2018年7月9日

2018年下半期の転職市場も求人数増加で活況の見込み パーソルキャリア

 人材サービスのパーソルキャリア(東京・千代田、峯尾太郎社長)がまとめた「転職市場予測2018下半期」によると、2018年下半期(7月~12月)の転職市場全体における求人数は増加する見込みで、企業の採用意欲も旺盛な状況が続くとみている。

 (21829)

 2018年下半期(7月〜12月)の転職市場全11分野のうち求人数が「増加」が5分野、「緩やかに増加」が4分野、「ほぼ変わらない」が1分野、「やや減少」が1分野と見込まれている。

 下半期の状況についてパーソルキャリアでは「ITエンジニアや販売・サービス職を中心に求人ニーズが非常に強い状況が続く」としており、求人ニーズの背景には「直接的にも間接的にも、IT化がますます推進されていることがある」と指摘する。

【職種別 求人数動向】
営業……求人数は増加
人事・経理・法務……求人数は増加
企画・マーケティング……求人数は増加
クリエイティブ……求人数は緩やかに増加
IT・通信……求人数は増加
電気・機械……求人数は増加
化学・素材……求人数はほぼ変わらない
建築・土木……求人数は緩やかに増加
販売・サービス……求人数は緩やかに増加
金融……求人数はやや減少
メディカル……求人数は緩やかに増加

 業界別にみると、全11分野のうち「増加」が見込まれるのは「営業」、「人事・経理・法務」、「企画・マーケテイング」、「IT・通信」、「電気・機械」の5分野。
 「営業」では、先々の労働力人口の減少を見据えて人材確保する必要があることと、依然として好調な景況感が続いていることから、多くの業界で求人ニーズが増えている。特にWeb広告ではニーズが高く、未経験でもチャンスがある。

 「人事・経理・法務」では、労働人口の減少に伴う採用難、働き方改革、ガバナンス強化、新規事業参入や事業再編といったニーズに対応できるスペシャリスト系人材の採用を強化する企業が増えているほか、定型業務を担当するスタッフ系求人まで幅広い求人ニーズが見込まれる。

 「企画・マーケテイング」では、マーケティング活動や営業活動を通じて集まった膨大なデータを分析し、会社全体の成長や新しい商品・サービスの企画に活用しようとする動きが強まっており、データサイエンティストやデータアナリスト経験者のニーズが高まっている。

 「IT・通信」では、特に金融や製造業、自動車メーカーといった業界で、自社のIT事業部門や研究開発部門でのエンジニア採用を活発化させている。背景には、フィンテック、IoT、さらにはディープラーニングに代表されるAI領域での開発プロジェクトが本格的に増えてきたことがある。

 「電気・機械」では、業界によって強弱はあるものの、製造業全般でエンジニアの採用熱が高い状況が続いている。特に自動車業界の好調、IoTの広がりでソフトウェア、センサー関連の採用ニーズ高まっている。

 一方、唯一「やや減少」が見込まれるのは「金融」。主要な銀行では店舗集約とITによる効率化で業務量を大幅に削減する方針を打ち出しており、一部の専門部署以外は採用は欠員補充などに限定されている。データ活用やM&Aなど専門職は金融業界“外”からの採用が広がっている。

おすすめの記事

有期契約労働者の無期転換と労働契約の終了

有期契約労働者の無期転換と労働契約の終了
労働契約法18条1項前段によれば、有期契約労働者は、①同一の使用者との間で2つ以上の有期労働契約を締結し、②その有期労働契約の通算期間が5年を超えることとなった場合、その契約の開始時点で無期転換権を取得します。  無期転換権が行使された場合、使用者はその申込みを承諾したものとみなされ、その行使の時点で無期労働契約が成立します。使用者は、有期契約労働者の申込みを承諾したものと「みなされる」ので、申込みの拒否や有期契約労働者の選別をすることはできません 。  ここでは、解雇や͡雇止め、定年による労働契約の終了について説明します。
6 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

転職市場は2018年上半期も活況続く見込み パーソルキャリア予測

転職市場は2018年上半期も活況続く見込み パーソルキャリア予測

人材サービスのパーソルキャリア(東京・千代田、峯尾太郎社長)がまとめた「転職市場予測2018上半期」によると、2018年上半期(1月~6月)の転職市場全体における求人数は、引き続き豊富な状況が続き、転職希望者にとって売り手市場が続くとみられている。
7月の有効求人倍率1.63倍、前月比0.01ポイント上昇

7月の有効求人倍率1.63倍、前月比0.01ポイント上昇

 厚生労働省が発表した2018年7月の有効求人倍率(季節調整値)は1.63倍で、前月比0.01ポイントの上昇となった。
要注意!給与の不満から考える転職活動

要注意!給与の不満から考える転職活動

転職市場は引き続き活況であり、これを機に自身の転職について考える人も多いだろう。その中で「現状より給与アップ」は転職理由ベスト3に入る。しかし転職によって給与は上がるのか、現在の転職市場の状況を踏まえながら解説していく。
6月の有効求人倍率1.62倍、前月比0.02ポイント上昇

6月の有効求人倍率1.62倍、前月比0.02ポイント上昇

 厚生労働省が発表した2018年6月の有効求人倍率(季節調整値)は1.62倍で、1974年(1.64倍)以降の最高値を更新した。
5月の有効求人倍率1.60倍、最高値を更新

5月の有効求人倍率1.60倍、最高値を更新

 厚生労働省が発表した2018年5月の有効求人倍率(季節調整値)は1.60倍で、1990年(1.46倍)以降の最高値を更新した。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース