2018年12月4日

2018年に賃上げを実施した企業9割に迫る、9割超えは9産業に増加

 2018年中に1人平均賃金を引き上げた又は引き上げる企業が89.7%となり、上位9産業では9割を超えていることが厚生労働省の「賃金引上げ等の実態に関する調査」で分かった。

 (23085)

 2018年中の賃金改定の実施状況(9~12月予定を含む)は、「1人平均賃金を引き上げた・引き上げる」は89.7%(前年87.8%)、「1人平均賃金を引き下げた・引き下げる」は0.4%(同0.2%)、「賃金の改定を実施しない」は5.9%(同6.3%)となった。

 産業別にみると、賃金を引き上げた割合が最も高いのは「不動産業・物品賃貸業」で98.9%、次いで「情報通信業」96.1%、「金融業・保険業」と「学術研究・専門・技術サービス業」がともに95.1%となり、上位9産業で9割を超えた。

【産業別 賃金を引き上げた割合 上位10産業】
1位 不動産業・物品賃貸業 98.9%
2位 情報通信業 96.1%
3位 金融業・保険業 95.1%
3位 学術研究・専門・技術サービス業 95.1%
5位 建設業 94.0%
6位 製造業 93.5%
7位 生活関連サービス業・娯楽業 93.1%
8位 電気・ガス・熱供給・水道業 93.0%
8位 医療・福祉 93.0%
10位 宿泊業・飲食サービス業 87.4%
10位 教育・学習支援業 87.4%
 2018年中の1人平均賃金の改定額は5675円(前年5627円)、1人平均賃金の改定率は2.0%(同2.0%)となった。

 企業規模別にみると、1人平均賃金の改定額は5000人以上の企業で7109円(前年6896円)、1000~4999人で5645円(同5186円)、300~999人で5247円(同5916円)、100~299人で5039円(同4847円)となった。

 改定率は企業規模の大きい順に2.2%(同2.1%)、1.9%(同1.8%)、1.9%(同2.1%)、1.9%(同1.9%)と、どの規模の企業もおおむね2割増しの改定額となった。

 2018年中に賃金の改定を実施又は予定している企業及び賃金の改定を実施しない企業について、管理職の定期昇給制度がある企業で定期昇給を「行った・行う」は69.7%(前年69.0%)、「行わなかった・行わない」は8.1%(同6.3%)となった。

 一般職の定昇制度がある企業で定期昇給を「行った・行う」は80.1%(前年77.5%)、「行わなかった・行わない」は4.5%(同5.0%)となった。

 定期昇給制度がある企業のうち定期昇給とベア等の区別がある企業で「ベアを行った・行う」は、管理職で24.2%(前年22.9%)、一般職で29.8%(同26.8%)となっている。

 賃金の改定を実施または予定していて額も決定している企業について、賃金の改定の決定に当たり最も重視した要素は「企業の業績」が50.4%(前年55.0%)と圧倒的だった。前年3.9%から一転、大きく支持を集めたは「雇用の維持」で7.0%となった。

【賃金の改定の決定に当たり最も重視した要素 上位5項目】
1位 企業の業績 50.4%
2位 労働力の確保・定着 9.0%
3位 雇用の維持 7.0%
4位 親会社又は関連(グループ)会社の改定の動向 5.5%
5位 世間相場 4.5%
(重視した要素はない 16.3%)

 調査は、2018年8月、全国の企業約3212社を対象に郵送で実施し、常用労働者100人以上の企業1578社の有効回答を集計した。

企画業務型裁量労働制の導入要件と意義

企画業務型裁量労働制の導入要件と意義
「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律」の当初の政府案には、企画業務型裁量労働制の対象拡大も含まれていました。ところが、裁量労働制に関する調査データの不備等の問題が顕在化し、平成30年2月末に法案から削除されました。今回、法案削除にまで至ってしまった企画業務型裁量労働制の改正ですが、本稿では、そもそも労働基準法上の企画業務型裁量労働制とはどのような制度なのかについて確認してみます。
5 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

賃上げ企業8割超、9割超える産業も多数

賃上げ企業8割超、9割超える産業も多数

 2017年中に1人平均賃金を引き上げた又は引き上げる企業が87.8%となり、上位6産業では9割を超えていることが厚生労働省の「賃金引上げ等の実態に関する調査」で分かった。
中堅・中小企業の賃上げ 前年を上回る

中堅・中小企業の賃上げ 前年を上回る

 2016年中に平均賃金を引き上げた企業が8割以上となり、中堅・中小企業の改定額が前年を上回ったことが厚生労働省の「賃金引上げ等の実態に関する調査」で分かった。
ベースアップ予定の上場企業は33.6%、昨年の実績は46.9%

ベースアップ予定の上場企業は33.6%、昨年の実績は46.9%

 労務行政研究所が東証上場企業を対象に実施した「賃上げ等に関するアンケート調査」によると、上場企業の33.6%がベースアップを予定しており、3年ぶりに増加傾向となっていることが分かった。
6割以上の経営者が景気拡大を予測、ベアを実施しない方針が4割

6割以上の経営者が景気拡大を予測、ベアを実施しない方針が4割

 約6割の経営者が17年度前半(4~9月)の景気は緩やかに拡大していくと予測していることが、経済同友会が四半期ごとに実施している景気定点観測アンケート調査で分かった。
ベースアップ予定の上場企業は23.7%、昨年の実績は48.1%

ベースアップ予定の上場企業は23.7%、昨年の実績は48.1%

 労務行政研究所が東証上場企業を対象に実施した「賃上げに関するアンケート調査」によると、上場企業の23.7%がベースアップを予定していることが分かった。昨年に比べ厳しい見通しとなっている。
10月の実質賃金0.1%減、現金給与総額は1.5%増

10月の実質賃金0.1%減、現金給与総額は1.5%増

 物価変動の影響を除いた実質賃金は前年同月と比べ0.1%減となったことが、厚生労働省が発表した10月の勤労統計調査(速報、事業所規模5人以上)で分かった。
大卒初任給20万6700円、すべての学歴で前年超

大卒初任給20万6700円、すべての学歴で前年超

 2018年の大卒初任給は前年比0.3%増となる20万6700円で、すべての学歴で前年を上回ったことが厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」で分かった。
9月の実質賃金0.4%減、現金給与総額は1.1%増

9月の実質賃金0.4%減、現金給与総額は1.1%増

 物価変動の影響を除いた実質賃金は前年同月と比べ0.4%減となったことが、厚生労働省が発表した9月の勤労統計調査(速報、事業所規模5人以上)で分かった。
8月の実質賃金0.6%減、現金給与総額は0.9%増

8月の実質賃金0.6%減、現金給与総額は0.9%増

 物価変動の影響を除いた実質賃金は前年同月と比べ0.6%減となったことが、厚生労働省が発表した8月の勤労統計調査(速報、事業所規模5人以上)で分かった。
地域別最低賃金額は東京で985円、上げ幅は2002年度以降過去最大

地域別最低賃金額は東京で985円、上げ幅は2002年度以降過去最大

 厚生労働省が公表した2018年度の地域別最低賃金額によると、東京の最低賃金時間額は985円で前年比27円増となった。上げ幅は2002年度以降過去最大。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース