2017年1月27日

企業のリスクは「自然災害」がトップ、リスクマネジメントのための人材が不足

 監査法人のトーマツが実施した企業のリスク・クライシスマネジメント実態調査(2016年版)によると、企業が国内で優先対応すべきと考えているリスクに「自然災害」が最も多く挙がった。

 (11339)

 企業に対して国内で対応を優先すべきリスク(1社につき最大3項目まで)を聞いたところ、「地震・風水害等、災害の発生」(37.0%)が最多となった。次いで、「法令順守違反」(25.3%)、「情報漏えい」(22.8%)が続いた。

【日本国内で対応を優先すべきリスク トップ10】
1位 地震・風水害等、災害の発生 37.0%
2位 法令順守違反 25.3%
3位 情報漏えい 22.8%
4位 製品/サービスの品質チェック体制の不備 17.7%
5位 サイバー攻撃・ウイルス感染 17.5%
6位 人材流失、人材獲得の困難による人材不足 14.9%
7位 市場における価格競争 10.8%
8位 顧客対応の不備 9.4%
9位 大規模システムダウン・情報逸出 9.0%
10位 過労死、長時間労働等労務問題の発生 7.8%

 海外拠点については、「法令遵守違反」が18.2%と最も多く、次いで「地震・風水害等、災害の発生」16.2%、「国際紛争、テロ等の発生」16.2%となった。

 「子会社に対するガバナンス不全」14.4%、「役員・従業員の不正・贈収賄等」12.7%が上位にランクインしており、トーマツは「海外拠点におけるガバナンス体制の確立・高度化は、多くの企業で優先度の高いリスク・クライシスであることが読み取れる」と分析している。

【海外拠点で対応を優先すべきリスク トップ10】
1位 法令順守違反 18.2%
2位 地震・風水害等、災害の発生 16.2%
2位 国際紛争、テロ等の発生 16.2%
4位 製品/サービスの品質チェック体制の不備 15.8%
5位 子会社に対するガバナンス不全 14.4%
6位 役員・従業員の不正・贈収賄等 12.7%
7位 人材流失、人材獲得の困難による人材不足 12.0%
8位 為替変動 10.0%
9位 情報漏えい 8.9%
10位 市場における価格競争 7.2%
 国内、海外拠点の違いは、国内においては特定のリスクに回答が集中した一方で、海外拠点においては多くの項目に分散した。

 さらに、「システム関連リスク」に分類される項目でも違いがあり、国内の3位で22.8%の「情報漏えい」は、海外拠点では9位で8.9%にとどまった。

 加えて、「サイバー攻撃・ウイルス感染」、「大規模システムダウン・情報逸出」は、国内ではいずれも上位10位内に入ったのに対し、海外拠点においてそれらの項目は入らなかった。

 国内本社におけるリスク・クライシスマネジメントプランの策定は、「実施」50.3%、「一部実施」27.1%を合わせて8割近い高水準にある。一方、海外子会社では4割弱と低く、「該当なし」の回答も多かった。

 リスク・クライシスマネジメント体制が適切に構築・整備されていると回答した企業は、国内本社で46.7%、適切と言い切れないおよび不十分と考える企業は52.6%。

 リスク・クライシスマネジメント体制が十分でない理由に、「人材資源(スキル、人数)の不足」を挙げる企業が61.7%と最も多く、人材不足が多くの企業で課題となっていることが浮き彫りとなった。

 調査は、2016年11月~12月、日本の上場企業を対象に実施し、435社から回答を得た。

おすすめの記事

定額残業代制度によるトラブルを防ぐためには

定額残業代制度によるトラブルを防ぐためには
近年、若者を使い捨てにする「ブラック企業」が社会的問題になり、時間外労働に対する割増賃金や労働時間管理などに対する労働基準監督署の監督指導が強化されています。残業代を定額で支払うような制度の留意点について解説します。
6 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

4割超で正社員不足、全業種で2割以上と人材不足が深刻化

4割超で正社員不足、全業種で2割以上と人材不足が深刻化

 現在の従業員の過不足状況を聞くと(「該当なし/無回答」を除く)、正社員が「不足」していると回答した企業は45.4%で、企業の4割超が正社員の不足を感じていることが帝国データバンクの調査で分かった。「適性」は45.0%、「過剰」は9.6%だった。
4年連続で就職が離職を上回る

4年連続で就職が離職を上回る

 新しく就職した人の割合が離職した人の割合を4年連続で上回ったことが、厚生労働省が発表した2016年の雇用動向調査結果で分かった。
グローバル人材の新卒採用は増加するも、7割の企業で不足

グローバル人材の新卒採用は増加するも、7割の企業で不足

 グローバル人材の採用は5割の企業で増加しているものの、いまだに約7割の企業が不足していると感じていることが、総務省が発表した「グローバル人材育成の推進に関する政策評価」で明らかとなった。
2018年新卒採用予定者は4学歴で「増加」、目的は“基幹的業務を担う者の確保”

2018年新卒採用予定者は4学歴で「増加」、目的は“基幹的業務を担う者の確保”

 2018年の新卒採用予定者数が前年と比べて「増加」するとした事業所は、学歴別にみて「高校卒」、「大学卒(文科系)」、「大学院卒」、「専修学校卒」の4学歴で2017年5月調査の割合を上回ったことが、厚生労働省の5月の労働経済動向調査で分かった。
ものづくり人材の定着率5割程度、小規模企業ではより深刻

ものづくり人材の定着率5割程度、小規模企業ではより深刻

 新卒採用の技能者や技術者などの“ものづくり人材”が3年後も8割以上定着している企業は半数程度であることが、労働政策研究・研修機構の調査で分かった。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース