2016年9月30日

8月の有効求人倍率1.37倍、3カ月連続で全ての都道府県で1倍を上回る

 厚生労働省が発表した8月の有効求人倍率(季節調整値)は1.37倍で、前月と同じ水準だった。

 (10380)

 新規求人倍率(季節調整値)は2.02倍で、前月に比べて0.01ポイント上昇。正社員有効求人倍率(季節調整値)は0.88倍で前月と同じ水準。

 有効求人(季節調整値)は前月に比べ0.1%減で、有効求職者(季節調整値)は0.5%増となった。

 新規求人(原数値)は前年同月比8.8%増。産業別にみると、教育・学習支援業(12.3%増)、宿泊業・飲食サービス業(12.2%増)、医療・福祉(11.3%増)、生活関連サービス業・娯楽業(9.8%増)、卸売業・小売業(9.2%増)などで増加した。

 都道府県別の有効求人倍率(季節調整値)の最高は東京都の2.01倍、最低は沖縄県の1.00倍で、3カ月続けて全ての都道府県で1倍を上回った。
2 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

OFF-JTの教育訓練費1人当たり平均2.1万円、人材育成の問題点は「指導する人材の不足」

OFF-JTの教育訓練費1人当たり平均2.1万円、人材育成の問題点は「指導する人材の不足」

 厚生労働省の2016年度の能力開発基本調査によると、企業が社員1人に対して支出したOFF-JTの教育訓練費は平均2万1000円だったことが分かった。人材育成の問題点として「指導する人材の不足」を挙げる企業が最も多かった。
2017年度に正社員の採用予定がある企業64.3%、過去10年で最高

2017年度に正社員の採用予定がある企業64.3%、過去10年で最高

 帝国データバンクの調査によると、2017年度に正社員の採用予定がある企業は6割を超え、過去10年で最高となったことが分かった。
人材確保の困難さが生産性向上のボトルネック、人材育成・スキルアップ強化へ

人材確保の困難さが生産性向上のボトルネック、人材育成・スキルアップ強化へ

 東京商工会議所(三村明夫会頭)が中小企業を中心とする会員企業を対象に実施した「生産性向上・ICT活用状況に関するアンケート調査」によると、人材確保の困難さが生産性向上のボトルネックとなっている実態が明らかとなった。
未充足の求人がある事業所が53%、サービス業では71%

未充足の求人がある事業所が53%、サービス業では71%

 未充足の求人がある事業所が53%に上ることが、厚生労働省の2月の労働経済動向調査で分かった。サービス業は7割以上、医療・福祉業や宿泊・飲食サービス業では6割以上となっている。
中小企業の48.6%が「人材不足」 医療・福祉、情報通信、建設、飲食・宿泊業は6割超

中小企業の48.6%が「人材不足」 医療・福祉、情報通信、建設、飲食・宿泊業は6割超

 中小企業の経営者の48.6%が「人材が不足している」と回答したことが、産業能率大学(東京・世田谷、浦野哲夫学長)の調査で明らかとなった。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

セミナー・イベント

プレスリリース