2016年7月6日

【女性の中途採用動向】年収700万円以上のハイキャリア層の採用実績の伸びが著しい

パソナ パソナキャリアカンパニー 岩下 純子 人材紹介事業部門 女性活躍推進コンサルティングチーム マネージャー

 (6948)

 女性活躍推進法が4月に施行され、女性の活躍推進に積極的に取り組む企業がより一層増えてきました。女性管理職の数値目標を具体的に掲げている企業も多く、社内登用だけでは足りない部分を外部から採用するケースも増加傾向にあります。
 なかでも女性管理職等の年収700万円以上のハイキャリア層の採用実績の伸びが特に著しく、2015年実績は2014年と比較すると大幅に伸びています。また、最初から管理職ではなく、管理職候補として採用して、実績を上げた後に管理職に昇格するケースも目立ちます。
 女性活躍推進の象徴的な案件では「ダイバーシティ推進責任者」を外部から採用する企業も出たりと各社関心の高さと社内での期待値の高さを感じます。
 ニーズの高い職種は、女性が多く活躍している管理部門(経理・人事・法務など)です。女性管理職比率を上げるにはもともと活躍している女性が多い職場の方がロールモデルも多く、入社後の活躍のイメージが湧きやすいというメリットがあります。
 一方、現状女性比率が低く、今後の活躍を期待したい職種として営業職やエンジニアを積極採用している企業も目立ちます。そのような職種では、転職者にとっては労働環境が転職先を選ぶ比較対象の軸となるため、企業側もより一層の環境整備が求められます。
 求職者はより長いスパンでキャリアを考えることが多くなっており、ライフイベントを経て継続就業できる環境かどうかを冷静に見極めています。
 育休取得実績はもちろん、女性管理職の比率や行動計画などをじっくりと読んだ上で、その会社の女性活躍を求職者自身が見極める場面も出てきているのは、今回の法律施行後の大きな特徴でもあると思います。
 そういった点では、企業側も採用競争力を上げるために女性活躍推進に関する情報開示を積極的かつ誠実に行うことが優秀な人材の採用にもつながります。
 現状の実績が芳しくなくても、女性活躍推進に関する経営の意思や行動計画が具体的であれば、十分に魅力を伝えられると感じています。

パソナ パソナキャリアカンパニー 「女性管理職比率の向上と地方創生のための人材採用を全国展開する拠点網で支援します」 - 人材コンサルティング会社ガイド100選

パソナ パソナキャリアカンパニー 「女性管理職比率の向上と地方創生のための人材採用を全国展開する拠点網で支援します」 - 人材コンサルティング会社ガイド100選
渡辺 尚 カンパニープレジデント

パソナ パソナキャリアカンパニー 「成長企業の求人増加で選択肢が増え、前向きな再就職支援が拡大しています」 - 人材コンサルティング会社ガイド100選

パソナ パソナキャリアカンパニー 「成長企業の求人増加で選択肢が増え、前向きな再就職支援が拡大しています」 - 人材コンサルティング会社ガイド100選
渡辺 尚 カンパニープレジデント
12 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

女性の人材紹介に特化したコンサルティングチームを発足 パソナキャリアカンパニー

女性の人材紹介に特化したコンサルティングチームを発足 パソナキャリアカンパニー

 パソナグループで人材紹介・再就職支援事業を行うパソナキャリアカンパニー(東京・千代田、渡辺尚プレジデント)は、女性の就職支援を専門とする「女性活躍推進コンサルティングチーム」を発足した。
働き方改革が本格始動 2016年に顕在化した人事・労務の6テーマ

働き方改革が本格始動 2016年に顕在化した人事・労務の6テーマ

2016年の人事・労務の特徴を一言でいえば、人材不足の顕在化に対応した採用力強化や定着を促す官民を挙げた「働き方改革」が本格的に始動した年だった。(文・溝上憲文編集委員)
社会全体で男女の地位が“平等”になっていると思う人は2割

社会全体で男女の地位が“平等”になっていると思う人は2割

 社会全体で男女の地位は“平等”になっていると思っている人はわずか21.1%にとどまり、“男性の方が優遇されている”と回答した人は74.2%にも上っていることが、内閣府が実施した「男女共同参画社会に関する世論調査」で分かった。
女性活躍推進 7割以上の企業が「短時間勤務」の効果を実感

女性活躍推進 7割以上の企業が「短時間勤務」の効果を実感

 日本生産性本部の「コア人材としての女性社員育成に関する調査」によると、女性の活躍推進の取り組みとして、7割以上の企業が「出産・育児・介護のための短時間勤務制度」の効果を感じていることが分かった。
2017年の人材需要と採用の課題 深刻な若年労働力の不足で女性・シニアの活用本格化

2017年の人材需要と採用の課題 深刻な若年労働力の不足で女性・シニアの活用本格化

若年労働力の不足が深刻になる中、多様な労働力の活用が課題となっており、従来型の採用手法では人材確保が難しくなっている。2017年の日本の雇用情勢と企業の人材採用数の予測を、企業の人材採用を支援する主要人材コンサルティング会社50社を対象にアンケート調査で聞いた。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部(レポート担当) 編集部(レポート担当)

セミナー・イベント

プレスリリース