2018年6月11日

約7割の企業で副業禁止の現状、来たるべき副業・複業時代には「コミュニケーション能力」が必要

 管理職を対象にした調査によると、約7割の企業で副業・複業が禁止されていることが、人材サービスのアデコ(東京・港、川崎健一郎社長)が実施した「副業・複業に関する調査」で明らかとなった。禁止の理由は、長時間労働に対する懸念と情報漏洩のリスクという声が多くあがった。

 (21695)

 自分の勤め先で副業・複業を認めているかを聞くと、管理職の66.3%が「禁止している」と回答した。その理由としてもっとも多く挙げられたのは、「社員の長時間労働や過重労働を助長してしまうから」(29.9%)、次が「情報漏えいのリスクがあるから」(27.8%)だった。

【勤務先で副業・複業を禁止している理由 トップ5】
1位 社員の長時間労働や過重労働を助長してしまうから 29.9%
2位 情報漏えいのリスクがあるから 27.8%
3位 労働時間の把握や管理が困難だから 27.5%
4位 競業となるリスクや利益相反につながるから 27.5%
5位 労働災害が起きた時に本業との区別が困難だから 18.9%

 勤務先で、自社の社員に対する副業・複業を「禁止している」と回答した人に対し、将来的に社員に副業・複業を認めることを検討しているかと聞くと、「認める方向で検討中」が0.6%、「一定の懸念が解消されれば、認めることを検討する」も8.6%のみとなった。

 一方、一般社員500人に対し副業・複業の経験の有無を聞くと、76.2%が「過去も現在もしたことがない」と回答した。

 副業・複業の経験がないと回答した一般社員に対し、今後、副業・複業をしてみたいと思うか聞くと、55.1%が「副業・複業をしてみたい」と回答した。

 副業・複業をしてみたい理由の、トップは「収入を増やしたいから」(81.4%)となった。次いで「空いた時間を活用したいから」(38.1%)、「本業だけでは将来が不安だから」(31.4%)などが続いた。

 管理職に対し、個人的な見解として副業・複業を認めたほうが良いと思うか聞くと、「認めたほうが良い」が33.5%、「条件付きで認めたほうが良い」が50.6%となった。
 その理由のトップは「従業員の収入増につながるから」(35.7%)。次いで「本人のスキルアップにつながるから」(34.9%)、「社外の人脈形成につながるから」(21.8%)となった。

 また、管理職に対し、今後、副業・複業が広がると思うかを聞くと、「広がると思う」が25.7%、「どちらかというと、広がると思う」が44.1%で、約7割の管理職が今後、日本で副業・複業が広がると見ていた。

 一般社員に対し、今後、副業・複業が広働き方の主流になることについて考えを聞くと、「賛成」が33.4%、「どちらかというと賛成」が48.8%となった。

 管理職が副業・複業時代に必要だと思うスキルの第1位は「コミュニケーション能力」(38.6%)、次が「専門性・スキル」(34.1%)となった。

【管理職が副業・複業時代に必要だと思うスキル トップ5】
1位 コミュニケーション能力 38.6%
2位 専門性・スキル 34.1%
3位 時間管理能力  33.1%
4位 柔軟性     29.8%
5位 人脈・ネットワークを構築するスキル 29.2%

※調査では、副業を「本業の合間に行うサブ的な仕事」、複業を「複数の仕事をすべて本業として行うこと(兼業)」と定義した。

 管理職調査は、2018年5月17日~20日、全国の上場企業に勤務する30代から50代の管理職(部長職・課長職)510人を対象にインターネットで実施し、510のサンプルを得た。

 一般社員調査は、2018年5月17日~20日、20・30代の一般社員を対象にインターネットで実施し、500のサンプルを得た。

おすすめの記事

労働基準法改正による時間外労働の上限規制

労働基準法改正による時間外労働の上限規制
平成29年9月15日、労働政策審議会は同月8日に厚生労働大臣から諮問された、「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律案要綱」について、概ね妥当と認める旨の答申をしました。当該法律案要綱は、時間外労働の上限規制のほか、同一労働同一賃金など非正規雇用の処遇改善等、企業の経営に大きな影響を与える改正が含まれています。本稿では、改正点のうち、時間外労働の上限規制について説明します 。
6 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

