2019年3月5日

1月の完全失業率2.5%、正規雇用27万人増

 総務省が発表した労働力調査(速報)によると、1月の完全失業率(季節調整値)は前月比0.1ポイント増となる2.5%だった。

 (23607)

 男女別の完全失業率は、男性が2.5%で前月比増減なし。女性も2.5%で前月比0.3ポイント増となった。

 完全失業者数は166万人(前年同月比7万人増)。「勤め先や事業の都合」は22万人(同2万人減)、「自己都合」は72万人(同5万人増)だった。

 就業者数は6628万人(前年同月比66万人増)で、73カ月連続の増加となった。就業者数のうち雇用者数は5953万人(同73万人増)。

 正規雇用は3474万人(同27万人増)、非正規雇用は2154万人(同35万人増)となった。

 非正規雇用の内訳は、パート1020万人(同8万人増)、アルバイト486万人(同30万人増)、派遣社員140万人(同3万人減)、契約社員299万人(同14万人減)、嘱託120万人(同2万人増)、その他88万人(同11万人増)。

 就業者数の前年同月比を産業別に見ると、情報通信業(19万人増)、運輸業・郵便業(14万人増)教育・学習支援業(13万人増)などが増加し、建設業(35万人減)、卸売業・小売業(8万人減)の2産業のみ減少した。

おすすめの記事

人事実務の最新重要判例 定年再雇用時における労働条件の留意事項

人事実務の最新重要判例 定年再雇用時における労働条件の留意事項
高年齢者雇用安定法において、65歳までの雇用確保措置としてもっとも多く導入されているのは、継続雇用制度です。今回は、定年再雇用後の継続雇用の際に、いかなる労働条件の提示が高年齢者雇用安定法違反となるかについて、裁判例を踏まえ解説します。
5 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

この記事のライター

編集部 編集部
セミナー・イベント一覧

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース