2019年6月6日

2019年の転職人気企業ランキングは前年2位の「グーグル」が首位奪取

 人材サービスのパーソルキャリア(東京・千代田、峯尾太郎社長)が実施した「DODA転職人気企業ランキング 2019」によると、2019年の転職人気企業ランキング1位は、前回首位だった「トヨタ自動車」を抜いて「グーグル」となった。

 (24002)

 2019年の転職人気企業ランキングは、1位「グーグル」(5261ポイント)、2位「トヨタ自動車」(5184ポイント)となった。上位2企業は順位が入れ替わったものの、3位以下の企業に倍以上のポイント差をつけ、引き続き高い支持を集めている。

 3位には前回5位から2つ順位を上げた「楽天」(2334ポイント)がランクイン。携帯電話事業への参入表明など、2018年以降も話題に事欠かなかった楽天には、「イノベーションがあり、活気がある」「時代に先行しているから」「もっとグローバルな企業になりそうだから」といった、企業の将来性や変革性を支持する声が多く寄せられた。

 ランキング上位30社の中で、前年から順位を大きく伸ばしたのは、5位「アマゾンジャパン」(前年14位)、7位「キーエンス」(同30位)、16位「ZOZO」(同123位)などとなった。

 「アマゾンジャパン」はネットショッピングや配信、クラウドサービスをはじめ、多角的な事業展開を進める前年から9位順位を上げている。投票者からは、「成長性があるから」「革新的なサービスが多くあるから」「時代を作る力を持っている」といった声が寄せられている。

 7位の「キーエンス」は営業力と報酬額の高さに定評があり、前年から23位順位を上げてランクインした。投票者の志望理由の中では「給与・待遇がよさそう」(86%)、「優秀な社員が多そう」(61%)の割合が特に高くなっている。

 また16位には、前年から+107位と大きく順位を上げた「ZOZO」がランクインした。「自由な社風と充実した福利厚生があるから」といったコメントに加えて、「社長に興味がある」「あの社長の元で働いてみたい」という声も多く集まった。

【転職人気企業ランキング トップ10】
1位 グーグル 5261ポイント
2位 トヨタ自動車 5184ポイント
3位 楽天 2334ポイント
4位 ソニー 1525ポイント
5位 アマゾンジャパン 1490ポイント
6位 全日本空輸(ANA) 1444ポイント
7位 キーエンス 902ポイント
8位 パナソニック 853ポイント
9位 三菱商事 736ポイント
10位 Apple Japan 733ポイント

 業種別にみると、建築・プラント・不動産業界の企業の躍進が挙げられる。

 40位の「三井不動産」(前年71位)や42位の「三菱地所」(同88位)をはじめ、72位「大成建設」(同189位)、86位「積水ハウス」(同184位)、123位「清水建設」(同230位)など、大手ディベロッパーやハウスメーカーが軒並み順位を大きく上昇させた。

 調査は、2019年2月16日~22日、22~59歳のホワイトカラー系の職種の正社員の男女を対象に実施し、5054人の回答を得た。
2 件

人事向け限定情報を配信中