティングによって評価を高めている。コンサルタントと顧客との長期的な関係構築とチームワークを重視した組織運営を徹底しており、人材採用のパートナーとして、継続的に質の高いサービスが期待できる会社である。(日本人材ニュース編集部の評価)
24 件

関連する記事

manebi/応募者1人当たり月額99円でWeb面接ツールを提供 他

manebi/応募者1人当たり月額99円でWeb面接ツールを提供 他

採用・育成・組織開発・HRテックの最新サービス情報を紹介する【manebi、Daxtra Technologies Japan、ロバート・ウォルターズ・ジャパン、ライフワークス】
主要人材コンサルティング会社アンケート「2020年 企業の人材需要と採用の課題」(各社回答3)

主要人材コンサルティング会社アンケート「2020年 企業の人材需要と採用の課題」(各社回答3)

2020年の人材需要と採用の課題を、企業の人材採用を支援する主要コンサルティング会社の事業責任者を対象にアンケート調査で聞いた。【回答社名:Apex、キーンバウム ジャパン、エリメントHRC、ロバート・ウォルターズ・ジャパン、パーソルキャリア】
【バイリンガル人材の採用激化】「攻め」の採用で候補者を発掘

【バイリンガル人材の採用激化】「攻め」の採用で候補者を発掘

外資系企業が必要とするバイリンガル人材の採用競争が一層激しさを増している。従来の採用手法だけでは十分な応募を集めることが難しくなっており、必要な人材を確保するためには潜在的な候補者にもアプローチしていくことが欠かせなくなっている。

人事向け限定情報を配信中

人事向け限定情報を配信中