働き方改革元年 人事担当者の緊急5テーマ

働き方改革元年 人事担当者の緊急5テーマ

働き方改革関連法が4月以降に順次施行され、2019年は「働き方改革元年」とも言うべき年になる。労務リスクを回避するための様々な対応が迫られる中、人事担当者が取り組むべき5つのテーマを解説する。(文・溝上憲文編集委員)
働き方改革で拡大する採用力格差

働き方改革で拡大する採用力格差

少子高齢化による労働力人口の減少で人材不足が慢性化する中、企業は働き方改革による生産性向上を迫られている。2019年の人材需要と採用の課題を、企業の人材採用を支援する主要人材コンサルティング会社のトップ・事業責任者に聞いた。
働き方改革関連法に対応済とする企業は4割にとどまる 東京商工会議所

働き方改革関連法に対応済とする企業は4割にとどまる 東京商工会議所

日本商工会議所がまとめた「働き方改革関連法への準備状況等に関する調査」によると、今年4月から順次施行される「働き方改革関連法」に関して「時間外労働の上限規制」に対応済の企業は45.9%、「年次有給休暇の取得義務化」に対応済の企業は44.0%と、どちらも4割にとどまっていることが明らかとなった。
残業規制、年休義務化、同一労働同一賃金 施行直前チェックリスト

残業規制、年休義務化、同一労働同一賃金 施行直前チェックリスト

昨年の働き方改革関連法の成立に伴って、4月から順次、労働基準法をはじめとする関連法令の改正が施行される。施行が直前に迫る中、確認すべき人事実務のポイントを社会保険労務士の細川芙美氏に解説してもらった。
2019年重要テーマ 分野別サービス紹介

2019年重要テーマ 分野別サービス紹介

2019年は働き方改革の本格的始動をはじめ、企業のグローバル化や売り手市場における採用活動、さらには社員へのメンタルケアや研修・評価管理の充実など、人事担当者が取り組むべき課題は山積みだ。これらの課題解決を支援する、今後さらに注目されるサービスを提供している企業に対し、取材を行った。
2018年 人事動向の振り返り

2018年 人事動向の振り返り

2018年は無期転換ルールの本格化、同一労働同一賃金で初の最高裁判断、働き方改革関連法の成立と、対応に追われた人事担当者も多いのではないか。本稿では今年1年間の人事動向を振り返っていく。(文・溝上憲文編集委員)
希望者全員が66歳以上まで働ける企業は10.6%

希望者全員が66歳以上まで働ける企業は10.6%

 厚生労働省がまとめた「高年齢者の雇用状況」によると、希望者全員が66歳以上まで働ける企業の割合は10.6%に上っていることが分かった。
自社の働き方改革、「有給休暇の取得」と「コミュニケーション促進」で進んでいると評価

自社の働き方改革、「有給休暇の取得」と「コミュニケーション促進」で進んでいると評価

 日本能率協会(東京・港、中村正己会長)が管理者を対象に実施した働き方改革への意識について聞くアンケート調査によると、働き方改革の取り組みにより「有給休暇の取得」、「コミュニケーション促進」が進んでいると回答する管理者が5割に迫っていることが分かった。
賃金アップによる待遇強化で、待遇差のある各種手当の廃止へ

賃金アップによる待遇強化で、待遇差のある各種手当の廃止へ

働き方改革関連法の柱の一つである「同一労働同一賃金」について、正規と非正規の待遇差見直しに向けて各社は対応を進めている。今回は、その中でも従業員のうち非正規雇用社員が約半数を占める日本郵政グループの対応について解説する。(文・溝上憲文編集委員)
労働時間管理と非正規社員の待遇格差を見直す【人事実務のポイント解説】

労働時間管理と非正規社員の待遇格差を見直す【人事実務のポイント解説】

働き方改革がいよいよ法制化され、時間外労働の上限規制や同一労働同一賃金への本格的な対応に迫られる。労働時間管理と非正規社員の待遇格差の見直しにおける人事実務の対応ポイントについて、社会保険労務士の細川芙美氏に解説してもらった。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース